開館10周年記念 春展「歓びの女神たち」

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

sarasa_museum_10th国内唯一といわれる草木染め手描き更紗作家 故 青木寿恵さん(1926‐2010)の作品を展示する「寿恵更紗ミュージアム」が開館10周年を記念し、カンボジアの世界遺産アンコールワットの美を更紗で描いた作品展「歓びの女神たち」を開催中。

「更紗」とは、紀元前のインド発祥の染文様。世界各国で独自の発展を遂げたが、化学染料を使用し、型染めで制作されることが一般的とされている。そんな中、青木さんは39歳より手描き更紗の研究を始め、発色の良い植物染料、かつ手描きで描く独特の手法を確立。自然との調和、人や物への愛、異文化の理解の大切さを広く伝える作品を作り続け、昭和52年には日本文化使節としてイタリアローマ文化会館にて初の海外個展開催。以後、ドイツ、フランス、カナダなど各国で「寿恵更紗(SUE SARASA)!」と呼ばれ称賛された。

本展では、80歳を越えて描いた幅4m以上の生涯最後の大作『天地創世』も展示。平和への強い願いが込められた作品を通して、華やかさと力強さを合わせ持つ更紗芸術を体感してみては。

 

日時

2019年3月14日(木)~5月12日(日)
10:00~16:00(最終入館/15:30)

休み

月曜休

場所

寿恵更紗ミュージアム
(京都府向日市寺戸町寺山12-1 日本燦クラブ会館)

料金

一般500円、大学・専門学校生100円、高校生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料

問い合わせ

寿恵更紗ミュージアム事務局
Tel. 075-934-6395
Fax. 075-934-6396

HP

寿恵更紗ミュージアム 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!