【年に2回の絶景】美山かやぶきの里 一斉放水

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
kayabukihousui

写真提供/(公社)京都府観光連盟

1993年12月に国の重要伝統的建造物保存地区に選定された南丹市美山町の「美山かやぶきの里」。今もなお38棟ものかやぶき民家が現存しており、四季折々の日本の原風景に出会えるとして多くの観光客が訪れる。毎年、春と秋に行う一斉放水も見どころのひとつ。2000年に美山民族資料館が不審火で焼失したのをきっかけに、防火放水銃の点検を目的として年に2回開催されるようになった。設置された62基の放水銃を一斉に放水した瞬間は、里一面が水のカーテンに包まれるような光景なんだとか。年に2回だけのチャンス、ぜひこの機会に見に行ってみて。

日時

2018年5月20日(日)13:30〜

場所

美山かやぶきの里(京都府南丹市美山町北)

料金

無料

問い合わせ

美山町観光協会
Tel. 0771-75-1906 

HP

美山ナビ かやぶきの里一斉放水>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録