ミュージカル『エリザベート』新生版で主演の蘭乃はな、新たなアプローチ

2016/6/30

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

Elisabeth02オーストリア皇后の人生に黄泉の帝王“トート=死”を絡めた人気作『エリザベート』。
昨年キャストや美術、衣裳が一新され話題を集めた舞台が、関西で初上演される。Wキャストでエリザベートを演じる元宝塚歌劇団花組トップ娘役の蘭乃はなが、取材会で想いを語った。「エリザベートは自分の肉体を通して彼女の魂を表現する役。
昨年は肉体的、精神的なせめぎ合いの中で演じていました」と振り返る。
宝塚時代より3年続けて同役を演じ、「今思うのは、彼女は自分自身を愛することができず、生涯その“愛”を求めていたということ。役への向き合い方が変わりそうです」と進化を告白。

また「“静”のエネルギーがある」城田優のトート、「激しく燃え盛る炎のような」井上芳雄のトートの違いも面白いと話す。Wキャストの妙も見逃せない。

ミュージカル『エリザベート』

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ 
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
演出・訳詞:小池修一郎 
出演:花總まり・蘭乃はな(Wキャスト)、城田優・井上芳雄(Wキャスト)、田代万里生、古川雄大、未来優希、涼風真世・香寿たつき(Wキャスト)、山崎育三郎・成河(Wキャスト)、他

期間

2016年9月11日(日)~30日(金) 全26ステージ 
会場

梅田芸術劇場メインホール  (大阪府大阪市、北区茶屋町19-1) S席1万3500円、A席9500円、B席5500円 7月9日発売開始 

チケット

チケットぴあ: 0570-02-9510 (発売日特電) 057-002-9999 (7月9日以降、Pコード:449-491)、他 

問い合わせ

梅田芸術劇場:tel 06-6377-3800

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!