【今月の編集部】肉まみれの1ヶ月

2017/2/24

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

初めての試みとなった肉特集。これぞ食いしん坊編集部には天国のような特集!!かと意気込んだのも束の間、ランチタイムの間にハンバーグ定食を2セット食べたり、トンカツとトンカツの取材の合間にローストビーフを挟んでみたり、終盤は忍耐の日々でした。しかし取材も終わり、肉三昧に終わりを告げたはずが編集Yは早速取材先のお店を予約。またあの日々に戻りたいと願う編集部でした。肉食女子の審美眼で選んだお肉の数々をお届けします!

 

170225_mailstone

 

大津で38 年続く喫茶店[マイルストーン]。一歩足を踏み入れた瞬間から、老舗の風格と洗練された空間に心を奪われます。ハンバーグの撮影前にホットサンドとコーヒーを出していただきほっとひと息。お母さんと息子さんの人柄も温かく、大津の人は幸せだと感じました

 

170225_subaru

 

地元にこよなく愛される喫茶店[昴]。ハンバーグはふわふわ感が半端なく、トンカツ定食を食した後でも瞬時に胃に収まるほどの美味しさ。気さくなマスターはもちろん、スタッフの原田さんの接客による癒し効果も抜群です。撮影後は名物のプリンもいただきました!

 

170225_20_7

 

自宅の近くに欲しい喫茶店勝手にNO.1 の[喫茶20 の7 番地]。バンダナにメガネのマスター、漂うコーヒーや紅茶の香り、カウンターで常連客が談笑する光景など、店内には残すべき日本の喫茶風景が詰まっています。奥さんが主催する各種教室も人気ですよ

 

170225_saigonikatsu

 

肉好きの心を満たして止まない[肉食堂 最後にカツ。]のステーキ丼。いろいろと超越し過ぎてなんだか雑貨のように見えてきました。しかしひと口食べたらそれは紛れもない肉肉肉。4 ~ 500g の肉に感服。ニックネームに「肉」がつくライターN 嬢も大満足の取材でした

 

史上最重の手土産

草津店が新たにオープンし、勢力を拡大し続ける[豚丼信玄]。パン屋さんで大根やりんごをもらうなど、変わり種の手土産を持ち帰ることで有名な編集Sですが、今回はケタ違いなプレゼントをいただきました。それはなんと米30キロ!!!(笑)「車なら大丈夫やな」と、雪が吹雪くなかオーナーの小林さんが、カメラマンH嬢の車にあれよあれよと米を積んでいました。

 

170225_kome170225_kome2

 取材後アルプラザで袋を購入し、ライターN嬢も含む3人で雪の降るなか米を山分け。帰宅ラッシュの東海道線内で謎の袋を抱え、満員電車で怪訝そうな顔をされながらも一粒残らず守り抜きました。本当にありがとうございました!

 

プレミアムな制作日々

京都を代表する食や宿を収録した「プレミアム リーフ」の制作が3月上旬の発売に向けて大詰めを迎えています。普段はなかなか伺うことができない創業300年を超える名店や老舗宿などでの撮影の日々。全ページ撮り下ろしのため、撮影期間は2ヶ月以上に渡りました。リーフにとって初めての企画とあって試行錯誤の連続でしたが、京都に息づく文化や歴史をお伝えできるようラストスパート頑張ります!

 

170225kouki_premium

 [星のや京都]の一室から見える紅葉の嵐山。いつかプライベートで宿泊したいものです

 

 

月刊誌Leaf 4月号「京都・滋賀美味しい肉117」

肉ブームと言われる昨今。京都・滋賀の街にも、牛、豚、鶏と、多種多様な肉料理を披露する店が登場。質やボリュームにこだわる店主が提供するメニューは、どれも肉好きにはたまらないものばかり。パワーチャージできるお気に入りを見つけてみて!

170225ebook_d 

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!