百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
susabi

益田鈍翁作 茶杓 歌銘「年暮」昭和13 年(1938)展示:全期間

茶器に入っている抹茶をすくい茶碗に入れるための道具「茶杓」を一堂に会した展覧会が[MIHO MUSEUM]で開催中。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、茶杓は人なりと称せられほど、作る人の美意識や人柄が映し出されると考えられてきた。今回は三井財閥を支えた益田鈍翁をはじめ、東西の近代数寄者約30人が作った茶杓などが展示され、茶杓を通じて表現される数奇者の美意識を紹介する。※会期中一部展示替えあり

日時

2018年10月20日(土)〜12月2日(日)
10:00~17:00(最終入館/16:00)

休み

月曜休

場所

MIHO MUSEUM(甲賀市信楽町田代桃谷300)

料金

一般1100円、大高生800円、小・中生300円

問い合わせ

MIHO MUSEUM
Tel. 0748-82-3411 

HP

MIHO MUSEUMホームページ>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!