もう一人の茶の湯大成者 – 古田織部

つくる

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
furutaoribe

黒織部山形文沓茶碗

新型コロナウイルス(COVID-19)を含む感染症の感染防止対策として、イベント開催の中止が多発しております。 イベントへ参加を予定されている方は、事前にイベントの主催者や公式サイト、SNSなどで開催有無のご確認をお願いいたします。

千利休が秀吉の怒りに触れ切腹させられた後、「天下一」茶人に指名されたのが武将・古田織部。秀吉だけでなく徳川将軍が催す茶会など茶の湯の法を整備していった織部は、「へうげもの」といわれた歪み茶碗や織部焼の会席食器を茶の湯に取り入れ、流行を生み出した。本展では、独特な美意識を持つ古田織部が考案した遺物を通して、それらが現在の茶の湯にどう受け継がれているか、“もう一人の茶の湯大成者”というべき織部の業績に迫る。

日時

2020年1月18日(土)~5月19日(火)
9:30~17:00(最終入館/16:40)
※臨時休館中

休み

月曜(祝日の場合は翌日)

場所

古田織部美術館(北区上賀茂桜井町107-2 B1)

料金

大人500円、大学生・高校生400円、小中学生300円、未就学児 無料

問い合わせ

古田織部美術館
Tel. 075-707-1800

HP

古田織部美術館ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!