【連載/京都の摩訶異探訪】妖しき伝説と実話を残す裏名所とは?

2016/8/1

更新

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

160801_makai1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく新連載『京都の摩訶異(まかい)探訪』。

第2回目は「妖しき伝説と実話を残す、嵐山の裏名所」。昔も、桜や紅葉を愛でる別業(別荘)の場所として、都の貴族や権力者たちに親しまれてきた京都を代表する景勝地「嵐山」。だが、日が暮れれば狐狸妖怪の棲む、寂しい洛外の地でもあった。嵐山を「あやしやま」と呼んだ人もあったという――。

京都の摩訶異(まかい)探訪

https://www.leafkyoto.net/blog/makai/

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!