シーズンオフの嵐山も楽しめる!「時雨殿」が11/1に「嵯峨嵐山文華館」としてリニューアルオープン

2018/11/13

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。京都に遊びに来る友人がいるとどこに連れて行ってあげようか、そう悩む時間がいつも楽しいと思っているWebLeafスタッフです。

 

さて、そんな京都の観光地のひとつである嵐山は、100人の歌人の和歌を一人一首ずつ選んでつくった秀歌撰「小倉百人一首」のゆかりの地その小倉百人一首の魅力を伝える博物館「時雨殿」が、日本美術を広く紹介する「嵯峨嵐山文華館」として生まれ変わり、11月1日にリニューアルオープンしました。その全貌とは?新しくカフェもできたらしい?など、期待に胸を膨らませ、内覧会に参加させていただきました。

 

渡月橋から川沿いの道を上流へ5分ほど進むと「嵯峨嵐山文華館」を発見!

 

bunkakan01

嵯峨嵐山文華館の外観



bunkakan02

階段を登ってみると、テラス席もあるカフェが!



早速、なかへ入ってみましょう。こちらの1Fでは、「嵯峨嵐山文華館」の近くにある小倉山の麓で生まれたと言われる「百人一首」の魅力や歴史を紹介する常設展に加え、いにしえより貴族や文化人に愛されてきた京都に関係のある絵画や和歌・俳句など様々な企画展が開催されるそう。

 

今回はリニューアルオープン企画展として「いまもむかしも胸きゅん!嵐山」が開催されていました。

 

bunkakan03

リニューアルオープン企画展は2019年1月27日まで

bunkakan04

初公開となる江戸時代後期の画家・矢野夜潮《高雄秋景・嵐山春景図屏風》




その他にも、俳人として知られている与謝蕪村が酒の席で着物に描いたといわれる《「いかだしの」自画賛》や嵯峨嵐山にアトリエがあった近代の巨匠・竹内栖鳳や冨田渓仙などの作品も。

 

またその奥には「小倉百人一首」の誕生からかるたという形式を経て、一般庶民に普及されるまでの流れを説明してくれる常設展示室が「百人一首ヒストリー」として改装され以前よりパワーアップ。

 

bunkakan05

「小倉百人一首」に登場する100人がわかりやすく説明されたブースも。また和歌には英訳も記されています



和歌と一緒に特徴あるフィギュアが展示され、その一つひとつを見ていくとより小倉百人一首の魅力に引き込まれていきます。

 

bunkakan06

こちらは江戸時代前期に作られたという手描きのかるた



漫画や映画にもなった『ちはやふる』で競技かるたに興味が湧いたWebLeafスタッフはこのかるたに興味津々。そんな競技かるたのルールも映像コーナーでわかりやすく説明してくれます。

 

続いて2階へ。この日はリニューアルオープン企画展の顔出し看板も!

 

bunkakan09

こういう穴を見つけると入りたくなっちゃいますよね。筏士(いかだし)の”あらじぃ”に変身♪



さらに進むと、120畳の大広間「畳ギャラリー」が!こちらでも寛ぎながら日本画の魅力にふれることができます。

 

bunkakan07

畳に座ってじっくり作品を楽しめるとあって、嵐山散策の疲れを癒やしながらゆったりとした時間が過ごせそうです



また、この畳を活かして、かるた名人・クイーンを目指す挑戦者の椅子をかけた熱いバトル・挑戦者決定戦などプレミアムなかるた大会も開催される予定なんだとか。近々では、かるた第65期名人位・第63期クイーン位の挑戦者決定戦が2018年11月18日(日)10〜16時に開催されるそうです。

 

そして、1階に新しく新設されたのはカフェ「嵐山OMOKAGEテラス」。こちらはお庭から直接入れるので、カフェのみの利用も可能です。

 

bunkakan08

大きなガラス窓から差し込む光がなんとも素敵な空間



こちらをプロデュースしたのは、祇園の名店[フレンチ懐石 祇園おくむら]。どんな季節でも美味しいものを少しずつ楽しめるランチ「嵐山御膳」や、京都洛中にある最古の蔵元といわれる「松井酒造」の酒粕を使ったパウンドケーキなどがいただけるそう。

 

目の前のお庭では、桜やサツキツツジ、紅葉などを眺めることができ、季節の移ろいを感じることができます。


平安時代は秋の名所として、江戸時代中期になると桜の名所として庶民にも愛され、今では一年を通じて人気の嵯峨嵐山エリア。観光オフシーズンでも「嵯峨嵐山文華館」に訪れると楽しいひとときが過ごせそうですね!

 

嵯峨嵐山文華館(さがあらしやまぶんかかん)

2018年11月1日(木)オープン
Tel. 075-882-1111
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
10:00〜17:00(最終入館/16:30)
火曜休(祝日の場合は営業、翌日休)
一般・大学生900円、高校生500円、小中学生300円、幼児無料
嵯峨嵐山文華館 公式サイト>>

 

京都の摩訶異探訪

妖しき伝説と実話を残す、嵐山の裏名所

妖しき伝説と実話を残す、嵐山の裏名所

嵯峨嵐山駅の先にはどんな世界が広がっている?

柚子実る、京の隠れ里

柚子実る、京の隠れ里

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!