【新たな魅力を発見】ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
171125_A_gohho

フィンセント・ファン・ゴッホ
《画家としての自画像》
1887/88年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

日本初とされるファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトの展覧会が2018年1月20日(土)〜3月4日(日)に開催。

1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホは、様々な刺激を受けながら自らの絵画表現を模索し、そこで大きな役割を果たしたものが日本の浮世絵だったとされている。浮世絵版画を模写した油彩画を描き、構図や色彩を学び取っていたとされ、日本美術がファン・ゴッホに与えた影響を様々な角度から検証、日本との相互の関係にスポットを当て、新たな魅力を紹介。

日時

2018年1月20日(土)~ 3月4日(日)9:30〜17:00
ただし金・土曜は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

休み

月曜 ※ただし2月12日(月)は開館し、2月13日(火)は閉館

場所

京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町26−1)

料金

一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円

チケット

○前売り
一般1,300円、大学生900円、高校生400円
※ 前売券は、2017年11月1日から2018年1月19日までの期間限定発売

・チケット販売所
オンラインチケット(特設サイト)チケットぴあ(Pコード:768-629)、ローソンチケット(Lコード:56554)、セブンチケットイープラスCNプレイガイド、近鉄の主な駅営業所、主要プレイガイドほか   (チケット購入時に手数料がかかる場合あり)

問い合わせ

Tel. 075-761-4111

HP

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 公式サイト>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録