世紀末ウィーンのグラフィック 〜デザインそして生活の刷新にむけて〜

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

vienna京都国立近代美術館が2015年に収蔵した世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションの展覧会が開催される。このコレクションはアパレル会社キャビンの創業者、平野暘氏が蒐集したものだ。

1897年のウィーン分離派結成から、1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代に相応しい芸術そしてデザインの在り方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。中でもグラフィックの分野は、印刷技術の発展や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担った。

本展では300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を紹介し、世紀末ウィーンの魅力を伝える。

日時

2019年1月12日(土)〜2月24日(日)
9:30〜17:00(最終入館/16:30)
※金・土曜は〜20:00(最終入館/19:30)

休み

月曜、1月15日(火)、2月12日(火)休
※ただし1月14日(月・祝)、2月11日(月・休)は開館

場所

京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)

料金

一般1000円、大学生500円 ※高校生以下無料

問い合わせ

京都国立近代美術館
Tel. 075-761-4111 

HP

京都国立近代美術館ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!