特別展・京(みやこ)のかたな−匠のわざと雅のこころ−

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
miyakonokatana-

(左)国宝 太刀 銘三条(名物三日月宗近) 東京国立博物館
画像提供/東京国立博物館
(右)重要文化財 騎馬武者像 京都国立博物館

京都国立博物館では初となる大規模刀剣展覧会が開催される。平安時代から現代までの山城鍛治を総括するという本展。山城系鍛治を含む国宝刀剣19件を出品する予定で、中には後鳥羽天皇、織田信長、坂本龍馬など歴史上の偉人にゆかりのある刀剣も展示されるとか。また、戦乱を描く合戦絵巻の名品や、伊藤若冲の伏見人形図なども紹介する。京都国立博物館120年の歴史上初の刀剣特別展をお見逃しなく!

日時

2018年9月29日(土)〜11月25日(日)
9:30~18:00(金・土曜は〜20:00)※入館は閉館の30分前まで

前期/9月29日(土)〜10月28日(日) 
後期/10月30日(火)〜11月25日(日)
※前期、後期は主な展示替。一部の作品は、上記以外に展示替を行う。

休み

月曜休 ※10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)休

場所

京都国立博物館 平成知新館【東山七条】
(京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館内)

料金

当日/一般1500円、大学生1200円、高校生700円
前売、団体/一般1300円、大学生1000円、高校生500円

※団体は20名以上
※中学生以下、障害者とその介護者1名は無料(要証明)
※大学生・高校生は学生証の掲示が必要
※前売券は、7月30日(月)~9月28日(金)まで販売

オンラインチケット情報はこちら

問い合わせ

Tel. 075-525-2473(テレホンサービス)

HP

『特別展・京のかたな』公式サイト>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録