【真の芸術性】「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ー江戸の名作品勢ぞろいー」展

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

ukiyoe米国サンタフェ(ニューメキシコ州)在住のリー・ダークス氏は、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心を持って以来、浮世絵版画の名品を収集してきた米国人コレクター。本展覧会では、浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたダークス氏のコレクションが初公開される。 初期の浮世絵から明治・大正時代に至るまでの250年間に及ぶ浮世絵コレクションを、ぜひ実際にご覧あれ。

日時

<前期>2018年7月3日(火)〜8月5日(日)
<後期>2018年8月8日(水)〜9月30日(日)
10:00〜17:00(最終入館/16:30)
※前期・後期で全点展示替え

休み

8月6日(月)・7日(火)休

場所

相国寺承天閣美術館(京都市上京区今出川通烏丸東入上る相国寺門前町701)

料金

<当日>一般1000円、65歳以上・大学生800円、小中高生500円
<前売>一般800円、65歳以上・大学生600円、小中高生300円
※前売券は5月28日(月)〜7月2日(月)までの限定販売

チケット

<前売>チケットぴあ(Pコード:769-039)、ローソンチケット(Lコード:52637)ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど

問い合わせ

相国寺承天閣美術館事務局
Tel. 075-241-0423 

HP

浮世絵最強列伝〜江戸の名作品勢ぞろい〜公式サイト>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録