葵祭と『源氏物語』の中の魔性

5月、京都三大祭のひとつ「葵祭」の季節がやって来た。

古来より、一年を通して京都は祭礼の宝庫だった。江戸時代の初期、京都で暮らした儒医・黒川道祐の著『日次紀事(ひなみきじ)』によると、一年間に1,500以上もの行事があったとされている。

その中でも、祭といえばこれを指すといわれたのが、葵祭だった。千年以上の伝統を持つ賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、古くは「賀茂祭」といい、今のように葵祭と呼ばれるようになったのは、元禄期になってからだとのこと。

aoimatsuri01

約110年前に発行された絵葉書の葵祭。
京都加茂葵祭と書かれている(著者所蔵)

aoimatsuri02

下鴨神社桜門

そもそも「祭」は、神を迎えることにあった。葵祭では神を迎えるのに欠かせない植物がある。祭の主役「斎王代」が髪に挿し、祭儀に関わる人や牛車に至るまで飾られるアオイ科のフタバアオイである。昔、アオイは「あふひ」と書いた。この祭礼では「あふ」は逢う、「ひ」は神の力を表すとされ、古歌では「逢う日」とかけて用いられることが多いが、「神と逢う日」に通じるということだろうか。一度の祭礼で約1万枚ほどが使用され、重要な役割を担ってきた。また、賀茂神社の神紋であり、祭の名の由来となったことでも知られる。

aoimatsuri03

フタバアオイ
photolibrary

さて、この葵祭だが、昔も見物客がすごかった。平安時代、見物客の熱気ぶりを象徴的に取り上げているのが、世界最古の小説といわれる『源氏物語』だろう。

その第九帖「葵」で描かれる葵上と六条御息所との車争いの場面を読むと、それは斎王御禊の神事の日で、大路は牛車を止める場所もないほど、見物客でごったがえしていた。その中に、目立たぬよう古びた網代車に乗り、人知れず光源氏の晴れ姿をひと目見ようとしていた高貴な人の姿があった。光源氏の元恋人・六条御息所である。ところが、彼女の車は後からやって来た光源氏の正妻・葵上の牛車に押しのけられ、車まで壊され、大勢の見物客の前で恥をかかされる。プライドの高い御息所は葵上への嫉妬と屈辱から生き霊となって葵上に取り憑き、とうとう殺してしまう。女の執念の怖ろしさと哀しさを描いた名場面の一つである。

aoimatsuri04

葵祭の牛車

神を迎える当時の代表的な祭礼と女の執念を絡めて物語をドラマティックに演出していった紫式部の構想には、脱帽させられる。

この車争いに描かれた場面は、あながちフィクションというわけでもなかった。実際、平安時代以前の祭礼時には、やはり大勢の見物客が詰めかけ、何度も乱闘騒ぎが起こり、死者まで出していたそうだ。危険だというので禁令が出されたこともあったという。

ところで、葵祭に欠かせない植物「フタバアオイ」だが、近年、自生数が激減しているらしい。フタバアオイを保護・育成するプロジェクトが立ち上がっていると聞いた。葵祭も、フタバアオイも、先の時代へと受け継がれていくことを祈りながら、今年も15日に行われる優雅な王朝行列を沿道で見守りたい。

aoimatsuri05

葵祭の参向行列

aoimatsuri06

葵祭の花笠

幻の巨椋池と「人面瘡」の奇談

かつて京都に、市街地の約半分がすっぽり入るほどの巨大な池「巨椋池(おぐらいけ)」があったことを知る人は少ないと聞いている。

池は京都の南、宇治川・木津川・桂川の三大河川が合流する遊水地帯にあった。大きさは周囲約16km、面積約800ヘクタールだったという。太古にあった旧山城湖の名残で、万葉集で柿本人麻呂が「巨椋の入江響るなり射目人の 伏見が田居に雁渡るらし」詠んだことでも知られる景勝地だった。また蓮の名所として、昭和初期まで「蓮見の舟」が出て、夏の風物詩となっていた。

oguraike01

巨椋池
『京都府史蹟勝地調査会報告. 第8冊』(昭和2)
(国立国会図書館ウェブサイトより転載)

