インテリアショップ「Francfranc」の新ブランド『Master Recipe』の1号店が祇園にオープン!ここでしか買えない商品も多数

2018/12/4

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。可愛いインテリア雑貨や生活用品で人気の「Francfranc」から新しいブランド『Master Recipe』が誕生したのをご存知でしょうか?その1号店がなんと京都にオープンする!との知らせを受け、これはチェックせねば…と、早速内覧会にお邪魔させていただきました。その様子をレポートいたします!

多くの観光客で賑わう、京都・祇園。四条通を東へ進み、花見小路通の一本奥の通りを右折して南に少し進んだところにそのお店はあります。

master-recipe1

おしゃれな京都らしい建物が見えてきました


『Master Recipe』はもともと「Francfranc」の新ラインとして2017年にスタートしていましたが、今回改めて新ブランドとして独立し、店舗を持つことになったそう。

ブランドのコンセプトは「World Contemporary Craft」世界各国の伝統工芸品を、そのモノの個性を最大限に活かした“美しさ”と、発見のある“新しさ”という2つの視点(レシピ)を加えて、現代の私たちの暮らしに合う形で提供する、というものです。

京都が1号店として選ばれたのも、伝統を守りながら現代と融合してきた点がコンセプトにぴったりだったからだそう。
さて、ワクワクしながら店内へ!一歩中へ入ると、洗練された空間が広がっていました。

master-recipe2

1階の様子

master-recipe3

2階の様子。1階と2階は吹き抜けになっています。


店内には約550種類の商品がずらりと並びます。そのうち約6割は、担当者が日本や世界各国の展覧会に出向き、コンセプトに合う商品を集めてきたセレクト品。残りの約4割は、展覧会などで出会ったり、昔からの付き合いがあったブランドや職人の方と『Master Recipe』が共同で作り出したオリジナルの品だそう。

『Master Recipe』は世界中でこの店しかないので、オリジナル商品はここでしか手に入らない…ということです。

そんな気になる商品をいくつかピックアップしてご紹介いたします!


まずは1階から。1階には主に器や料理の道具、身の回りの小物などが揃います。

master-recipe4

手前のカウンターにはアクセサリーなどがずらり。奥にはお酒を飲むグラスや陶器など


店の中央部分には盆栽や金属の工芸品、桶などが並んでいました。

master-recipe5

作:中川木工芸 比良工房(作:中川周士)/老舗料亭や旅館などに長年愛され続けている桶屋


奥の壁には食器がたくさん並んでいました。1000円程度のお手頃なものもたくさん!

master-recipe6

ドイツのNOMUS/1830年代にReichenbacherの土地の職人が白い磁器を装飾したのが始まり。落ち着いた美しさが魅力のシリーズ


下の写真は陶房遥の吉田信介さんと堀江陶器さんの作品。1000円代〜9000円代とお求めやすい価格です。

master-recipe7

【手前】越前焼(作:吉田信介)/福井県越前市の工芸品。洋の雰囲気が漂う作品 【奥】磁器の重箱(作:堀江陶器)/長崎県の波佐見町付近で生産される陶磁器

 

続いて2階には、フレグランスやバス回りの道具、美と健康の道具、インテリア系などが並びます。

master-recipe8

タオルなど、普段から使える生活用品


たくさん種類があったフレグランスは、日本のものだけでなくフランス産の商品も多数揃っていました。

master-recipe9

オードワール/フランス・グラース産の香料を使用し、設立100年以上の老舗メーカーにて開発したオリジナルフレグランス


竹細工や花器もオリジナル商品です。

master-recipe10

【上】駿河竹細工(作:神谷惠美)/丸ヒゴを使った駿河竹千筋細工 【下】花器(作:竹山窯)/14種類の土と100を超える釉薬、3通りの焼き方から最適な組み合わせを選び出して作陶する


そしてこちらが世界で4本しかない限定販売のけん玉。そのお値段、なんと約100万円!

master-recipe11

けん玉 イワタ木工/古くから世界最高木材として知られるスネークウッドを使用。その中でも最高級の材料とされる木目のものは、極わずかしか取れないため、けん玉を作れるのが奇跡と言われるほど


購入できなくても、一見の価値ありです。


このように、店内には国や値段に関係なくこだわり抜いてセレクトされた商品がたくさんありました。1000円から100万円の商品が同じ店内に並んでいることを考えると、それだけ価格ではなく製品自体に注目してセレクトされているのがわかります。

今後もコンセプトに合う商品や職人・デザイナーさんに会ったら、新しく追加していく予定だそう。
みなさんも、ここでしか出合えない商品を見つけにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Master Recipe

2018年11月23日オープン

Tel. 075-551-7100 

京都市東山区祇園町南側570-125

11:00〜19:00

不定休

[Master Recipe]公式サイト>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録