婦人画報と京都 つなぎ、つたえる「人」と「家」

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
fujingahou

「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年

明治38(1905)年より115年の間、戦時中も一度も休刊することなく発行されてきた「婦人画報」。創刊以来、「婦人画報」が誌面で紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」、そしてそれを受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」だった。

今回の展覧会では、京都の13家より、こうした「人」が手掛けた作品や、「家」に伝わる宝物など、約90点が当時の取材記事と共に展示される。また、エントランスでは代表的な歴代の表紙も飾られているそう。貴重な作品や宝物をぜひ堪能して。

日時

2020年1月2日(木)~20日(月)10:00〜20:00(最終入館/19:30)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更の場合有り

休み

会期中無休

場所

美術館「えき」KYOTO
(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

料金

一般 900円(700円)、高・大学生 700円(500円)、小・中学生 500円(300円)
※(  )内は、「障害者手帳」を提示の本人と同伴者1名の料金

問い合わせ

ジェイアール京都伊勢丹(大代表)
Tel. 075-352-1111 

HP

美術館「えき」KYOTO ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!