また、桓武天皇が平安京に遷都する際、巨椋池は陰陽道でいう四神相応図(東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武)の朱雀にあたるとされ、都の南を守護する役目を果たしてきた。その巨椋池も時代と共に形を変え、昭和8年から始まった国の干拓事業によって、地図上から姿を消した。今、跡地には向島ニュータウンや工場、水田が広がっている。

oguraike02

昔なら巨椋池の中にある向島駅から、
現在の巨椋池干拓地を望む

ところで、この巨椋池には風光明媚なイメージとも、朱雀としての役割とも相反する、奇っ怪な伝説が残っている。江戸時代初期に発刊された怪談集『伽婢子(とぎぼうこ)』の中の「人面瘡(じんめんそう)」という話が、それだ。

昔、巨椋で農業をしている男が高熱とひどい寒気にくり返し襲われた。病状は悪化し、左股の上にデキモノができて痛んだ。しだいにそのデキモノは大きくなり、とうとう人間の顔そっくりになった。ためしに男がデキモノの口に酒を注ぐと、ごくごくと呑み干し、ご飯を与えるともぐもぐと飲み込んだ。デキモノが何かを口に含んでいる時だけ、痛みが消えた。痛いわ、気味が悪いわで、方々の医者に診せたがどうにもならない。

そこへ諸国行脚している僧が巡り合わせ、片っ端から様々なものをデキモノに食べさせた。すると、貝母(ばいも)だけは決して食べようとしなかった。そこで僧は貝母を粉にして葦の筒に詰め、デキモノの口にねじ込み、吹き入れ続けた結果、デキモノにかさぶたが出き、完治したという。

この治療薬に使われた貝母はユリ科の植物で、漢方薬でもあるようだ。それにしても、なぜ、この地域で気味の悪い伝説が生まれたのだろうか。ヒントは、この巨大な池が消失した理由のひとつに隠されていた。

実は、巨椋池の干拓事業は、水質の汚染によって発生する風土病「オコリ」や度重なる洪水の被害を防止するためだったときく。オコリというのは、発熱と悪寒を繰り返すマラリアのような病気とのこと。昭和初期、死滅湖となっていた巨椋池は蚊の発生源となり、池周辺でマラリアが大発生し、沿岸の19町村がマラリヤ流行指定地とされている。地元の人たちはそれをオコリと呼んで恐れたときくが、症状は「人面瘡」の男と似ている。昔から池の周辺ではオコリが周期的に発生し、こういった怪談を生んだのかもしれない。

oguraike03

マラリア指定地図
『「マラリア」予防撲滅事業成績調査報告』(昭和11)
(国立国会図書館ウェブサイトより転載)

今、巨椋池の周辺は様変わりして、往時の姿を偲ぶことはできない。だが取材中に、地元の資料館の方から興味深い話を伺った。

というのも、一見、池は消滅したように見えるが、実際は水田や住宅街の下に、碁盤の目のように描かれた承水溝水路、排水幹線水路が縦横に走っていて、池の水は今も周囲の田畑を潤しているというのだ。それに今でも、水田の土を起こせば蓮の種が出てくるという。

確かに周辺を歩いていると、あちこちに排水溝が見られ、ちょろちょろと水音がする。平安京の朱雀・巨椋池は失われたのでなく、姿を変えただけだった! 池が生き続け、人が生き続ける以上、この先、また新たな巨椋池の伝説が生まれても不思議ではない。

oguraike04

「0の通り」という面白い通り。
昔の巨椋池の中にある

京の桜の不思議と言い伝え

桜には水を生ずる徳があり、これによって火災の恐れがないとされ、京都を「花洛」と呼んだという……。

古より、京の人たちは桜に魅了され、語り、受け継いできた。円山公園や哲学の道、京都御苑、嵐山や清水寺など、桜の名所はどこも花見客でにぎわう。この花見、平安時代初めに嵯峨天皇(在位809~823)が神泉苑に行幸して「花宴」を催したのを、その始まりとする。その後、桜を「花の木」とし、桜こそ花の代表だという考え方が定着、花宴もまた歴代天皇によって踏襲されていく。

1704sakura01

京都御苑

ところで、桜は愛でるだけでなく、歴史の中のさまざまなシチュエーションで演出されてきた。

ひとつの例が、北区にある千本釈迦堂の「普賢象桜」だろう。

1704sakura02

千本釈迦堂の普賢象桜

毎年、境内ではソメイヨシノが散る頃、普賢象桜が花を咲かせる。この桜は花弁が、一枚ずつ散るのではなく、花の房ごとポトリと落ちる。その様子が首を切られる獄舎の囚人を想像させたのか、獄舎に縁があった。

1704sakura03

千本釈迦堂の普賢象桜の散った様子

江戸時代、この普賢象桜の枝を手折って所司代(京都の市政を行うため安土桃山、江戸時代におかれた職)に献上し、代わりに米三石五斗もらうのが慣例になっていたそうだ。桜は刑死人を供養するため、獄舎に飾られたという。春先に刑死が決まった罪人は桜の花を手に持ったまま、斬首されたとの話もある。一説には、囚人たちに普賢象桜を見せて仏心を起こさせたとも聞くが。

鎌倉時代、右京区の嵯峨釈迦堂(清凉寺)では、桜の開花時期に大念仏会が催されていた。桜の風情に誘われて大勢の人たちが寺に集まり、念仏を合唱して仏に結縁したという。満開の桜の美しさは人々の心を開かせ、念仏の唱和と相まって極楽浄土を連想させて陶酔感が増していった様子は想像にかたくない。人が桜を見て癒やされ心浮き立つのは、今も昔も変わらない。

ほかにも桜にまつわるちょっと変わった言い伝えに出会えた。

西京区にある大原野神社には、「千眼桜」と呼ばれる桜がある。ぼんぼりのような花房を持つ枝垂れ桜で、遠くから見ると、たくさん眼があるように見えることから、そう呼ばれるようになった。開花時期が短く2、3日で散ってしまうため、なかなか満開時を見ることが難しく、幻の桜といわれる。運良く満開の桜に出会えたなら、千眼、つまり千の願いが叶うとのこと。一言だけ願いを叶えてくれる一言地蔵というのは聞くけれど、千の願いを叶えてくれるというのは、めったにない。ぜひ、満開時に出会ってみたいものだ。

1704sakura04

大原野神社の千眼桜

右京区御室仁和寺の「御室桜」は、遅咲きとして親しまれてきた。特徴的なのは木の背丈が低いこと。

1704sakura05

御室の桜
(著者所蔵 約90年前の古絵葉書)

「わたしゃお多福 おむろの桜 はなが低うても 人が好(す)く」と歌われ、お多福桜とも呼ばれる。花を鼻にかけ、昔は鼻の低い女性を御室桜とからかったりしたが、江戸時代から庶民の桜として人気があり、けして悪口というわけでもないようだ。

また、「時雨桜」と呼ばれる不思議な桜がある。右京区愛宕山麓にある月輪寺の桜は、親鸞上人お手植えと伝わり、枝葉が涙を流すという。この桜は流罪になる親鸞上人の涙だとも、上人との別れを惜しむ涙ともされ、「草木さえ情あり」として知られる。開花時期は遅めの四月中旬から五月頃だとのことで、今年は会いに行きたい。

