大丸京都店「歳末 大北海道市」で今年の注目冬グルメをチェックしてきた!

みなさん、こんにちは。寒いから引きこもるのではなく、冬だからこそのグルメを求めて出かけたい!と思う根っからの食いしん坊なWebLeafスタッフです。

この時期にWebLeafスタッフが楽しみで堪らないイベントが今年もやってきました!そう...!それは、大丸京都店で今年も開催されている「歳末 大北海道市」です。今年の期間は、12月15日(日)〜29日(日)まで。今回も札幌在住の通称・北のハンターと呼ばれているバイヤーの本田さんが厳選した、ツヤッツヤに輝く魚介類、ジューシーなお肉類、濃厚なミルクの美味しさが際立つスイーツ・パン類など、大自然が生み出した究極グルメが揃います。

もちろん今回も黙ってはいられない!ということで、早速会場に行ってきましたーー!

daimaru_hokkaido_19_01
「歳末 大北海道市」にやってきましたー!
今回も、大丸京都店の7階催会場へ向かいます!

daimaru_hokkaido_19_02
冬の味覚、毛ガニを発見!
ちょっとした理由でお値打ちな毛ガニなどのカニコーナーは初企画なんだとか

その中でも目玉イベントは、期間限定で京都初出店される「HTB北海道テレビ」のグッズショップ。北海道テレビといえば、大泉洋さんなどが出演する人気番組『水曜どうでしょう』が6年ぶりの新作の放送が決定したことでも話題ですよね。そんな『水曜どうでしょう』のグッズや、HTBのマスコットキャラクターonちゃんのグッズも登場するそうです。

また、コラボスイーツも用意されているそうで、onちゃん・okちゃん・noちゃんの「onちゃんズ」が描かれた10個のジェラートが乗った各日125個限定の「10(テン)こ盛り!onちゃんズ」(1個)1,700円(税込)などが販売されます。とってもかわいいスイーツばかりなので、会場で見つけてにてくださいね!HTBグッズショップ、コラボスイーツは12月22日(日)までなので、お見逃しなく。

それでは早速「大北海道市」の注目グルメに突撃取材させていただきます!

daimaru_kyoto_hokkaido_2019
会場図はこんな感じ!
拡大図はこちら>>

WebLeafがおすすめする、
大丸京都店「歳末 大北海道市」注目5大グルメはこちら


1."KING OF RAMEN"に決定!鶏のレバーペーストを溶かしていただく味噌ラーメン
2.お玉一杯のいくらがドーン!彩り鮮やか海鮮丼
3.人気店のチーズが乗っている!ルタオサンデー
4.行列必至!生地もメロン色なめろんぱん・めろん食パン
5.テイクアウトでゆっくり食べたい!豪華海鮮弁当


PickUp①
"KING OF RAMEN"に決定!鶏のレバーペーストを溶かしていただく味噌ラーメン

まず向かったのは、「大北海道市」で毎度注目のラーメンコーナー。京都のラーメンとは違った味に出会えるとあって、毎回楽しみのひとつとなっています。

今回ご紹介するのは、関西地区初出店で、札幌に3店舗を構える大人気の[雨は、やさしく]。こちらの店舗がどれだけ人気かというと、北海道を代表する芸能人、大泉洋さん、安田顕さん、戸次重幸さん、音尾琢真さん、鈴井貴之さんの演劇ユニットTEAM NACS(チーム・ナックス)の5人が、HTB北海道テレビの深夜番組「ハナタレナックス」で"KING OF RAMEN"と選んだほど。北海道出身の方々が太鼓判を押すなら間違いない!ラーメンとは思えないような、新しいスタイルに挑戦されているそうです。

daimaru_hokkaido_19_03
[雨は、やさしく]にやってきました!

