【皇室ゆかりの寺院】聖護院門跡 特別公開

みる

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
syogoinmonzeki

狩野益信筆 謁見之間障壁画

聖護院門跡にある、後水尾天皇が女院のために建立し、のちに下賜された書院が特別公開。金箔で彩られた室内には、幾何学模様の欄間を作り、当時は非常に高価であったギヤマン(ガラス)を付け書院の格子に施すなど、修験道の寺院には珍しく、女性性を感じさせる。本邦初公開の狩野探幽筆『釈迦三尊像』や重要文化財である本尊 不動明王像、後水尾天皇建立の書院、狩野派による宸殿障壁画100余などが公開。

日時

2017年9月16日(土)10:00〜16:00(受付終了)※10月13〜15日、11月28日は休、11月29日は行事のため区域を限定して自由拝観

場所

聖護院門跡(京都市左京区聖護院中町15)

料金

拝観料/大人800円、中高大学生600円、小学生以下無料

問い合わせ

聖護院門跡
Tel. 075-771-1880

HP

聖護院公式サイト>>

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録