アットホームな空間で季節野菜を味わえる[もしも屋]

vol.006_top.jpg


心落ち着くカフェ&バー[JAPONICA]の店主・坂本さんが癒しを求めて訪れるお店とは・・・
前回の様子はコチラ

vol.006_shoukaibito_

教えてくれたのはこの方!
店主・坂本 光優さん

[JAPONICA]

京都市中京区寺町通御池上ル 上本能寺前町476 アシストビルB1

営業時間:11:30~24:00(LO/23:00)
TEL:075-211-8580
定休日:無休
HP: http://www.japonica-cafe.com/

寺町五条上ったところ、赤い煙突が目印の[もしも屋]です。[JAPONICA]の店主・坂本さんは普段どういった時に訪れるのでしょうか?

Q.)どういった時に[もしも屋]を訪れるのですか?

ちょっと時間が出来た時に一人でぷら~っと行くことが多いですね。アットホームな空間が居心地がいいですよ。あとは野菜を食べたい時も立ち寄ることが多いですね。旬の野菜をたっぷりと使った料理を味わえます。特に女性にオススメですね。

Q.)特にオススメなメニューはありますか?

ガッツリ飯を食べたい時は「麻婆豆腐」を頼みます。絶妙な辛さがさらに食欲を刺激してご飯もすすみます。もう1つは「季節野菜のフリット」です。お酒のおともにピッタリ。いろんな野菜を味わえるのもいいですね。

" 季節野菜 "というワードに早くも興味津々♪どんな方が出迎えてくださるのでしょう。

vol.006_001.jpg赤い煙突を目印に[もしも屋]に到着!

vol.006_002.jpg文字が特徴的な看板に数々の観葉植物・・・
早くも店主の世界観がじわじわとにじみ出ています。

vol.006_003.jpg開いた窓から「こんにちは~!」と声をかけてくださったのは、
[もしも屋]店主の河崎さんです。

 

vol.006_tensyu_

店主・河崎 かなみさん

[もしも屋]

京都市下京区寺町五条上ル西橋詰町771-1

営業時間:ランチ(木・金・土のみ) 11:30~14:30(LO)
       夜ごはん 17:30~23:00(LO)
TEL:075-748-1181
定休日:月曜日+不定休
HP:http://moshimo-ya.com/

扉を開けると奥に長く空間が広がり、所どころに可愛らしい雑貨が並びます。これらは[もしも屋]店主の河崎さんが海外旅行などで買ったアイテムなのだそう。

vol.006_004.jpg

vol.006_007.jpgvol.006_008.jpgvol.006_006.jpgvol.006_005.jpg

イスは学生時代を思い出す懐かしいものもあります。こういった家具類は知人の作品のものが多いのだとか。

vol.006_009.jpg

店主・河崎さんワールドで溢れる空間は家に帰ってきたように居心地がよく、ついつい長居をしたくなります。店内には先日10/7に一周年を迎えたことを祝う常連さんからのお祝いの品もあり、[JAPONICA]の坂本さん同様、[もしも屋]ファンが多いことが分かりますね。

vol.006_010.jpg

続いては、そんな[もしも屋]ファンの一人、[JAPONICA]の坂本さんがオススメするメニューについてご紹介いただきましょう。

まずは「麻婆豆腐」です。やや辛めで食べれば体も温まる一品。専用の器を直火にかけてアツアツで食べることができます。

vol.006_011.jpg「麻婆豆腐」800円(税込)、ご飯(玄米)のセットは950円(税込)

2品目は「季節野菜のフリット」です。農家直送の旬の野菜を使用するため、季節によって異なるそう。塩だけをつけて、ぜひ素材の味を楽しんでほしいとのこと。

vol.006_012.jpg「季節野菜のフリット」700円(税込)。※写真は菊芋

[もしも屋]の野菜は農家直送ということで、河崎さんも初めて見る野菜があり、そんな新しい食材との出合いが新メニュー誕生につながることもあるそう。訪れる度に楽しみがありますね。

vol.006_013.jpgある日のメニュー

さて、店内の奥に進むと、ピアノやギターなどの楽器が置かれているスペースがあります。ここで月に2回ほどアコースティック系のライブを開催。アコースティック系なので、ご飯を食べながらまったりと過ごせそうです♪

vol.006_014.jpg
開放感のある広々とした空間に彩りを添えるように並ぶ河崎さんのアイテム。まるで自宅に招かれたような気分になりながら、旬の季節野菜を味わうことができますよ!

 

さて!次回は今話題の○○飲み屋さんへ数珠つなぎ。ヒントはこちら!

vol.006_015.jpg