横山大観記念館 史跡・名勝指定記念展 画業と暮らしと交流 -大観邸-

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
〈霊峰飛鶴〉横山大観 昭和28年(1953年)横山大観記念館 蔵

〈霊峰飛鶴〉横山大観 昭和28年(1953年)横山大観記念館 蔵

現在、横山大観の作品やコレクションの一部を展示している横山大観記念館。元々は大観が自宅兼画室として創作活動を行った旧宅であった。

本展は、横山大観記念館が2017年2月に国の史跡及び名勝に指定されたことを記念して開催。下絵や写生帖などを含む大観の作品や貴重な資料、愛蔵の品々など、記念館の所蔵品約140点を一挙に公開する初の機会となる。

大観の画業や暮らし、多くの文化人が訪れた大観邸での交流の軌跡をぜひご覧あれ。

日時

2019年3月6日(水)〜18日(月)
10:00〜20:00(最終入場/19:30)
※最終日は〜17:00(最終入場/16:30)

場所

京都高島屋7Fグランドホール(京都市下京区四条通河原町西入真町52番地)

料金

一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料

問い合わせ

京都高島屋
Tel. 075-221-8811 

HP

横山大観記念館 史跡・名勝指定記念展 画業と暮らしと交流 -大観邸- 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!