「他では同じようなラーメンを見たことがない」と店主さんが言うほど、一風変わったこちらのラーメン。さあさあ、今回はどんな一杯に出会えるのか!それでは、各日200杯限定の「鶏の白レバーペーストを溶かしながら食べる味噌チャーシュー」を実食させていただきます。こちらは[雨は、やさしく]の本店で味わえる一杯なんだとか。

daimaru_hokkaido_19_04
鶏の白レバーペーストを溶かしながら食べる味噌チャーシュー(1杯)1,210円(税込)

まずは、スープをひと口。スープは、煮干しをベースとした味噌。その中に椎茸や昆布など和風なものが入って今まで食べたことのない味が口の中に広がります。ストレート麺もツルッと入ってくるので、どんどん食べ進めてしまいます。続いて、メニュー名の通り、レバーペーストを少し溶かしながらいただきます。レバーペーストは白ワインで煮ているそうで、臭みもなくこれだけ食べてもおつまみになりそうな美味しさ。少しずつ溶かしていくと、またまろやかになるのです!

 

daimaru_hokkaido_19_06
なんだ!この変化するラーメンは!
今まで食べたことのない味噌ラーメンとの遭遇に、驚きが隠せません

そして、添えられているのは、ごぼうの天ぷらと分厚いチャーシュー。トッピングには、ネギだけでなく、シソも。麺と一緒に食べると、和を感じるテイストが一気に口の中に広がります。

daimaru_hokkaido_19_05
「"味変"を意識している」という店主さんの言葉通り、
何通りも楽しめる一杯に大満足です!

こちらの[雨は、やさしく]は、12月22日(日)までの限定出店なので、気になった方は早めに行ってみてくださいね!12月23日(月)〜29日(日)は、道外初出店の[麺や亀陣]が!丸鶏中華そば醤油(1杯)900円(税込)や各日200杯限定の牛骨スープのローストビーフらーめん(1杯)1,290円(税込)が登場するそうなので、こちらもお見逃しなく。

 

PickUp②
お玉一杯のいくらがドーン!彩り鮮やか海鮮丼

続いて向かったのは、グルメサイトでも評価が高い、札幌・すすきので人気の[鮨処 竜敏(たつとし)]。多くの飲食店がひしめき合うこの地で人気のこちらは創業15年目を迎えます。"新鮮で美味しい"を大切に、北海道を中心に各地の旬の魚介類を仕入れているのだそう。

daimaru_hokkaido_19_07
[鮨処 竜敏]に到着!

こちらで注目したいのが、なんとお玉一杯分のいくらがドーンと乗った各日50色限定の「彩り蝦夷丼」。蝦夷という名がつくとあって、北海道の海鮮をこれでもか!とトッピングした丼となっています。今回は特別に注目のいくらが乗る瞬間も見せていただきました。

daimaru_hokkaido_19_08
エビ、カニ、ホタテ、サーモン、マグロ、
そしてキラキラに輝くいくらをこれでもか!とお玉一杯分トッピング。
最後にウニを乗せたら完成です

daimaru_hokkaido_19_10
完成した、彩り蝦夷丼(1人前)2,980円(税込)を早速いただきます!

今回の一杯は米も北海道産にこだわり、道産を中心とした旬のネタが揃います。まずは、山盛りのいくらをいただきます。ぷちぷち...と口の中で弾けるいくらは、極力味付けも控えめに、いくら本来の味が感じることができます。今が旬のカニ、濃厚なウニなど、どれを取っても美味しさにあふれる、なんとも素晴らしい一杯でした。それにしても、食べても食べても減らないくらいに盛られたいくらには感動しっぱなしです。

daimaru_hokkaido_19_11

カニの爪が入った、かにみそ汁(1杯)440円(税込)もぜひ一緒に!

その他にも、おすすめのネタ10貫が揃った各日50食限定の竜敏厳選握り(1人前)4,200円(税込)にも注目を。もちろん、お気に入りのネタを選んで注文することもできるそうなので、北海道の旬の味を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか!

