京都初出店も揃うパン・スイーツ情報をチェック!JR京都駅西口に10/11にオープンした『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』は通勤前・帰宅時にも立ち寄りたい新スポット

2018/10/24

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。最近、京都の玄関口、京都駅も新しいスポットやお店が増え、そのスピードに着いていくことに必死なWebLeafスタッフです。

 

そんなWebLeafスタッフも注目のスポット『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』が10月11日(木)にオープンしました。JR京都駅西口といえば、学生時代に「SUVACO前で集合しよう!」と待ち合わせをしていたWebLeafスタッフにとっては馴染み深いスポットです。

 

さて、オープンした『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』は、「多様な駅利用者ニーズに応える京土産・京の食」をコンセプトにし、京都のホンモノにこだわった京の和洋菓子、漬物、惣菜、弁当、酒など京の食を取り揃えているそう。京都観光のお土産だけでなく、いつも通勤や通学などで京都駅を利用している地元の方でも楽しめるよう、自分へのご褒美や夕飯のお惣菜、ちょっとした手土産にも使えるようなお店が並びます。今回はその内覧会の様子をレポートします。

 

miyako_sweets_02


miyako_sweets_02_


内覧会は大盛況!注目度が高いことが伝わってきます。
内装はより京都らしさを感じられる和テイストに。

 

まずは『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』にオープンしたの32店舗をチェック。

 

miyako_sweets_01
京名菓・名菜処 亰(みやこ)の全体マップ

 

ジャンル分けして見てみると、
《洋菓子》①The Obroma 990 by Dari K/②グランマーブル/③PRESS BUTTER SAND

《和菓子》④京菓子司 三昇堂小倉/⑤京煎堂/⑥京菓子處 鼓月/⑦鶴屋吉信/⑧京菓子司 俵屋吉富/⑨京名菓/⑩鶴屋長生/⑪聖護院八ッ橋総本店/⑫本家西尾八ツ橋/⑬井筒八ッ橋本舗/⑭本家佳長/⑮京都銘菓おたべ/⑯辻利/⑰京ばあむ

《京名産食品》⑱京つけもの 西利/⑲京つけもの もり/⑳京つけもの 大安/㉑京都の漬物 京町家 川勝總本家/㉒富屋/㉓京・特産品撰専門 とり市老舗/㉔福寿園

《弁当・お惣菜・パン》㉕とと和くら/㉖日本一/㉗錦市場 野村/㉘京のお肉処 弘/㉙酵房西利/㉚かつくら/㉛立鮮調進 なかがわ/㉜BURDIGALA EXPRESS

 

老舗から、京都初出店まで様々なお店が並びます。それでは、入口からWebLeafスタッフが気になったお店をピックアップしてご紹介します。

 

まず入口すぐで見つけた[酵房西利(こうぼうにしり)]。こちらは京都の風土が育んだ食文化を守り伝えることを大切に、古来からの醗酵の技を活かし、食卓に健康と笑顔をお届けする[京つけもの西利]の新ブランド。

 

miyako_sweets_03
目に止まったのは、乳酸発酵甘麹ドリンク。
フレーバーはプレーンをはじめ、
いちご、ゆず、オレンジ、にんじんの5種

 

miyako_sweets_04
WebLeafスタッフは、にんじん300円(税込)を試飲。
まずはすっきりと飲みやすいことに驚き、
そして程良い甘さが砂糖不使用なことにもビックリです!

 

miyako_sweets_05


ラブレ乳酸菌たっぷりで健康的なデリは、
和洋中のバリエーションも豊富。
1パック350〜500円程度で購入しやすい価格帯なのも嬉しいですね

 


その隣には、東京・広尾に本店を構えるブーランジェリー[BURDIGALA EXPRESS(ブルディガラ エクスプレス)]。

 

miyako_sweets_06
赤い店構えが目印

 

日常生活を少しだけ上質に…というコンセプトのもと、厳選した小麦粉で作りあげる本格欧州パンや発酵バターの香り高いクロワッサンに加え、京都駅でしか購入できない限定商品もあるのだとか。