今年は桜の開花が遅いようだが、花洛の名にふさわしく、少しでも長く咲いて、さまざまな表情を見せてほしいものだ。

百鬼夜行が出没する、平安京の妖怪ストリート「あわわの辻」

平安時代、都で名高い妖怪ストリートが存在した。平安時代最強の陰陽師・安倍晴明が式神を隠した一条戻橋に通じる一条大路、今の一条通りだ。この通りは当時の平安京の最北端に当たり、それより先は都人にとって異界の地であった。今でも妖怪ストリートとして、一条通り大将軍商店街では、それぞれ店舗前に個性的な妖怪たちのオブジェがお目見えし、「まちおこし」に一役買っている。

byakkiyakou_01

大将軍商店街(一条妖怪ストリート)

byakkiyakou_02

お店の前に立つ妖怪

ところで当時、都には、この一条大路のほかにもうひとつ、百鬼夜行が出没するスポットがあった。平安貴族たちは夜、そこを通り掛かるのをひどく恐れていたという。それは大内裏の東南角、二条大路と大宮大路が交わる二条大宮の辻であった。

大内裏の裏鬼門にあたるこの辻は、「あわわの辻」と呼ばれ、百鬼夜行が出没する、と都人から忌まれていた。ちょっとユニークな辻の名は、百鬼夜行に遭遇して仰天し、「あわわ」と悲鳴をあげて一目散に逃げた様子からとも聞くが……。

その「百鬼夜行」、妖怪たちが列を成して徘徊することをいい、出食わすと大病を患うか、運が悪ければ死に至るといわれるのだから、たまらない。

しかも、この「あわわの辻」は安倍晴明ゆかりの辻でもあるようだ。晴明がまだ幼かった頃、師匠の賀茂忠行の共をして歩いていて百鬼夜行に遭い、いち早く気づいて忠行に知らせたおかげで難を逃れたというエピソードが伝わる。

また、『今昔物語集』や『大鏡』には、この辻で貴族が百鬼夜行に遭い、尊勝陀羅尼(そんしょうだらに)の護符を衣に縫いつけていたため無事だったという話が載る。尊勝陀羅尼の護符は、先の一条大路でも百鬼夜行に威力を発揮した話があって、その時は護符が火を噴いたので、妖怪たちは慌てふためいて逃げてしまったそうだ。

当時は、妖怪たちが出歩くと信じられていた忌夜行日というものがあり、その日の夜は極力、出掛けるのを避けていた。中世の百科事典的書物『拾芥抄(しゅうがいしょう)』には、実際に忌夜行日が記されているのだから、迷信と笑ってはいられなかったのだ。

byakkiyakou_03

『百鬼夜行絵巻』
(国会デジタルコレクションより転載)

さて、現在の「あわわの辻」へ足を向けてみた。が、残念(!?)なことに、辻自体が失われていた。平安時代にあった二条大宮の辻は、今では二条城の城内に組み込まれてしまっていた。ちょうど二条城を訪ねた時、まだ五分咲き桜だというのに、城内は外国からの観光客も含めて大賑わい。百鬼夜行に遭遇しそうな雰囲気は、どこにも感じられなかった。

byakkiyakou_04

大内裏の東南角は二条城にあたる

では、人の世で大手を振って夜行できる場所を失った妖怪たちはどこへ去ってしまったのだろうか。

きっと千年を経てなお、京の街の片隅にひっそりと身を隠し、再び人びとを驚かし惑わす機会を狙っているのかもしれない。

街は一晩中、煌々としているのに、ふと、路地を曲がった瞬間、何か得体の知れないモノが息を潜めているような気配を感じることがよくある。町家の物陰、ビルの一角に不自然にぽつんと残された古木、新築マンションに施された北東の鬼門除け、家の角のいけず石など。それらは、モノノケたちの存在を許容する器を持つ、京都という街ならではの個性なのではないか。

