葵祭と『源氏物語』の中の魔性

5月、京都三大祭のひとつ「葵祭」の季節がやって来た。 古来より、一年を通して京都は祭礼の宝庫だった。江戸時代の初期、京都で暮らした儒医・黒川道祐の著『日次紀事(ひなみきじ)』によると、一年間 ...

幻の巨椋池と「人面瘡」の奇談

かつて京都に、市街地の約半分がすっぽり入るほどの巨大な池「巨椋池(おぐらいけ)」があったことを知る人は少ないと聞いている。 池は京都の南、宇治川・木津川・桂川の三大河川が合流する遊水地帯にあ ...

京の桜の不思議と言い伝え

桜には水を生ずる徳があり、これによって火災の恐れがないとされ、京都を「花洛」と呼んだという……。 古より、京の人たちは桜に魅了され、語り、受け継いできた。円山公園や哲学の道、京都御苑、嵐山や ...

百鬼夜行が出没する、平安京の妖怪ストリート「あわわの辻」

平安時代、都で名高い妖怪ストリートが存在した。平安時代最強の陰陽師・安倍晴明が式神を隠した一条戻橋に通じる一条大路、今の一条通りだ。この通りは当時の平安京の最北端に当たり、それより先は都人に ...

京都最強の都市伝説~深泥池の幽霊騒動

昭和50年代後半から平成にかけて、口裂け女やトイレの花子さんなどの都市伝説が日本中を席巻し、社会現象を巻き起こした。その走り的存在で当時、話題騒然となり、今になっても密かに語り継がれる都市伝 ...

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中