坂東玉三郎が演じる二人の女性の物語を映画館で シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』

2018/12/28

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

minamiza1歌舞伎の舞台公演を、映画館のスクリーンでデジタル上映する新しい映像作品「シネマ歌舞伎」歌舞伎座で坂東玉三郎さんが初役で淀の方を勤めた『沓手鳥孤城落月』と、『楊貴妃』の映像が映画館で上映されることが決定した。玉三郎さんが制作に直接携わり、丁寧に作り上げた作品だ。大阪での会見で、「映像用に本番を演じるわけではなく、通常通り演じています。効果音は入っていますが芝居自体は同じ。昔は本当の舞台でないといけないのではないかと思うこともあったけれど、映像でしか観られないものもある」と、思いを語った。さらに、京都の樂家の茶室や終演後の歌舞伎座に玉三郎さんが赴き収録された特別映像も入り、また違う楽しみが盛り込まれている。強く美しい淀の方と楊貴妃を演じる玉三郎さんの表情から手の先まで、ぜひ映像で確かめて。

minamiza2

写真:岡本隆史

●シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』
『沓手鳥孤城落月』(平成29年十月歌舞伎座公演を撮影) 
出演/坂東玉三郎、中村七之助、尾上松也、中村梅枝、中村米吉、中村児太郎、坂東亀蔵、坂東彦三郎、市村萬次郎

『楊貴妃』(平成29年十二月歌舞伎座公演を撮影)
出演/坂東玉三郎、市川中車

’19日本/松竹/1時間44分

日時

2019年1月12日(土)公開

場所

MOVIX京都、他にて

HP

シネマ歌舞伎ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!