【今月の編集部】夏バテを吹き飛ばす? 夏の京都

2017/6/24

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

今月は「夏の京都」と題した初めての特集です。前例がないため「夏の京都って響きだけで暑くない?」「やっぱりかき氷は入れるの?」「それよりプール行きたいね!」と、だんだん現実から遠ざかり、先が思いやられる編集会議からスタートしました。しかし新作のかき氷や中華の冷麺、ぷるっぷるのゼリーなど、探せば探すほどこの季節ならではの良さが見えてきました。これでなんとか今年の夏も乗り切れそうです。みなさんも良い夏をお過ごしください!

 

 

kouki_shinshindo

 

祇園の[切通し 進々堂](2017年8月号P54)にて。撮影後は名物のゼリーのほか、コーヒーや手作りのロールケーキまであれよあれよと言う間に運ばれテーブルはスイーツバイキング状態。最高にアットホームなご家族とスイーツに癒され、ライターH嬢もこの喜びようでした

 kouki_chorakuji

 

青紅葉に癒される[長楽寺](2017年8月号P55)にて。境内の奥にある「平安の滝」で、なんとか清涼感ある写真を撮影しようと四苦八苦するカメラマンN氏とライターH嬢。「もうちょっと水を並々に」「もう少し風流に」と、N氏の手厳しいディレクションと水しぶきが飛び交うのでした

 

kongetsunohenshubu1708

 

流しそうめんの撮影で訪れた[清和荘](2017年8月号P48)。撮影後にお店のご厚意で流しそうめんをご馳走になりました。そうめんを無我夢中で掴むカメラマンS氏とライターF嬢。少年と少女のように楽しい夏の風物詩を堪能させていただきました。ありがとうございました!

 tabinone_kouki

 

今回素敵な表紙を飾ってくれた[旅の音](2017年8月号P13)。写真は6月4日に元・立誠小学校で開催された「Enjoy Coffee Time」に出展中の店主・北辺さんです。オープンして数ヶ月で、豪華な顔ぶれが揃うイベントですでに存在感を放っていました。笑顔も素敵です

 

滋賀レイクスターズ来社

今年の創刊特大号でおすすめランチを紹介してくれた滋賀レイクスターズの長谷川智伸選手と高橋耕陽選手が、シーズン終了のご挨拶にとリーフに来てくれました! チームはリーグ終盤戦で粘りの強さを見せ、見事B1残留!「滋賀のみなさんの応援がとても熱かった」とシーズンを振り返るおふたりに、「来シーズンはぜひ試合を見に行きます!」と誓う編集Nなのでした。最後は昨年発行した滋賀MOOKなどを持っていただき、リーフロゴの前で記念撮影。リーフを読んで色々なお店に行ってくださいね!

 

rakesters

とても気さくな長谷川智伸選手(右)と191㎝と長身な高橋耕陽選手(左)

 

水分補給の日々

だんだんと暑くなってくる中、今月号ではひんやりスイーツを求めて連日かき氷やスイーツを食す日々。街中を自転車で飛ばして汗だくの後、かき氷を一口頬張るのはまさに至福のひとときでした。1日3個までなら余裕だと確信した編集N。そしてその1週間後、またかき氷が食べたくなり、編集NとS、そして何故か呼ばれたSP制作のHとともに[菓子茶房 チェカ](2017年8月号P40)に寄らせていただきました。鉄板のプリンかき氷だけでなく、自家製のいちごかき氷も美味しくいただき大満足な3人でした。



cheka_1

 

cheka_2

 

cheka_3

 

 

月刊誌Leaf8月号「夏の京都さんぽ」


leaf170625ebook暑い京都の夏。冷たいスイーツや冷麺など美味しい涼を求めておさんぽしよう。京都の夏でしか味わえない川床での食事や、夏に贈りたい手土産などなど、この時季こそ楽しみたいお店を136軒紹介!

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!