マヤ紅梅が満開

東福寺の境内にあるマヤ紅梅が満開に咲いていました!
    
   
龍吟庵浴室・東司の取材の折、
東福寺の爾さんに修行僧の厳しい生活の一端をおききしました。
お話によると、
修行中はトイレも自由に行けなくて、1時間弱、禅堂の周りを
歩きながら坐禅するときに、さっとトイレに行かなければならないとか。
お風呂には、四九日(しくにち)の4と9のつく日しか入れないそうです。
夜の12時に寝て、朝の3時に起きて、朝ご飯は4時とか。
それ、朝ごはんというより夜食じゃないですか!?
自分なら1日で逃亡か。あるいは意外に忍耐強いので案外…。
  
三門(国宝・室町)               禅堂(重文・南北朝)
                          中世期より現存する最大最古の禅堂 
(写真はクリックで大きくなります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です