長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
nagakutsushitanopippi

『長くつ下のピッピ』出版社用ポスター原画 1940年代後半 イングリッド・ヴァン・ニイマン画

日本とスウェーデンの外交樹立150周年を記念して、日本でも子供たちに大人気の長くつ下のピッピの世界展が開催される。

作者のリンドグレーンが風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと即興で語ったのが長くつ下のピッピの誕生のきっかけだったそう。それから70年以上にわたり読み継がれてきたピッピの本。

本展では長くつ下のピッピ等の原画をはじめ、ロッタちゃん、やかまし村シリーズ等の原画など約200点が出品。リンドグレーン作品に描かれるスウェーデンの生活文化などにも焦点が当てられた、ノスタルジックで心温まる展覧会をぜひ楽しんで。

日時

2019年2月8日(金)〜3月4日(月)
10:00〜20:00(最終入館/19:30)※最終日は〜17:00(最終入館/16:30)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合あり。

場所

美術館「えき」KYOTO
(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

料金

入館料/一般800円、高・大学生600円、小・中学生400円

問い合わせ

ジェイアール京都伊勢丹(大代表)
Tel. 075-352-1111 

HP

美術館「えき」KYOTO ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!