ビックリのDNAを引き継ぐ[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]

teppen00

ノスタルジックな雰囲気漂う[チャイニーズ きんちゃん]の店主・宮北さんからの紹介で訪れたのは・・・

※前回の様子はコチラから

kinchan_staff

教えてくれたのはこの方!
店主・宮北 幸治さん

[チャイニーズ きんちゃん]

住所/京都市伏見区 深草一ノ坪町41

営業時間/11:30〜21:45

定休日/木曜(祝日の場合営業、翌日休)

TEL/075-642-9084

公式Facebook >>

ビックリのDNAを引き継ぐ[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]です。オススメの理由を[チャイニーズ きんちゃん]の店主・宮北さんにお伺いしました。

Q.) [お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]さんを、今回ご紹介してくださった理由を教えてください!

コスパがすごくよくおいしいお酒、鉄板焼き、お好み焼きがおなかいっぱい食べられます。

Q.) おすすめメニューを教えてください!

「名物!ホルモンミックス」です。すごくお酒が進みます(笑)

仕事が休みの日、お酒を飲みながら食べたい時に行くという宮北さん。[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]さんは、以前に月刊誌Leaf2014年7月号「味わい深い街 伏見・宇治・城陽へ」特集でも紹介させていただいた、地元・伏見で人気のお店。鉄板からはみ出しそうな直径40cmもあるお好み焼き「UFO」に挑戦して以来の再訪です。

今回も伏見桃山駅を下車後、お馴染みの伏見大手筋商店街を通り、二筋ほど西へ。

teppen01

毛利橋通まで北上すること約5分

teppen02

「お好み焼き・鉄板焼き テッペン。」の看板を発見しました!

teppen_tenshu

石川 雄己さん(左)、奥野 登さん(右)

[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]

住所/京都市伏見区新町6丁目473−4 MAP

営業時間/11:00〜14:30(LO/14:00)、17:00〜23:00(LO/22:30)

定休日/月曜

TEL/075-603-3100

お好み焼き・鉄板焼き テッペン。 公式サイト>>

teppen03

お店の入口には、Leafの記事も貼っていただいてます!

暖簾をくぐると、笑顔で出迎えてくれた店主の石川さんと奥野さん。ふたりは小・中・高校と一緒に、この街・伏見で過ごした同級生。こちらの[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]は、実は安くてボリューム満点の店としてこの場所で25年間愛されてきた[ビックリ]を引き継いでオープンしたお店

ある日、馴染みの[ビックリ]の店前を通りかかると閉店していることを発見。かつてこちらでアルバイト経験もあったという石川さんはすぐに[ビックリ]のお母さんに電話をしたそう。足繁く通っていた思い出のこのお店がなくなってしまったことにショックを感じたふたりは、お店を継ぎたいと懇願。これまでも、閉店したことを残念に思い、継ぎたいという声はたくさんあったそうですが、アルバイトもしてくれて、この味をずっと好いてくれているふたりならと、お母さんもこのお店と味をふたりに預けることを快諾してくれたそう。

teppen04

店内の様子は[ビックリ]の当時のまま。
懐かしさ感じる机や椅子もその頃のまま使用

そして、お店を継ぐと決まってからは、お母さんの愛情溢れるスパルタ指導がスタート。短期間で馴染みの味やメニューを全て教えてもらい、2012年にはれてオープン。

今では、[ビックリ]の頃からの常連さんをはじめ、[好み焼き・鉄板焼き テッペン。]になってからの新しいお客さんもどんどん増えているそう。

それでは、[チャイニーズ きんちゃん]の店主・宮北さんオススメの「名物!ホルモンミックス」をいただくことに!

teppen05

名物!ホルモンミックス 1380円(税込)

卸から直接仕入れるホルモンは、ホソやアギなど3種類を使用。じゅわーーっと熱々の鉄板に乗せられたホルモンミックスは、香ばしいオリジナルの味噌ダレの香りが食欲をそそります。

さぁ、早速いただきます!ぷりっぷりのホルモンとシャキシャキのモヤシやキャベツ、ネギ...「お酒が進むように少し濃い目に味付てます」とのコメントの通り、ひと口食べるとビールやハイボールを片手に準備したくなります。[チャイニーズ きんちゃん]の店主・宮北さんの「お酒が進みます(笑)」というコメントに強く同意!"名物"の冠がふさわしい、必食の一品でした。

次に[好み焼き・鉄板焼き テッペン。]のおすすめメニューをお伺いすると、[ビックリ]のあの味をそのまま再現したこちらのメニューを紹介してくれました。

teppen06

広島風お好み焼き ミックス 850円(税込)

[ビックリ]のオープン時、この辺りでは本格的なものがまだまだなかったそうで、一気に看板メニューとなった広島風お好み焼き。当時と変わらないこの味は、今でも多くのお客さんが注文する一品となっています。

teppen07

ソースは甘口から、辛口、激辛まで好みに合わせて自分で選択

teppen08

中には、豚肉、イカ、エビ、牛肉に、
キャベツやモヤシ、ソバと盛りだくさん

約20cmもある広島風お好み焼きはボリューム満点。こんなに大きなサイズを平らげられるのか...と思いますが、野菜もたっぷりなので、80歳のおばあちゃんでもぺろっと平らげてしまうのだそう。

もっと大きいサイズも挑戦できる!という方には、鉄板からはみ出てしまいそうな直径約40cmもあるこちらもおすすめ。

teppen09

UFO 1800円(税込)

ネギ焼き、ベタ焼き、関西風お好み焼きの3層になっているので、いろいろな味を楽しむことができます。

お持ち帰りの豚玉が350円(税込)だったり、通常600円のお好み焼きに100円足すだけで大きさが2倍になるサービスなど、驚く価格は[ビックリ]当時のまま。採算度返しの価格はまさに"びっくり"です。

[ビックリ]のオープン当初からの常連さんから、店主のふたりが知らない頃のお店の話しを教えてもらうなど、今でも地元の方々に愛されていることを実感しているのだとか。元々の味を大切に受け継ぎながら、石川さんと奥野さんのスパイスも加わり、テッペンを目指して、これからも進化していく[お好み焼き・鉄板焼き テッペン。]に、これからも注目していきたいと思います!

次回はこの街で愛される、あの洋食屋さんへ。ヒントはこちら!

teppen10

※記事内に記載の内容は、2017年5月時点の内容となります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録