PickUp③
人気店のチーズケーキが乗っている!ルタオサンデー

続いて、ちょっと甘いものが食べたくなったWebLeafスタッフが向かったのは[小樽洋菓子舗ルタオ]。「ルタオ」と聞いて知らない人はいないのでは?いうほど名が知れた人気店ですよね。小樽の人たちに愛され、今では全国区で知られる1998年創業のこちら。創業当時、大きな塔のようなお店をつくりたいという思いから、「親愛なる小樽の塔」という意味のフランス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字から[LeTAO(ルタオ)]という店名にしたのだそう。

daimaru_hokkaido_19_12
3軒目は、チーズケーキで人気のルタオさん!

こちらでは、ルタオの代名詞ともいえるチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」が乗ったスイーツ「ルタオサンデー」が登場します。会場では、目の前で作ってくれるのでその様子も見せていただきました。

daimaru_hokkaido_19_13
北海道ジャージーミルクをたっぷり使ったソフトクリームをベースに、
ミルクジャム、リンゴシナモンソース、10分の1サイズのドゥーブルフロマージュを乗せます

daimaru_hokkaido_19_14

完成したのがこちら!
ルタオサンデー〜北海道ジャージーミルクとアップル(1個)540円(税込)

実際にいただいてみます!レアチーズとコクのあるベイクドチーズが一緒になった「ドゥーブルフロマージュ」に、ジャージーミルクのソフトクリームを絡めるとこの上ない美味しさ...!ミルクジャムが甘さを加えながらも、リンゴシナモンソースが少し大人なスパイスを加えてくれます。

daimaru_hokkaido_19_15

あまりの美味しさに遠い目になったWebLeafスタッフ。
この美味しさ...たまりません...!

その他にも、レアチーズ、ラムレーズン、チーズビスキュイが一緒になった各日20個限定のチーズケーキ、レザンサブレフロマージュ(1個)2,484円(税込)も要チェックです。お土産にチェックされている方も多い[ルタオ]ですが、今回はこのルタオサンデーにも注目してみてくださいね。

 

PickUp④
行列必至!生地もメロン色なめろんぱん・めろん食パン

もう一つ、甘〜い香りに誘われてやってきたのは、今年2019年1月にオープンして間もないながらも、札幌で開店前から行列ができるほどの人気店[まるやまめろん]。本格メロンパン専門店が作る、北海道産小麦「ゆめちから」を使っためろんぱんは、しっとりながらふわふわ、モチモチの食感で、甘すぎずとっても美味しいと評判なんだとか。

daimaru_hokkaido_19_16
ずら〜りと様々なめろんぱんが揃った
[まるやまめろん]に到着しました!

メロンパンといえば、WebLeafスタッフの頭の中に浮かんだのは、あの定番の丸いメロンパン。でも、こちらでは違うんです!!想像に1番近いのが「厚皮めろんぱん」(1個)340円と呼ばれるもの。そして、クロワッサン生地と一緒にめろんぱんのクッキー生地を巻き込んでいる「めろんクロワッサン」(1個、各日100個限定)420円、メロンピューレをたっぷりかけて焼き上げた「まるやまめろん食パン」(1斤、各日80個限定)1,100円など、様々なめろんぱんが揃います。

店長さんによると、「メロンパンはどのパン屋さんにもあるスイーツパン。どこにでもあるからこそ、とりあえず、ではなくこだわりの一品にしたかった」とのこと。そのラインナップからもメロンパンへの愛情が感じられます。

daimaru_hokkaido_19_17

店頭では実際にめろんぱんを発酵させ焼き上げているので、
甘〜いめろんの香りが漂います

なかでもWebLeafスタッフが気になったのは「まるやまめろん食パン」。食パンでメロンパンなの!?気になって気になってしょうがない...。そこで、お土産に購入して、社内で実食してみました。切ってみると中もメロン色なんです。

daimaru_hokkaido_19_18
断面はこんな感じ。メロン色に色づいているのがわかりますか?

