【今月の編集部】やってきました! 夏の夜を満喫号

2016/7/25

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

大酒飲み、大喰い揃いの編集部が待ちに待った夜ごはん特集。今年もみんなでリサーチに繰り出すぞ! と意気込んだのも束の間、別冊の〆切に追われ、また、弊社2棟目のホテルの開業の準備など、かつてないほどバラバラになってしまった編集部。しかし、お店選びに妥協はしません。最後の一週間で怒濤のリサーチと取材をこなし、すでに夏バテ気味のメンバーでした。そんなドタバタ編集部渾身のプレゼンツをお楽しみください!

1609_kossoleaf_01

五条にオープンした[マールカフェ]内の「しゃべったらいけない図書室」にて。口が使えない代わりに、体で何かを必至に訴えかけるカメラマンK氏でした

1609_kossoleaf_02

取材…ではなく、今回再掲載させていただいた[Porque no?](P57)にて、過去の資料を見ていたらタコスがあまりにも美味しそうだったので、ライターK嬢と突如お伺いした編集Sでした。このタコス、本当に絶品ではちきれんばかりのボリュームです!

1609_kossoleaf_03

この金色に輝く玉子…! 全国にファンを持つ草津の和食店[滋味 康月](P67)にて、撮影後に試食をさせていただきました! ランチが2年先まで埋まっているという超人気店の味に触れ、あまりの美味しさに悶絶するスタッフと編集S。バチが当たりそうなほど貴重な体験でした

1609_kossoleaf_04

大津の商店街に佇む看板には「アケミ」の文字。しかし扉を開けてもアケミさんはいません。店名・店主・内装・メニューと、すべてが矛盾していてツッコミどころ満載。そして料理が何より絶品という最高のオチをつけてくれるのでした。詳細はP69をご参照くださいね

知られざる街・小倉

今号は、近鉄小倉駅周辺を大解剖! どうしてもピックアップしたかったあの店、この店を4ページにわたってどどんと紹介しております。リーフ初登場のお店も多く、2日にわたって取材を決行。どこへ行っても温かく出迎えてくださり、「これも食べや〜」と撮影用以外の料理を出してくださるお店も。[藤のれん](P65)では、ご夫婦の掛け合いが面白く、スタッフも終始笑顔と楽しい取材現場でした。今回の特集で、小倉という街の親しみやすさ、ご主人たちの人柄の良さが伝われば幸いです。もちろんどこのお店のお料理もお酒も最高です。ぜひ小倉へ足を伸ばしてくださいね。ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

1609_kossoleaf_05

はねつき餃子と炒飯の俯瞰撮影に挑むカメラマンF氏。その奥では、ライターH嬢と奥さんが笑顔で談笑中。1番人気ははねつき餃子と生ビールのセットだそうです!

2棟目のホテルが完成!

 リーフが手掛ける2棟目のホテル[ ヴィラ三条室町・京都] が7月6日ついにオープン! コンパクト・ラグジュアリーを目指し、京唐紙のアートボードや伝統工芸品を備えた高級感溢れる内装となっています! ぜひみなさんも京都に来られる際は泊まりにきてくださいね。写真は先日行った内覧会での様子。お隣のパン屋さん[ファイブラン]を貸切って、リーフのパネル展示や制作チームの努力の結晶であるリーフ20周年の記念映像も流していました! 最後は残った軽食をみんなで食べまくるパン祭りも開催されましたよ。

1609_kossoleaf_06

1609_kossoleaf_07

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録