和ろうそくのある暮らし展 -この灯り、なんかホッとする-

つくる

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

warosoku125年以上もの間、和・京蝋燭を作り続けている「中村ローソク」と、築100年超えの町家をリノベーションした「コミュニティラボN5.5」のコラボレーションイベントが開催される。

「コミュニティラボN5.5」とは、みんなで「!」をつくる、”モノづくりをする人のコミュニティラボ”。元は尼さんの寮として使われていた五条通の喧騒から少し離れた一軒の空き家をシェアスペース、ワークスペース、ギャラリーとしてリノベーション。まだ未完成だというこの場所は、モノづくりをする人の成長とともに、その空間自体が成長する場所なのだそう。

また今回のイベントは、中小企業が持続的に発展していくため、直面している経営課題を業種横断的に議論し、関係者の知恵と力を集結し、”現場の声”を反映した実効性ある推進策を検討する「京都市中小企業未来力会議」で提案のあった事業から生まれたもの。イベントを通して、「凛とした美しさ」と「手作りの温かさ」が共存し、芸術品でもあり、日用品でもあるはずの和ろうそくを身近に感じることができるはず。期間中は職人さんによる実演やワークショップも随時開催。

電灯では表現できない、伝統の「灯り」をぜひ楽しんで。

 

日時

2018年11月3日(土)〜11日(日)13:00〜19:00

※3日(土)は15:00〜19:00
※通常はギャラリー展示、ワークショップ随時開催
※3日(土)・4日(日)・11日(日)は職人さんによる実演あり

場所

コミュニティラボN5.5(京都市下京区和泉町529)

※地下鉄烏丸線 五条駅 5番出口より徒歩2分

料金

入場無料

絵付け体験:大人1,000円、小学生以下500円

問い合わせ

株式会社コミュニティ・ラボ

Tel. 075-754-8528

メール n55@c-lab.co.jp

HP

「和ろうそくのある暮らし展」公式ページ>>

※こちらのページは「株式会社コミュニティ・ラボ」のスポンサーのもと、公開しております。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録