京都・桜ライトアップ 7選

2019/3/1

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

美しい桜が見頃を迎えるシーズン。今回は定番お花見スポットから穴場まで、お休みの日はもちろん仕事や学校帰りにもふらりと立ち寄れる京都の夜桜スポットをご紹介。

4/5〜7の3日間限定!

嵐電の桜のトンネルライトアップ&夜桜電車

嵐電の桜のトンネルライトアップ&夜桜電車

  • 世界遺産 二条城

sakuramatsuri2018日時/2019年3月21日(木・祝)~4月14日(日)
<通常観覧>8:45~16:00 <夜間観覧>18:00~21:00
※夜間観覧時は観覧エリアが限られる 

場所/世界遺産 二条城(京都市中京区二条通堀川西入二条城町541) MAP
料金/<通常観覧>一般600円(4月1日から二の丸御殿観覧料400円が別途必要)、中高生350円、小学生200円 <夜間観覧一般600円、中高生350円、小学生200円
※通常観覧と夜間観覧は入替制 ※和装の方は桜まつり期間中入城料が無料

城内は山桜や里桜、八重紅枝垂桜など50品種300本の桜があり、期間を通して桜を楽しめる。夜間観覧では、唐門のプロジェクションマッピングなど、歴史的建造物や桜がライトアップされ、来城者を幻想的な世界へ誘う華麗に彩られた世界遺産を堪能あれ。

問い合わせ/元離宮 二条城事務所 Tel. 075-841-0096
HP/http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/ 


 

  • 泉涌寺別院 雲龍院

unryuin日時/2019年3月30日(土)~4月4日(木) 日没~21:00(最終受付/20:30)※昼夜入替なし
場所/泉涌寺別院 雲龍院(京都府京都市東山区泉涌寺山内町36) MAP
料金/400円

東山にひっそりと佇む隠れた桜の名所。こちらでは、境内の枝垂桜と庭園が美しい光で彩られ、寺ならではの優美なライトアップが楽しめる。また、ある角度から見ると左から、椿、灯籠、楓、松がそれぞれの窓に浮かび上がるように見えるしきしの窓や、壁に象られた月が光をあてることで床に写し出される芸術的なライトアップなど、桜以外にも見どころ満載。悟りの窓からは、紅梅やシャクナゲが順番に花を咲かせ、訪れる者を楽しませる。

問い合わせ/雲龍院 Tel. 075-541-3916
HP/http://www.unryuin.jp/


 

  • 岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり

okazaki_sakurakairou日時/
■桜回廊ライトアップ
2019年3月23日(土)~4月7日(日)
18:00~21:30

※コースは南禅寺舟溜り(琵琶湖疏水記念館前)~夷川ダムの琵琶湖疏水沿い約1.5km

■十石舟めぐり
2019年3月23日(土)〜5月6日(月・振休)

運航時間/3月23日(土)~5月6日(月・振休9:30〜16:30発、3月23日(土)〜4月7日(日)
※3月23日(土)〜27日(水)の始発便は9:00発~20:30発、3月28日(木)〜4月7日(日
)の始発便は8:00発〜20:30発
※4月15日(月)・22(月)は舟の点検日のため運休
料金/大人(中学生以上)1200円、小人(小学生)600円、幼児(3才以上)300円

※南禅寺舟溜り乗船場から出航
※3歳未満の乳児は無料(座席はなし)
※インターネット事前販売は1枚につき手数料108円が別途必要
※乗船券インターネット事前販売は公式HPより2月27日(水)10:00から開始

明治から昭和初期に建てられた近代建築がレトロな雰囲気を醸す岡崎エリア。こちらでは、「岡崎桜回廊ライトアップ」と時期を同じくして運航される「十石舟めぐり」の夜間運航がおすすめ。南禅寺舟溜り乗船場から夷川ダム間往復約3kmを約25分かけて遊覧。琵琶湖疏水の両岸に咲き誇るソメイヨシノなどを眺めながら、優雅なひと時を過ごすことができる。爽やかな新緑もおすすめ。今年も便利な乗船券のインターネット事前販売を実施。期間中、岡崎の各施設では春ならではの特別イベントも開催予定。
春の岡崎エリアは道路の混み合いが予想されるため、会場へは公共交通機関の利用を。

問い合わせ/
・桜回廊ライトアップ 京都岡崎魅力づくり推進協議会事務局(京都市プロジェクト推進室)Tel. 075-222-4178
・十石舟めぐり 岡崎桜回廊十石舟めぐり実行委員会(京都府旅行業協同組合)Tel. 075-353-2511
HP/http://www.kyoto-okazaki.jp/ http://kyoto-tabi.or.jp/


 

  • 将軍塚青龍殿

shoryuin日時/2019年3月29日(金)~4月14日(日)、4月26日(金)~5月6日(月・祝)
<通常観覧>9:00~17:00 <ライトアップ>17:00~21:30(最終受付/21:00)※昼夜入替なし

場所/将軍塚青龍殿 青蓮院飛び地境内(京都市山科区厨子奥花鳥町28) MAP
料金/大人500円、中・高生400円、小学生200円 ※団体(30名以上)大人450円、高校生350円、中学生300円、小学生100円

2014年10月、四神のひとつ青龍が護る東山山頂に、新たに落慶した[将軍塚青龍殿]。散策を楽しめる庭園では、桜、桃、藤、サツキなど春の花々を4月から5月にかけて楽しむことができる。青龍殿の見どころは、ライトアップだけではない。都中央を流れる鴨川、遥かに見える比叡山から、背景をなす北山、西山の連峰、碁盤の目に造られた街路など、大舞台から一望できる京都盆地の夜景は、他では味わうことのできない絶景を思う存分堪能して。

問い合わせ/青龍殿 Tel. 075-771-0390
HP/http://www.shorenin.com


 

  • 円山公園

maruyamakouen

提供:京都市都市緑化協会

日時/2019年3月下旬〜4月上旬頃
かがり火:3月下旬〜4月上旬頃
場所/円山公園(京都市東山区円山町)MAP 

料金/無料

毎年花見客で賑わう京都随一の桜の名所で、開花時期に咲き誇る桜が公園全体を華々しく彩る。「祇園の夜桜」として有名な高さ約12メートルの大きなシダレザクラは、園内の中央に位置し、ライトに照らされると美しくも幻想的な世界を映し出す。3月下旬~4月初旬にかけてシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどが咲き誇る。また、シダレザクラの沿道でかがり火が焚かれ、夜の園内を一層輝かせる。

問い合わせ/公益財団法人京都市都市緑化協会 Tel. 075-561-1350


 

  • 京都府立植物園

shokubutsuensakura日時/2019年3月25日(月)~4月7日(日)日没~21:00(最終入園/20:00)
※期間中は通常17:00までの開園時間を21:00まで延長

場所/京都府立植物園「桜林」エリア(京都市左京区下鴨半木町) MAP
料金/一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上(要証明提示)と障害者手帳提示で無料(温室観覧料含む)

ソメイヨシノ・シダレ桜・寒緋桜(カンヒザクラ)・鬱金(ウコン)など、約150品種・約450本の桜の木が植えられている同園。早咲きや遅咲きの桜もあるので、3月中旬から4月下旬まで長期間にわたり、桜を楽しむことができる。期間中は約7000㎡の広さを誇る桜林の桜約250本がライトアップ。ソメイヨシノやヤエベニシダレが春の宵闇に浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれる。

問い合わせ/京都府立植物園 Tel. 075-701-0141
HP/http://www.pref.kyoto.jp/plant/


 

  • 祇園白川さくらライトアップ

maruyamakouen 日時/2019年3月29日(金)〜4月7日(日)
18:00〜22:00
場所/東山区祇園新橋周辺 、白川南通り(川端通り〜辰巳大明神/220m)他MAP 

料金/無料

祇園新橋は八坂神社の門前茶屋町として江戸時代中頃から賑わった地域。この地域を流れる白川沿いとその周辺には43本の桜の木があり、今年は3年ぶりにライトアップが復活する。桜のライトアップ以外にも約300基の灯路が設置・点灯し、幻想的な空間を演出。京格子のお茶屋、澄んだ白川のせせらぎ、芸舞妓さんなど、京都らしい風景と美しい桜を楽しんで。

HP/http://gion-yoisakura.com/

 


※当サイトに記載の内容は2019年3月時点のものとなります。そのため、予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。
※表示価格は特に断りのあるもの以外、税込価格です。
※時季によっては桜が見えない場合もございますので、予めご了承ください。

桜を楽しんだ後はホテルディナーを

東急ホテルで中国料理×宇治茶のコラボフェアが4/1〜開催!

東急ホテルで中国料理×宇治茶のコラボフェアが4/1〜開催!

お花見の後は[麺屋優光]のラーメンを!

10日間限定でお花見ポップアップ屋台がオープン

10日間限定でお花見ポップアップ屋台がオープン

美味しい料理を食べながら桜を満喫

京都・桜の見える店をチェック

京都・桜の見える店をチェック

滋賀の夜桜を楽しむなら

滋賀・桜ライトアップニュース

滋賀・桜ライトアップニュース

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!