京都で発見、福岡県糸島産いちご「あまおう」が美味しいスポットを調査してきた

みなさん、こんにちは。冬に向けて人気が高まるフルーツといえば...何を思い浮かべますか?WebLeafスタッフが一番に出てきたのが「いちご」です。というのも、今年2月に、いちごの中でもよく耳にする『あまおう』の産地・福岡県糸島市まで取材をさせていただいたのが、頭から離れないからです。

現地取材の様子をチェックしてみて!

ルビー色に輝くいちご「あまおう」の町、福岡県糸島で美味しさを追求してきた

ルビー色に輝くいちご「あまおう」の町、福岡県糸島で美味しさを追求してきた

福岡県糸島市で教えてもらった、いちご「あまおう」とは...
・「あかい」、「まるい」、「おおきい」、「うまい」の頭文字を取った品種
・色ムラもなく、圧倒的な赤色の鮮やかさ、そしてその大きさが特徴的
・6年という長い歳月をかけて研究開発をされて福岡県で誕生
・旬は11〜5月
・糸島市は暖冬な地域なので、いちごを栽培するのに適している
・曇りの日も多い場所だが、その分ゆっくりとあまおうが熟成するので、質のいいものが出来上がる
・いちごは先が一番甘いので、ヘタ部分から食べると最後まで美味しくいただける
ということを現地で学びました。

kyoca_amaou_07

福岡県糸島市で出合った「あまおう」

手のひらいっぱいの大きさで、どれも甘さがぎゅっと凝縮されたあまおうの味は未だ脳裏から離れません。「あまおう」という言葉を見つけると、糸島市産かな〜?と確認してしまうほど。産地で教えていただいた「あまおうジャム」や「いちごミルク」も今年は自宅で試してみたいな〜と思っています。

そして、そんなあまおうのシーズン始めが今年も11月にやってきました!なかなか福岡県糸島市までは行けないので、京都市内で美味しく「あまおう」を入手できる場所、食べられる場所を調査することに。有力情報は、今回も京都であまおうの魅力を発信している、京都青果合同株式会社(通称:京果)のみなさんに提供していただき、いざ現場へ!

なんと、シーズン本番を迎える福岡県糸島市産の「あまおう」のキャンペーンも開催されるそうなので、そちらも合わせてチェックしていきたいと思います。

こちらの記事のラインナップはこちら


1. フルーツのプロに聞いた!「あまおう」の魅力とは?
2. プロの手で大変身!カフェで「あまおう」を堪能
3. どれが美味しいか教えて!話しながら「あまおう」を買えるスポット


フルーツのプロに聞いた!「あまおう」の魅力とは?

まずWebLeafスタッフが向かったのは、六角東洞院上ルにある商業施設「京都八百一本館」も運営する、株式会社セントラルフルーツさん。昔ながらの八百屋さんの思いを大切に、人と農業、青果物をつなげるお手伝いしているというこちら。商品本部 果実部部長 服部 達治さんにあまおうの魅力について教えていただきました。

amaou_kyoto01

株式会社セントラルフルーツ 商品本部 果実部部長 服部 達治さん。
果実を扱い続けて約35年を迎えるプロ中のプロの目から見たあまおうの魅力を教えていただきました

日々、様々な果実に出合う服部さんによると、「福岡県糸島市産の「あまおう」の魅力とはやはり、名前の由来の通り「あかく」て、「まあるく」て、「おおきく」て、「うまい」ということ」だそう年間でいうと14〜15種のいちごの品種を取り扱うという同社。同社でも京北にていちごを栽培しているという経験からも、"いちごを育てる"ということの大変さはひしひしと感じているそう。「福岡県では、生産者の方々が一丸となって「あまおう」の魅力を伝える努力をされていることもあり、その認知度や出荷量などは類を見ないもの」なんだとか。確かに、味の実力も然ることながら、"美味しいいちご=あまおう"という認識が自然とあります。そんなイメージがあるのも、生産者のみなさんの努力あってこそですよね!

