『国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話』

世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館のコレクションの中から約130点が海を超えて京都へやってくる。うち100点は日本初公開という見逃せない今回の展示は、古代エジプト人が信じた「天地創造の神話」をテーマにしたドラマチックな内容。長さ4mを超える『タレメチュエンバステトの「死者の書」』、美しい装飾に惹き込まれる『タイレトカプの人型木棺(外棺)』など、死後の世界を楽園で暮らせると信じた人々の思いが形となった品々は見応えあり。古代エジプトにおいて、世界とはどのように生まれたと考えられていたか、そして、単なる王様という印象を持たれているファラオの真の役割とは…。悠久の時を超えて現代に残された貴重な品々から、古代エジプト神話の世界を解き明かす。

パレメチュシグのミイラ・マスク/後50 〜後100年頃© Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum<br />
und Papyrussammlung/M. Büsing

パレメチュシグのミイラ・マスク/後50 〜後100年頃© Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum

und Papyrussammlung/M. Büsing

東京会場風景(第2章)撮影:山本倫子

東京会場風景(第2章)撮影:山本倫子

場所: 京都市京セラ美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
TEL: 075-771-4334
休み: 月曜休(祝日の場合は開館・入場は閉館の30分前まで)
料金: 一般2000円、大学・高校生1500円、小・中学生900円
日時: 2021年04月17日(土) 〜 2021年06月27日(日)
10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
HP: