新しい年号を予想してみよう【おたよリーフ Letter & Mail】

2019/2/26

その他

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

otayoleaf_gazou月刊誌Leafで連載中の「おたよリーフ」。毎月様々なテーマに沿って、読者のみなさんからコメントをいただいています。
12月25日号の発売とともに、ハガキやメール、プレゼント応募の際に募集したみなさんからのコメントをご紹介!

 

 

今回のテーマは「新しい年号を予想してみよう

まだまだ寒い日が続くなか、暖かい日もあるなと思ったら、なんだか鼻がムズムズ…。新しい時代もすぐそこですが、花粉の季節もすぐそこです…。大正、昭和、平成と続き、次の年号は何になるのでしょうか? 頭文字のアルファベットが重ならないように、などなど色々な制約もあるようですが、新しい年号をみなさんで予想してみましょう!

 

それよりも?

進明。2020年東京オリンピックをはじめ、日本が再度湧きたてられるように、明るく進む。(京都府/M)  

編集部/オリンピックの話題もさることながら、嵐の解散ニュースに日本中がどよめいたのではないでしょうか。私の友人は心に穴がぽっかり空いた虚無感で死にそうになっておりました。もしや「嵐」の文字が入るかも…?

 

シンプルに

平和です。今までの年号が学術的に由緒正しい年号だったので、簡単な熟語は採用されないのでは…? という私たちの意表を突いて採用されるかもしれません。(東京都/M)

編集部/シンプルだけど、一番響く単語かもしれません。

  

安心安全

安永です。安心の安と永遠の永。省略してもAとなるので他の年号と同じでないのもいいですよね。(大阪府/T)

編集部/「安」という字が入ったものを挙げらる方が多かった気がします! 確かに「安」という文字ってなんだか安心しますよね。  

何があった

安静(新潟県/T)

編集部/あれ? 同じ「安」ですが、なんだか悲しい。

お祝い 

祝徳。今までのように悲しい理由で元号が変わる訳ではないので、お祝いの気持ちを込め、新天皇のお名前の一字を入れました。(三重県/O)

編集部/このおたよりも複数ありました。確かに、名前を一文字入れるというのは素敵です。

 

パワフル   

日本に元気を与えるように「元気」で!(千葉県/K)

編集部/元号を書くたびに元気になれそう。「私は、元気1年!」「元気20年!」という会話が生まれたら面白そうです。 

幸せとあんこを包んで   

大きな福がくる事を祈り「大福」なんてどうでしょうか?(茨城県/M)

編集部/食べ物の「大福」を想像してしまいました。大福20年。美味しそう。

変わらない   

祖父を見ていると、大正ー昭和ー平成、そして新しい年号となると、ややこしいので、これを機会に元号を止めるのも一つの方法ではないかな。(大阪府/S)

編集部/なるほど!人によっては元号が4つもまたいでいる方もいるんですよね。2つまたいだくらいではまだまだなのかも!?と分かったところで、ここまでです!




次回のテーマは

『我が家の節約術』

こちらの記事はみなさまからいただいたご意見をもとに制作させていただきました。毎月プレゼントの応募とともにご意見を募集しております。 たくさんのおたより&メールをお待ちしております。

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!