ランチのニュースポット「烏丸バル横丁」の全10店舗がランチ営業を5/15〜始めるらしい!

2018/5/10

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。毎日のランチをもっと充実させたいと思っているWebLeafスタッフです。そんな中、新たなランチスポットが、ランチ激戦区である烏丸エリアに登場するという朗報が飛び込んできました!以前、WebLeafでもご紹介した「烏丸バル横丁」が、全10店舗で2018年5月15日(火)からランチ営業をスタートするそうです。

烏丸バル横丁といえば、串かつ、クラフトビール、立ち焼肉、餃子などちょっとずつ“ハシゴ”しながら様々な店舗の料理が楽しめるグルメスポットです。

 

烏丸通から三条通を東へ

烏丸通から三条通を東へ

今回、ランチ営業を始めるという知らせを受け、「烏丸バル横丁」で注目を浴びている[editor’s fav るるぶキッチンKYOTO]の担当者の方とお話させていただく機会がありました。

[editor’s fav るるぶキッチンKYOTO]では、旅行ガイドブックるるぶ』編集者が全国各地を旅して見つけた“おいしい”ものを提供しており、東京・赤坂にも店舗を構えています。

 

rurubukithcen_naikan

店の様子

 

5月いっぱいは、広島県三次市と世羅町の日本ワインが楽しめるフェアを、あわせて5月後半からは、復興支援も兼ねて岩手県宮古市のフェアを実施予定など、旅気分と地元のグルメを味わえるお店です。そんな全国のおいしいものを知り尽くしたるるぶ編集部によるランチは、テイクアウトもできる『るるぶおにぎりLABO』というもので、おにぎりがメイン。

北海道から沖縄県まで、るるぶ編集部が厳選した米、具材、海苔のおにぎりが160円〜楽しめます。米は福井県の新ブランド・いちほまれを使用するのだとか。「パリパリ派としっとり派で好みが分かれる海苔問題にもしっかり応えたい」と、パリパリ派の方には有明産を、しっとり派の人には千葉県産を用意するこだわりぶり。具材は、埼玉県の松田マヨネーズを使用したツナマヨや、和歌山県の完熟南高梅、京都府のちりめん山椒、北海道の山わさびや秋鮭ほぐし、4年かけて仕込む小豆島の鶴醤おかかなど「食べてみたい!」具材ばかりが10種ほど揃います。これらなんと、オーダーを受けてから作ってくれるというではありませんか!これは嬉しいポイントです。

おにぎりを楽しめるのは、単品だけではありません!おにぎり2品(220円以上のおにぎりは差額別途)、味噌汁、おかず1品、南九州市の知覧グリーンティーがついたお得なランチセット780円(税込)もあるようなので、こちらも要チェックです。

 

※ランチ写真はイメージ

※ランチ写真はイメージ


お話を伺っている途中で、おにぎりとお味噌汁が無性に食べたくなったWebLeafスタッフ。みなさんもぜひこだわりのおにぎりを味わいに足を運んでみてくださいね。他店舗情報もチェックしながら、いつもと違うランチスポットで昼休みを満喫しに行こう!

※他店のランチ情報は分かり兼ねます。ご了承ください。

■editor’s fav るるぶキッチンKYOTO

「烏丸バル横丁」内
Tel. 075-256-5122
火〜金曜11:30〜14:00、17:00〜24:00
土、日曜15:00〜24:00
月曜休
editor’s fav るるぶキッチン公式サイト>>

■烏丸バル横丁

京都市中京区三条通烏丸東入梅忠町20-1 烏丸アネックス1F
火〜金曜11:30〜14:00、17:00〜24:00
土、日曜15:00〜24:00
月曜休
烏丸バル横丁公式サイト>>

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録