 

miyako_sweets_07
サンドイッチや食パンなども揃いますが、
やっぱりクロワッサンなどデニッシュ系に目が留まります

 


同じく入口周辺で出会った[京菓子司 三昇堂小倉(さんしょうどうおぐら)]。

 

miyako_sweets_08
京都駅に出店して早70年、今回の新店舗の目玉は、
実際に職人さんが奥で作っている姿が見えるところ

 

miyako_sweets_09
こちらの店舗のみの、生麩ワッフル324円(税込)。
甘い黒蜜を絡めながら、できたてホヤホヤ熱々をその場でいただきます。
時間が経つと固くなってしまうので、
長時間のお持ち帰りはお断りしているそう

 

miyako_sweets_10
京ブランド食品に認定された
大人気の「京生麩餅」はお土産に喜ばれる一品

 

 

そして、フレッシュバターをたっぷり使い、バターそのものの味わいを楽しめるように研究開発したバターサンド専門店[PRESS BUTTER SAND(プレス バター サンド)]は京都初出店!こちらは年間1000万個も売り上げる注目店です。

 

miyako_sweets_11
スタイリッシュな店頭

 

この商品のために開発したオリジナルのプレス機を使って、和菓子の製法にルーツを持つ”はさみ焼き”で一つひとつ丁寧にプレスしているんだとか。WebLeafスタッフは、京都店限定の宇治抹茶味のバターサンドを試食させていただきました。サクサクのクッキー生地の中は、厳選した宇治抹茶を使用した抹茶バタークリームと、キャラメルバターの2層仕立て。とろ〜っととろける濃厚なバタークリームに口福を感じずにはいられませんでした。

 

奥には、新大宮商店街に本店を構える[Dari K(ダリ ケー)]の新ブランド[The Obroma 990 by Dari K(ジ・オブローマ990 バイ ダリ ケー)]が!店頭には、コーヒーマシンのような機械を発見。お話をお伺いすると、この機械こそが店名にもある「ジ・オブローマ」。カカオをその場で挽いて、出来たてのチョコを楽しめる、世界初披露と言われるマシンなんだそう。

 

miyako_sweets_12
マシンからカカオの甘い香りが漂っていました

 

miyako_sweets_13

今回は濃厚カカオをエスプレッソ風にいただく
カカオプレッソ300円(税込)を試飲。
※写真は試飲用サイズ

 

目の前ですぐに抽出されたカカオペーストに生クリームミルクが加わり、濃厚な中に程良い甘さを感じることができます。もっとミルクを感じたいなら、カカオエスプレッソにたっぷりのスチームミルクを加えたカカオラテ450円、すっきり飲みたいなら、抽出したカカオペーストをお湯で割ったカカオドリンク420円がおすすめ。その他、タルト生地を割れば、生チョコがとろけ出す、出来たて生チョコタルト350円、濃厚カカオソフト500円などもありました。

 


こちらは京都駅内での常設店は初めてだという[グランマーブル]。四季折々の食材を職人が一本一本丁寧に焼き上げたマーブルデニッシュでお馴染みのこちら。月替りで登場するフレーバーを含め、常時12種類以上が揃うのだそう。

 

miyako_sweets_14
目を引くオレンジ色のボックスが目印の[グランマーブル]

 

惜しまれつつ三条御幸町にあったお店が閉店して以来、祇園までなかなか足を運べず残念に思っていたWebLeafスタッフにとっては朗報!もちろんお土産などに最適なアイテムも揃っていました。


パン・スイーツ情報だけでもこれほど満載な『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』。夕飯などにも買って帰りたいお惣菜などの情報は後編へ続きます>>

 

関連記事:

夕飯の一品にも最適!JR京都駅西口に10/11にオープンした『京名菓・名菜処 亰(みやこ)』のお惣菜情報をチェック!


京名菓・名菜処 亰(みやこ)/きょうめいか・めいさいどころ みやこ

2018年10月11日(木)オープン
場所/JR京都駅西口2階 南北自由通路(西側)[京都市下京区東塩小路町]
営業時間/8:30~21:00 ※一部店舗は7:00~21:00
定休日/無し

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!