食べてみると表面がめろんぱんの甘いソースでコーティングされているだけでなく、中身もしっかりメロン味を感じることができます。メロンパン好きなら、ぜひ試してほしい一品です。

daimaru_hokkaido_19_19

焼かずとも、そのままでも美味しい!

パンは冷凍保存をされる方も多いと思いますが、「焼か上がった当日の鮮度を大切に、その日のうちにぜひ食べてほしい」とのこと。このふわふわ感、ぜひみなさんも当日のうちに楽しんでください!

こちらの食パンは、焼き上がりのタイミングが2度あり、10時〜、13時半〜の2回整理券を配るのだとか。それほど人気だということですね。土日などは長蛇の列が予想されるので、整理券のタイミングを狙って行ってみてくださいね。

PickUp⑤
テイクアウトでゆっくり食べたい!豪華海鮮弁当

最後に向かったのは、お弁当コーナー。その中でもWebLeafスタッフが気になったのは、ネタが盛り盛りの海鮮丼が並ぶ[汐音(しおね)]です。

daimaru_hokkaido_19_20

[汐音]に到着しました!

daimaru_hokkaido_19_21

ずらりと並ぶお弁当を見てヨダレが...!

注目は、「オール道産具材弁当」です!!こちらは2018年の地震で大きな被害をうけた厚真町・鵡川(むかわ)町の産物を使った『元気です。北海道グルメ』の注目のお弁当。蝦夷アワビ、帆立、ぼたん海老、ホッキ貝、ズワイガニ、いくらなど、希少な道産具材が所狭しと詰め込まれた一折です。"オール道産"なんて...美味しくないわけがない!じゃないですか...。お米は、厚真町産のななつぼしを使用しています。ななつぼしは、冷めても美味しくお弁当に最適なお米なんだそうです。こんなにも会場内で満喫しましたが、帰ってもまだまだ楽しみたい!迷わず今回のお土産の一つにこちらを選んで帰りました。

 

daimaru_hokkaido_19_22

オール道産具材弁当(一折)3,500円(税込)

実施にいただいてみるとそのボリュームに驚き!1人では食べ切れないほどのネタが乗せられています。なかでも店長さんのおすすめは、柔らかく煮たアワビ。生きたアワビを仕入れて調理するからこそ、このジューシーさと柔らかさが実現するのだそうです。

イートインスペースで並ぶのはちょっと...という方、家族みんなで家でゆっくり食べたいという方におすすめの海鮮弁当。その他にも様々なお弁当があったので、注目してみてください!

こうして、今回も大満喫させていただいた大丸京都店の「大北海道市」。今回は、開催2日目にいってみたのですが平日の午前中でも大賑わいでびっくり!注目度の高さをひしひしと感じることができました。また、12月23日(月)からの後半で登場する、関西地区初出店の[パティスリー空香]など、まだまだご紹介できていない注目店もたくさんあるので、WebLeafスタッフもまた行かねば!と思っています。みなさんも今年最後に、一年がんばった自分へのご褒美に北海道グルメを堪能してみてはいかがですか?

 

 

大丸京都店「歳末 大北海道市」

日程/〜2019年12月29日(日)
10:00〜20:00 ※最終日は〜17:00
イートイン ラストオーダー連日19:30 ※12月22日(日)の[雨は、やさしく]と最終日12月29日(日)は16:30まで
場所/大丸京都店 7階催会場(京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地)
問い合わせ/Tel. 075-211-8111(大丸京都店 代表)
大丸京都店「歳末 大北海道市」特設サイト>>

※一部道外産の素材を使用した商品もあります。
※天候や交通事情により商品内容や販売時間が変更となる場合があります。
※工芸品の出店はありません。

 

※こちらのページは「大丸京都店」のスポンサーのもと、公開しております。

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

https://lin.ee/13Cmapl