期間限定発売の『京舞妓めし』って?[TRATTORIA MIYAKO]と[Bistro KuRuMu]に登場!

2019/5/15

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

シャンパンとフリットを中心としたイタリアンバル[TRATTORIA MIYAKO]と、中華の枠におさまらない餃子を堪能できる[Bistro KuRuMu]。2018年・2019年にオープンしたばかりの2店舗で、“舞妓さんのお食事”をコンセプトにした期間限定メニューが登場したとのニュースが届きました!

今回提供される『京舞妓めしコース』は、“一口サイズ”にこだわった料理。というのも、舞妓さんはお化粧を始められると、お家のお母さんから「化粧をしてから食べるときは、できるだけ大きいお口開けて、一口で食べるようにしなあかんえ」と教えられるそう。舞妓さんが一口で食べることに因み、今回は様々な一口サイズの料理をコース仕立てにしたとのこと。

それでは気になる料理をチェックしましょう!

■TRATTORIA MIYAKO
【京舞妓フリット】京産素材と季節の揚げたて10種のフリットの舞妓めし(税別3900円)

gazou_gray-

メインのフリットは、旨味と水分を逃さずに油分の吸着を抑えた、ヘルシーでさっくり、ふっくら仕上がった逸品。また、タパス2種や牛タンシチューのクロケット、〆には鯛フリットお茶漬けまで、季節を感じながら熱々のフリットを楽しめるコース。

【メニュー】
前菜/お好きなタパス2種、ポデン/本日のおすすめ1品、京舞妓フリット/旬の厳選9種、もひとつ/牛タンシチューのクロケットトリュフ風味、〆/鯛フリットお茶漬け、ドルチェ/ジェラート


■Bistro KuRuMu
【京舞妓飲茶】12種のKuRuMu(包む)料理、とろ湯葉のえびそばの舞妓めし(税別3900円)

gazou_gray-

ビストロ餃子、鶏とオリーブの生春巻、仔羊とバジルのプレス饅頭など、合計12種類のKuRuMu(包む)料理が登場。〆のとろ湯葉海老そばやデザートの栗大福も見逃せない。

【メニュー】
前菜/京産野菜のテリーヌ大豆のピクルス、10種のKuRuMu~包む~/ビストロ餃子・カモネギ・ハニーゴルゴン・海老セロ・海老蒸し餃子・貝柱と玉蜀黍の揚げ春巻・鶏とオリーブの生春巻・毛蟹のアランチーニ・仔羊とバジルのプレス饅頭・ローストビーフと旬野菜のルーロー、〆/とろ湯葉海老そば、デザート/栗大福

上記メニューは9月半ば頃まで提供予定。2店舗それぞれの個性・コンセプトが光る、京都らしさと新しさの融合した料理をぜひ楽しんで。


TRATTORIA MIYAKO

場所/京都市下京区高倉四条下ル高材木町221‐4
電話番号/075-353-0385
営業時間/11:45~14:30(LO/14:00)、17:30~23:30(LO/23:00)、祝日17:00~23:00(LO/22:00)
定休日/日曜休
HP/https://www.trattoriamiyako-takakura.com/


Bistro KuRuMu

場所/京都市東山区富永町111-2 第二フェニックスビル1F
電話番号/075-533-0385
営業時間/18:00~26:00(LO/26:00)

定休日/日曜休
HP/https://www.bistro-gion-miyako.com/

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!