明治150年記念 華ひらく皇室文化 -明治宮廷を彩る技と美

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
koushitsu

通常礼服 昭憲皇太后着用 曇華院門跡蔵

明治改元から150年にあたる2018年。この明治150年を記念した、明治期の華やかな皇室文化をテーマにした特別展が開催中。
明治2年、明治天皇が東京へと移居し、天皇を中心とした近代国家の建設が進められた日本。欧化政策がとられる中で、江戸時代から続く日本独自の優れた美術や工芸を世界に発信するため、帝室技芸員制度が作られ、その保護や育成にも力を入れていた。京都からも多くを輩出した帝室技芸員の貴重な作品などから、明治宮廷文化の美と技を見ることができる。

日時

2018年10月2日(火)〜11月25日(日)
10:00〜18:00(最終入場/17:30) ※金曜は〜19:30(最終入場/19:00)

休み

月曜休(祝日の場合は開館、翌日休館)

料金

一般1400円、大高生1000円、中小生500円

問い合わせ

京都文化博物館
Tel. 075-222-0888 

HP

京都文化博物館ホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!