あまおうが最盛期を迎えるのは、1月中旬からの2番目に収穫されるシーズン。この時期のあまおうの甘さ・美味しさ・見た目の素晴らしさと言ったら、なんとも言えないそう。

だけどやっぱり知りたいのは、あまおうの味そのもの。この美味しさを京都に住むみなさんにも知ってほしいとの思いから、株式会社セントラルフルーツさんでは、直営の「京都八百一」の本館・JR京都伊勢丹店・京都高島屋店の3店舗にて、あまおう試食会を開催予定。

"食材の良さを、その食材の旬のシーズンに伝えたい"という同社の思いも表現されているキャンペーン。ぜひ立ち寄って、あまおうの美味しさを実感してみてくださいね。

amaou_kyoto04

京都八百一本館。店頭には新鮮な果物・野菜がずらりと並びます


●あまおう試食会

各会場の店頭にて、あまおうの試食会を実施。

京都八百一本館
日時/2019年11月30日(土)、12月1日(日)10:00〜18:00
場所/京都市中京区三文字町220  MAP
定休日/無休 ※1月1日、2日休

京都八百一 JR京都伊勢丹店
日時/2019年11月30日(土)10:00〜18:00
場所/京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町 JR京都伊勢丹店内 B2F  MAP
定休日/無休 ※JR京都伊勢丹店に準ずる

京都八百一 高島屋京都店
日時/2019年12月1日(日)10:00〜18:00
場所/京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52 高島屋京都店内 B1F  MAP
定休日/無休 ※高島屋京都店に準ずる

http://www.kyotoyaoichihonkan.com/


プロの技で大変身!カフェで「あまおう」を堪能

あまおうの魅力をお伺いすると、じゃあ実際に食べたい!という気持ちがフツフツと湧き上がってきました...!そこで、京都市内で「あまおう」を美味しく食べられる場所を求めて向かったのは、室町丸太町にある[COCOCHI....CAFE(ココチカフェ)]さん。「ゆるく、居心地が良い場所を」と仲良し姉妹が作り上げたカフェは、ご実家が国内外のフルーツを輸出入しているそうで、上質なフルーツをたっぷりと贅沢に使ったスイーツを提供してくれると人気店です。

amaou_kyoto05

笑顔で出迎えてくれたおふたり

「日頃様々なフルーツを使ってスイーツを作っていると思いますが、あまおうは他のいちごと違いがありますか?」と聞いたところ、ふたつ返事で「全然違います!」とのお答えが返ってきました。今回、あまおうの魅力を伝えるために、特別にあまおうを使ったスイーツを作ってくれたおふたり。その試作品には他の品種のいちごを使っていたそうですが、実際にあまおうが届いて本番のスイーツを作ってみたところ、味の濃さや見た目などに驚いたのだとか。「あまおうを使うとやっぱり美味しいな〜改めて感じました」と語ってくれました。

試行錯誤の上、完成したのが下の写真にあるあまおうを使った6種類のスイーツ。

amaou_kyoto07

(左奥から時計回りで)いちごミルク600円、いちごのティラミス500円、いちごのガトーショコラ500円、いちごのショートケーキ450円、そしてプレートに乗っているのがいちごのシフォン(奥)450円、ストロベリーカスタードタルト450円(手前)※すべて税別価格

この華やかなプレートは何!? と思った方も多いはず!こちらが今回の目玉!なんと、6種のあまおうスイーツの中から、2種を注文するとかわいくプレートに盛りつけてくれ、あまおうを挟んだバターサンドと丸ごと1粒のあまおうをプレゼントしてくれるのです。こんなお得な(しかも幸せすぎる)キャンペーンがあっていいのでしょうか...!

