幻の紙芝居「コケカキイキイ」

先日、紙芝居百年展の取材で京都国際マンガミュージアムに行ってきました!
初めてヤッサンの紙芝居見ましたが、面白くて、思わず何回も笑ってしまいました。

期間中、水あめ工作のワークショップも行われています。
くるくるっと水あめを棒でまいて、煎餅ではさんで、ソースで絵を書きます。
うさぎとかライオンとか自分の好きなものを作ります。
(写真はクリックで大きくなります)

私が作ったえんどう豆くん。
早速、試食しましたが、水あめと煎餅とソースのハーモニーが
なかなかよかったです(^-^)♪
紙芝居百年展では
鬼太郎誕生の話しなどが描かれた
水木しげるの『墓場鬼太郎』が置かれていて手にとって読めます。
幻の紙芝居「コケカキイキイ」も初公開されてます!
お話しの内容も絵もなんかすごいです。
インパクトありすぎでした。
写真撮影は禁止です。
実物はマンガミュージアムでお確かめを。
「コケカキイキイ」という言葉の響きが頭に残ります。
コケカキイキイ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です