花見シーズンの到来の夜更け、ほろ酔いの花見客に誘われて、浮かれ出た百鬼夜行と遭遇するかもしれない……。

京都最強の都市伝説~深泥池の幽霊騒動

昭和50年代後半から平成にかけて、口裂け女やトイレの花子さんなどの都市伝説が日本中を席巻し、社会現象を巻き起こした。その走り的存在で当時、話題騒然となり、今になっても密かに語り継がれる都市伝説が、京都に実存する。「深泥池の幽霊騒動」である。

midorogaike01

深泥池

市内を南北に走る鞍馬街道を北へ、北山の住宅街を抜け、宝ヶ池の西側に広がる湿地帯の中央に深泥池はある。周囲1.5Km、面積9haの京都最古の天然池で、氷河期からの動植物群が生き続けているというのだから、驚きだ。池はその名のとおり、泥が数メートル堆積し、足を踏み入れると抜け出せない、底なし沼だといわれる。そして、この池をさらに有名にしたのが、例の都市伝説だった。

midorogaike02

深泥池の水深

しょぼしょぼ雨が降る深夜、深泥池の近くで一台のタクシーが雨に濡れた女の乗客を拾った。女は髪が長く、白いワンピースを着ていた。運転手が行き先を尋ねると、うつむいたまま、「山科区上花山××へ」と告げる。

運転手は、おや、と思った。その場所は火葬場しかない。

「こんな夜中に、いったい何の用があるのやろか……」と思いつつ、タクシーを走らせた。

と、その途中、ふとバックミラー越しに後部を覗いた運転手は、ぎくり、とした。ミラーに女の客が映っていない。慌ててタクシーを停めて振り返ると、誰もいない後部座席のシートが、ぐっしょりと濡れていた――。

よく流布されるタイプの都市伝説であるが、この話には続きがあった。

タクシーの運転手が「客の女性を車から落としてしまった」と、真っ青になって近くの交番に駆け込んだという。だが、運転手が言う現場へ駆けつけて捜索したものの、その痕跡や目撃者はなかったそうである。こういう奇妙な出来事が、その後、何度も起こったという。

ライター仲間の一人は、当時、その事件でタクシーの運転手が駆け込んできた交番で、事情聴取をした元巡査からもこの話を聞いているというから、かなり信憑性のある都市伝説といえる。

ところで、この女の乗客の行き先だった上花山の火葬場の北側には、「出る」と囁かれる京都三大トンネルのひとつ、花山洞(トンネル)がある。古くは風葬地・鳥辺野を通り抜ける渋谷街道にあり、江戸時代には道がぬかるんで歩きにくかったことから、「汁谷(しるたに)街道」と呼ばれていた。この名は「死人谷(しびとだに)」から来たともいわれている。

明治になってこの街道に花山トンネル(花山洞)が開通、さらに昭和42年に車の往来を主とした東山トンネルが完成し、以来、車両はそちらを通るようになったことから、現在、花山洞は自転車と歩行者専用トンネルとなっている。

花山トンネルを東山区側から歩いてみた。トンネルで着物の女の幽霊を見たとか、足音だけが後をついてくるとか、さまざまな噂がある。確かに、周辺やトンネルにはそういった噂が生まれても不思議でない雰囲気が漂う。

midorogaike03

旧花山トンネル(東山方面)

midorogaike04

山科方面には「花山洞」の名前が刻まれている

隣接する東山トンネルは常に車両が行き交っているのに、こちらはすっかり時代の遺物的存在だ。幸い、着物の女にも何モノかの足音にもつけられず、無事、山科区側に出た。ああ、例の深泥池の幽霊騒動の女性客が告げた行き先はこのすぐ南側の上花山だったな、とそちらを眺めようとしたその時、足元に小さな影が踊り出た。

ひっ、と私は声をあげた。

振り返った小さな影は……、なんとも可愛らしいサバトラの猫だった!

火葬場も都市伝説も関係ない、車通りがなくて安全な縄張りをオレ様は確保したのだ、とでもいわんばかりに、猫は、ニャー、と啼いて脇の草むらへ姿を消した。

midorogaike05

トンネルを越えてすぐ出会った猫

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

https://lin.ee/13Cmapl

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中