いちご好き必見!京都・滋賀の一流ホテルで味わう、極上ストロベリーブッフェ

2018/1/9

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

毎年恒例の、一流ホテルのイチゴフェア。そこで、京都・滋賀のホテルで開催されるイチゴフェアを、Leaf編集部が一足お先にご紹介!この時期しか味わうことのできない極上ストロベリー。いちご好きはもちろん、全ての人が満足出来ること間違いなしの一大イベントをどうぞお見逃しなく。

 

一流ホテルのイチゴフェア

 

グランドプリンスホテル京都
「Red Hot Strawberry 2018」

 

grapri_kyoto_ichigo日時/2018年1月25日(木)〜3月31日(土) ①12:30〜14:30、②15:00〜:17:00(120分制)
場所/京都府京都市左京区宝ヶ池 MAP
料金/大人 3,600円、SEIBU PRINCE CLUB会員 3,200円、学生 3,000円(2部のみ)※身分証明書の掲示が必要、子ども(7〜12才) 2,200円、幼児(4〜6才) 1,200円

毎年好評の“いちごスイーツブッフェ”は、新鮮なイチゴとパティシエこだわりのスイーツが毎日食べ放題。いちごのショートケーキ、いちごのモンブランタルト、ミルフィーユなどのスイーツだけでなく、マーボー豆腐、挽肉と野菜のカレーなど、軽食も充実の大満足なビュッフェ。各回ひとりだけに当たるスペシャルスイーツも。

 

 

琵琶湖ホテル

「ストロベリーフェア〜いちごめぐり〜」

biwakohotel_ichigo日時/2018年1月15日(月)~5月6日(日) 15:30〜17:00(90分制)
※前日15:00までに要予約(予約状況により、当日予約を承る場合有。要問い合わせ)
場所/滋賀県大津市浜町2-40 2Fイタリアンダイニング ベルラーゴ MAP
料金/3,800円、子ども(5歳〜小学生)2,000円(税、サービス料込)

イチゴの品種に合わせて食材を組み合わせた、パティシエ渾身のイチゴスイーツが登場。いちごショートやいちごタルトのほか、ロールケーキやサンドイッチなど数種類の旬のイチゴがイチゴ好きを楽しませてくれる。毎日1名に当たりを忍ばせた、おもてなしのいちご大福や、あっさりとした味わいが特徴のアカシアはちみつを混ぜ込んだ外はカリッ、中はふわっとしたフレンチトーストを目の前で焼き上げてくれるなど、そのパフォーマンスも嬉しい。比叡山の山々や雄大な琵琶湖を臨む空間で、心ゆくまで味わって。

 

 

京都タワーホテル
「Chocolate×Berry Buffet」

 

towerhotel

※写真はイメージ

日時/2018年1月11日(木)~2月25日(日)
1月:木・金・土・日曜開催
2月:水・木・金・土・日曜、祝日開催
15:30~17:00
場所/京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町 721-1
   京都タワーホテル3F レストラン タワーテラス MAP

料金/大人 3,600円、小学生 2,000円、幼児(3歳以上) 1,200円(税、サービス料込)

カカオ分27%のスイートなチョコレートから70%以上のハイカカオまで、 パーセンテージの異なるチョコレートを使ったスイーツや、 チョコレートと相性のいいベリーを組み合わせたスイーツなど約25種が登場。今回のテーマは「チョコレート×ベリー」で、ゲストの目の前でシェフが仕上げる「シェフズコーナー」では、ベリーのガナッシュがとろける「フォンダンショコラ」を味わうことができる。人気の“自分でつくるシリーズ”は今回、「自分でつくるチョコレートパフェ」、「自分でつくるジャートスサラダ」、「自分でつくるオープンサンド」の3種類を用意。さらに、味噌にチョコレートを合わせた「いろいろ野菜のチョコレート田楽」や「チキンのオレンジ風味 チョコレートソース」などライトミールも充実しているので、遅めのランチにもぴったり。思わずSNSに投稿したくなるフォトジェニックなスイーツも盛りだくさん。

 

京都センチュリーホテル
「スーパーストロベリーフェア2018 ~Ballerina of the Strawberry World~」

 


centyuryhotel日時/2018年1月14日(日)~5月6日(日)※日曜日限定
[1部]13:30~15:00 [2部]15:30~17:00(90分制)

場所/京都府京都市下京区東塩小路町680 京都センチュリーホテル 2F オールデイダイニング ラジョウ MAP
料金/大人 5,000円、7〜12歳 2,500円、4〜6歳 1,200円(税、サービス料込)

