横山華山展

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

yokoyamakazan横山華山は江戸時代後期に京都で活躍した絵師。伝統や形式を重んじる諸画派には属さず、自由な画風と筆使いで人気を博し、その名声は日本だけでなく海外からも評価されていた。

本展では上下巻合わせて30mにもおよぶ晩年の大作『祇園祭礼図巻』が一挙に公開される他、ボストン美術館や大英博物館へ渡った海外の作品も展示。曾我蕭白や弟子たちの作品もあわせた約120点の作品を見ることができる。

華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展、ぜひ足を運んでみて。

日時

日時/2019年7月2日(火)〜8月17日(土)
10:00~18:00 ※金曜は〜19:30、入室はそれぞれ30分前まで

前期/7月2日(火)~7月21日(日)、後期/7月23日(火)~8月17日(土)

休み

7月8日(月)、7月22日(月)、7月29日(月)

場所

京都文化博物館 4・3階展示室(京都市中京区三条高倉)

料金

一般1400円(1200円)、大高生1100円(900円)、中小生500円(300円)
※( )内は前売券及び20名以上の団体料金

問い合わせ

Tel. 075-222-0888

HP

京都文化博物館 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!