羽觴(うしょう)

城南宮さんの曲水の宴の羽觴(うしょう)

羽は鳥の羽根、觴は盃の意味。
曲水の宴の古い絵には、盃をそのまま流したもの、
四角の板の上にのせていたり様々あるそうです。
城南宮さんの曲水の宴の羽觴は、
京都御所に伝わるもので、桧材に彩色。

羽觴の渋滞!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です