雨でも安心!キャンプ体験型ホテル「LOGOS LAND」が6/30に城陽市総合運動公園内にオープン

2018/7/12

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。幼い頃から夏になると自然たっぷりな場所でキャンプをするのが楽しみなWebLeafスタッフです。しかし、大人になると天気などを気にしてなかなか行けずにいるのが現実。。。

 

そんな中、アウトドアブランド「LOGOS」が京都府城陽市総合運動公園レクレーションゾーンをリニューアルし、キャンプ体験型ホテルやBBQ、アクティビティができる総合アウトドアレジャー施設「LOGOS LAND」をオープンしたとのニュースが飛び込みました。キャンプ好きなWebLeafスタッフとしては見逃せない!ということで、早速お伺いさせていただきました。

 

運動公園内に到着すると「LOGOS LAND」の表示を発見!

 

logosland01
こちらのコンセプトは「外で、食べて、遊んで、泊まる」

 

駐車場から2〜3分ほど歩くと「LOGOS LAND」の建物が見えてきます。

 

logosland02
なんともかわいいカラーリング!
「ENJOY OUTING!」のメッセージが目に飛び込みます

 

LOGOS史上初めてとなる今回の総合アウトドアレジャー施設は、東京ドーム約2個分の大きさなんだそう。どんな天候でも楽しめるキャンプスタイルのホテルって?レストランや食事はどんなものが楽しめるの?いろいろと疑問を抱えつつ、早速館内へ。

 

飛び込んできたのはカラフルなエントランス。

 

logosland03
まさに撮影スポット!
到着したらまずここで撮影せずにはいられません。

 

それでは宿泊スペースのある2〜3階へ。
こちらへ向かうエレベーターの扉が開くと…LOGOS LANDでの楽しみ方がイラストで表現されています。

 

logosland04
「マシュマロを焼いて食べたい!」
「こんなところで研修だったら嬉しいな〜」と、
イラストを見ながら想像が膨らみます

 

3階へ到着。それでは、お部屋の扉をオープン!
すると、憧れのキャンプスタイルがそのまま一室に表現されています!

 

logosland05
まさにWebLeafスタッフ憧れのオシャレキャンプスタイル!
もちろんふかふかのシュラフ(寝袋)もついてきます

 

logosland06
キャンプ初心者のI先輩は、テントの広さに驚いています。
ミニキッチンやトイレ、シャワーももちろん完備。
「こんなに広かったら快適に過ごせますね!」

 

テントやソファーなど、アウトドアグッズ一式を一気に揃えるとなると、お金もかかるし、そもそもこのグッズを収納できるスペースがなかなかない。。。そう思っていた方には、手ぶらでキャンプが楽しめ、しかもお天気も気にせず予定を立てられるというのはいいですね。全てLOGOSのグッズなので、気に入ったら店舗やネットなどで購入できるので、一度試してみることができる機会としても重宝されそう。ロフトスペースもあり、最大8名で宿泊することが可能。このようなテント宿泊ができるスペースは5部屋用意されているそう。

 


logosland08
その他には二段ベッド型のお部屋や、
バリアフリーの特別室も

 

また、キャンプの悩みのひとつでもあるのがお風呂。こちらには大浴場もあるのでゆったりとお風呂タイムを楽しむことができます。

 

logosland09

宿泊者はもちろん無料

公園で遊んだ後に、日帰り入浴も可能だそう(中学生以上600円、小学生300円、未就学児無料)。

 

こちらは誰でも利用可能なフリースペース。雨の日でも子どもたちが楽しめる場所として活用されるだけでなく、用意されたソロテントを張って、素泊まりできるプランもあるのだそう。

 

logosland10
フリースペースの様子

 

食事はレストランとBBQを選択することができます。こちらは3階のBBQテラスの様子。1区画4名と6名のスペースがあり、60名ほどまでBBQを楽しめるようです(※要予約)。BBQの食材はレギュラーセット2,900円(税別)〜。

 

logosland11
LOGOSのグッズはどれもカラフル。
かわいいテーブルなどにも注目してみて

 

夜にはオプションで1区画2000円(税別)にてたき火を楽しむことができます。

 

logosland12
Leafスタッフはこれでマシュマロを焼くのが夢!

 

また、いつ開催されるかはお楽しみの「KIMAGURE 焚き火 Time」も開催予定。BBQテラスではお酒も飲めるので、たき火を眺めて癒やされながらBar使いも素敵ですね。

 

そして、こちらは1階のレストランスペースの様子。

logosland13

1Fエントランスの横にレストランの入口を発見

 

logosland14

これまたかわいい世界観!

 

ピザやパスタをメインに選択し、前菜をバイキングで楽しめるランチやディナー、豊富なアラカルトが揃います。また朝食も楽しむことができます。

 

logosland19
前菜バイキング ランチ 1,300円(税別)〜
前菜バイキング ディナー 2,800円(税別)〜

 

公園内はもちろん無料で遊ぶことができ、今回のオープンに伴い、子どもたちに人気のふわふわドームも新設。

logosland17


ふわふわドーム

 

今回はまだ第一期オープンだというこちら。2019年夏頃の第二期オープンでは、広大なBBQエリアをはじめ、憧れのグランピング、ロゴスカフェやロゴスショップ、公園のリニューアルなども予定しているそうです。また、今後週1回ほどワークショップなども企画しているのだとか。

 

この夏は、「LOGOS LAND」でお天気を気にせず、手軽に安心してキャンプの疑似体験してみてはいかがですか?

 

LOGOS LAND(ロゴス ランド)

2018年6月30日(土)オープン

京都府城陽市寺田大川原24-4

料金はこちら>>

予約などは「LOGOS LAND」公式サイトへ>>

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録