再び京都へ、劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』開幕。シアトリカルな演出と深いテーマ、名曲が見事融合した美しい人間ドラマは必見

2019/8/2

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
shiki_notredame

©Disney 撮影:阿部章仁

2年前に京都劇場にて関西初上演され、大反響を巻き起こした感動作が再び京都で7月28日から幕を開けた。

15世紀末のパリ、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住むカジモドら3人の男が、ジプシーの娘エスメラルダを愛するドラマティックな物語は、ディズニー長編アニメーションとは異なる趣で惹きつける。宿命に立ち向かう人々を真っすぐ見つめるヴィクトル・ユゴーの原作の深みを、中世ヨーロッパ時代に実在した演劇的技法を用いた演出で表現。アラン・メンケンの抒情的な楽曲や、誰もが抱える光と闇を繊細に描いた人間ドラマに、心震えるはず。前回見逃してしまった人も、まだ観ていないという人も、ぜひ劇場へ!

日時

2019年7月28日(日)~2020年1月19日(日)

場所

京都劇場(京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビル内)

チケット

S席1万800円、A席8640円、B席6480円、C席3240円(税込)
※公演当日3歳以上有料(膝上観劇不可)。2歳以下の入場不可。
※今後、消費税が増税された場合は料金を改定

 

チケット取り扱い

劇団四季予約センター/ Tel. 0120-489-444(10:00~18:00)、公式ページ 他

問い合わせ

劇団四季
Tel. 0570-008-110

HP

劇団四季 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!