国宝 一遍聖絵と時宗の名宝

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

miyakonokatana-遊業や踊り念仏などで知られる時宗は、宗祖一遍上人によって開かれた。その後、時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教上人だと言われている。2019年はその真教上人の七百年遠忌にあたるため、記念として時宗の名宝を一堂に会する展覧会が開催される。

全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝『一遍聖絵』など、有名な作品を鑑賞できる滅多にない機会。ぜひ実際に足を運んでみて。

日時

2019年4月13日(土)〜6月9日(日)
9:30~18:00(金・土曜は〜20:00)※入館は閉館の30分前まで

休み

月曜休 ※祝日の場合は翌日休

場所

京都国立博物館 平成知新館【東山七条】
(京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館内)

料金

当日/一般1500円、大学生1200円、高校生900円
前売、団体/一般1300円、大学生1000円、高校生700円

※団体は20名以上
※中学生以下、障害者とその介護者1名は無料(要証明)
※大学生・高校生は学生証の掲示が必要
※前売券は、2月12日(金)~4月12日(金)まで販売

問い合わせ

Tel. 075-525-2473(テレホンサービス)

HP

京都国立博物館 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!