「いちごの国のバレリーナ」をテーマに、フレッシュイチゴに芳醇でみずみずしい「あまおう」をふんだんに使用した華やかなスイーツは、見ているだけで心ときめく。イチゴスイーツなど約35種類のほか、オードブルやフルーツ約20種、アイスクリーム約20種など、計約75種を用意。華やかに輝く飴細工を割るとあふれ出る濃厚な2層のチーズムース、甘酸っぱいイチゴと木イチゴのソースの絶妙な「フロマージュフレーズ」はひとり1皿限定。毎回1名にのみホワイトチョコレートで作られた「ショコラプリマドンナ」がプレゼントされるサプライズも。ビュッフェラインは、京都発祥のライフスタイルショップ[INOBUN]がコーディネートを手掛ける。トウシューズなどを使用した装飾と、まるでバレエのステージを眺めているかのような煌く空間で、たっぷりとイチゴを召し上がれ。

 


リーガロイヤルホテル京都
いちごすい~つ「いちごいちえ」

ichigoichie

すべてが謎に包まれた 幻?!のスイーツビュッフェ


日時/<1st>2018年1月27日(土)、28日(日)
<2nd>2月11日(日・祝)、12日(月・休)
<3rd>3月3日(土)、4日(日)
14:30~16:30(120分制、受付14:00~)※満席になり次第、受付終了

場所/京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地 リーガロイヤルホテル京都1F オールデイダイニング カザ MAP
料金/大人 6,000円、小学生(7~12才)3,000円、幼児(4~6才)1,500円 (スイーツビュッフェ、 税金・サービス料含む)

いちごすい~つ「いちごいちえ」は、2018年1・2・3月の各月2日、合計6日間限定の完全予約制のイベント。 「KYOTO×ROUGE」 をテーマに、京都だから叶うおもてなしと装飾で、今までにないスイーツビュッフェを企画しているそう。 イチゴの赤がメインカラーになっているため、ドレスコードも「赤」。当日は赤色のものを身に着けて来館し、一緒に演出を盛り上げよう。 第1回目の開催を迎えるまでは、すべて謎に包まれたシークレットイベント。幻?!のスイーツビュッフェとなりそうだ。

 


ホテルグランヴィア京都
「ストロベリー&ショコラスイーツバイキング」

 

ichigobuffe_granvia日時/アフタヌーンスイーツ2018年1月4日(木)〜2月28日(水)15:30~16:45
<ナイトスイーツ>2018年1月4日(木)~2月24日(土)の木・金・土曜限定 21:30~23:00

場所/京都市下京区烏丸通塩小路下ル JR京都駅中央口 ホテルグランヴィア京都2F カフェレストラン ル・タン MAP
料金/アフタヌーンスイーツ大人 3,500円、小学生 2,200円、3歳以上小学生未満 1,500円(税込)
ナイトスイーツ>大人 3,200円、小学生 2,000円、3歳以上小学生未満 1,200円(税込)


春を先取りするイチゴフェアの第1弾として、甘酸っぱいイチゴと濃厚ショコラが楽しめるスイーツバイキングがスタート。苺のロールケーキ、苺とベリーのチョコレートタルト、苺とチョコのムースなど、相性抜群なイチゴとチョコのスイーツが充実。イチゴや生クリームなど自分好みのトッピングでオリジナルパフェやいちごサンドが作れるほか、生地にイチゴを練りこんだクレープは、パティシエが目の前で焼き上げてくれる。さらに、アフタヌーンスイーツ限定でシェフ渾身の一皿・フロマージュブランのムース クレームダンジュが堪能できるなど、どれも目が離せない。もちろん、フライドポテトやサンドイッチ、スープなどの軽食も充実なラインナップ。

 

びわ湖大津プリンスホテル
「Strawberry Sweets Buffet 2018」

 

otsuproncehotel_ichigo-2.jpg日時/2018年2月1日(木)〜4月22日(日)
平日 ①11:30〜13:00、②14:00〜15:30(90分制)
土・日曜、祝日 12:00〜15:00(180分制)
場所/滋賀県大津市におの浜4丁目7番7号 スカイラウンジ トップオブオオツ(38F) MAP
料金/大人 3,500円(平日)・4,500円(土・日曜、祝日)、子ども(7〜12才) 1,600円(平日)・1,700円(土・日曜、祝日、子ども(4〜6才) 1,250円(平日)・1,350円(土・日曜、祝日 ※4才未満無料

地上130メートルのスカイラウンジで楽しめるストロベリービュッフェ。イチゴの食べ比べやイチゴを使ったスイーツなど、約40種類のデザートに加え、軽食やドリンクも豊富に揃う。2月はフランスをイメージした「スタイリッシュストロベリー」、3月は和テイストを取り入れた「和×苺」、4月はカラフルでポップな「アメリカンポップ&キュート」と、月ごとのテーマに沿った様々なスイーツが登場する。土・休日は、ゆっくり180分!“牛フィレ肉のステーキと近江米のリゾット いちごソース”のワンプレート付き!どの席からも琵琶湖が一望できるこちらで、ホテルならではの豪華なビュッフェを堪能しよう。

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録