大人気の絶品“出汁しゃぶ”を京都駅前で![京都 瓢斗 京都駅前本店]が10/20オープン

2018/10/30

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。みなさんは“出汁しゃぶ”をご存知ですか?“出汁しゃぶ”とは、薄切りの豚肉や旬の食材をしゃぶしゃぶにして、こだわりの”お出汁”に付けて食べる料理。そんな“出汁しゃぶ”で大人気なのが、15年前に烏丸仏光寺で誕生し(現在は四条烏丸へ移転)、今や東京でも大人気の[京都 瓢斗]、[京都 瓢喜]。今回は満を持して京都駅前に新しくお店を構えられるとのことで、その内覧会にお伺いしてきました!

場所は京都駅から徒歩10分と、アクセス抜群。

hyouto1

京都駅から七条西洞院を目指して歩いていると見えてきました!

 

店内は1席1席が半個室のようになっていてスペースも広く、周りを気にせず料理を楽しめます。2Fには大人数が入れる席もあり、宴会にもおすすめ。

hyouto2

掘りごたつの席

 

そんなゆったりとした空間の中でまず運ばれてきたのは、季節の山海の幸を少しずつ盛り合わせた“八寸”

hyouto3

“八寸”とは懐石料理の献立のひとつ


ごま豆腐やチーズカステラ、鴨ロースや鯖寿司など、見た目も華やかな品々が小さな箱の中にぎゅっと詰め込まれており、これだけでも一つひとつゆっくりと味わって食べたい逸品です。

少しお腹が満たされたところでメインの出汁しゃぶの登場!綺麗に並べられたお肉は、日本三大和牛の一つ“近江牛”とブランド豚の“京都ぽーく”。コースによっては、鯛しゃぶや鱧しゃぶ、鰤しゃぶなどに変更することもできるそう。

hyouto4

日本三大和牛の一つ 近江牛、京都銘産 京都ぽーく、牛豚の食べ比べ


薄くスライスされた近江牛や京都ぽーくは、さっと数秒火を通せば食べごろに。

hyouto5

さっとお湯の中にくぐらせます


そして味の決め手である“出汁”はたっぷりの鰹と昆布でじっくりととって使い作られたもの。テーブルにセットされているネギをお好みで入れてスタンバイ。お肉とネギと出汁の相性は言うまでもありません。

hyouto6

ネギをたっぷりと入れて


京都ぽーくは甘みがあり、程よい脂とあっさりとした出汁がマッチして絶品でした。ネギがまた美味しく、たくさん入れてもその分美味しさが増すので驚きです。もちろん、他のお野菜も出汁と一緒に美味しくいただきました。

最後のシメはうどん!東京の店舗はシメに蕎麦を出すそうですが、京都ではうどんの要望が多くシメはうどんが定番に。

hyouto7

4分ほどで出来上がります


平打ち麺のうどんは、たくさんしゃぶしゃぶをいただいた後でもつるっと食べられちゃいます。モチモチした食感がたまりません!

今回は出汁しゃぶをいただきましたが、その他にもすき焼きやステーキ会席、さらにお昼は松花堂弁当など、メニューもたくさん揃っています。また、店内のどの席からも中庭が見えるなど、料理・空間共にこだわり抜かれているので、お客様をもてなす時などにもおすすめ。

京都駅前というアクセス抜群の場所で、絶品の出汁しゃぶをぜひ味わってみてくださいね。

京都 瓢斗 京都駅前本店

2018年10月20日(土)オープン
Tel. 075-342-2338  
京都市下京区西洞院通七条下ル東塩小路町607-12
ランチ 11:30〜15:00(LO/14:00)
ディナー 17:30〜22:00(LO/21:00)※金・土曜、祝前日のディナーは〜22:30(LO/21:30)
年末年始休
瓢斗 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!