amaou_kyoto06

見てください、バターサンドの上には「ITOSHIMA'S AMAOU」の文字も!
写真に撮りたい〜。

なかでもWebLeafスタッフが特に気になったのが「いちごミルク」。糸島に行った時にもいちごミルクの作り方を学んだのですが、今回のいちごミルクはどんな味なの!?と期待しながら実際にいただいてみました。あまおうの食感を残したいちごジャムを入れ、ヨーグルト、牛乳 がキレイな層になったいちごミルクの上には、マシュマロが乗っていて、全部一緒に飲むと...この上ない幸せ...。その他にも、生地にもあまおうが入ったシフォンケーキ、まるでお花が咲いたようなカスタードクリームタルト、ほろ苦さが癖になるティラミス、山盛りのあまおうがチョコにマッチしたガトーショコラ、王道で外せないショートケーキと、どれも本当に美味しくて感動してしまいました。

こちらのあまおうスイーツのキャンペーンは来年、2020年1〜3月の第3火曜〜土曜で開催されます。少し先のことですが、今からスケジュールにメモしておいてくださいね!


●あまおうスイーツキャンペーン

あまおうスイーツ6種の中から2種を注文すると、バターサンドとあまおう一粒をプレゼント。プレートにかわいく盛り付けてくれます。

日程/2020年1月14日(火)〜18日(土)、2月18日(火)〜22日(土)、3月17日(火)〜21日(土)11:00〜18:00
場所/COCOCHI....CAFE(京都市中京区室町通丸太町下ル道場町4-8)MAP
定休日/日・月曜休
http://cocochi.space/


どれが美味しいか教えて!話しながら「あまおう」を買えるスポット

そして、最後に向かったのは街の八百屋「たておか青果」さん。元々は向日町でスタートしたというこちら。20年前に京都市中央卸売市場の近くに移転、2019年7月に葛野大路四条に新しくこちらのお店をオープンしました。地元の方や京都の有名料理人もこちらで購入するというから、美味しい旬の食材を熟知していることは言わずもがな。なかでも、スタッフのみなさんにお声がけすると店頭では美味しい果物や野菜の見分け方を教えてもらいながら購入できることも魅力のひとつ。どれも美味しい「あまおう」ですが、それでもやっぱりより美味しいものを購入したい...と思うのが正直なところ。日々、あまおうと触れ合う「たておか青果」の店長・志水さんに、美味しい「あまおう」の見分け方を教えていただきました。

amaou_kyoto02

京都ファミリーすぐにある「たておか青果」さんに到着すると、
ご家族みなさんでお出迎えしてくれました。一番左が店長の志水さん。
なんてアットホーム!実家に帰ってきたような安心感!

「あまおうといえば、色が濃い、甘さもある、そして何より"いちごを食べている"という満足感を得られるのが一番の魅力」と語ってくれた志水さん。食べた瞬間「あぁーー、うまーーっ」と思わず声が出てしまいませんか?との問いかけに強く同感します!

美味しいあまおうの見分け方を伺ったところ、「フルーツはどれも繊細。押したり、触ったりすることはNGで、実際に手にとってみて、重さがあるものを選べばOK」とのこと。また、こちらでは、いつ食べるのか、贈答用なのか自宅用なのか、などお客さんの要望に合わせて、最適なあまおうを選ぶ相談に乗ってくれるそう。あまおうだけでなく、これも今が美味しいよ!といろいろな野菜や果物の知識を教えてくれるから、毎日通いたくなっちゃいます。

amaou_kyoto03

どれも美味しいけれど、手にとって比べてみて、
「重たい」と思ったものが一番美味しいと信じて良し!

こちらでは、この美味しさを実際に知ってもらおうと店頭にて試食会を開催。元気いっぱいのご家族のみなさんから、あまおうの美味しさを存分に教えてもらえるチャンス!こちらでその美味しさを再認識してみてはいかがでしょうか?


●あまおう試食会

店頭にてあまおうの試食会を実施。

日程/2019年12月6日(金)・7日(土)10:00〜16:00
場所/たておか青果(京都市右京区山ノ内池尻町6-102)
定休日/日曜、祝日休
公式Facebook>>


 

その他にも、京都市中央市場にある「京の食文化ミュージアム・あじわい館」で12月7日(土)・8日(日)に開催する『京都市中央市場誕生 アニバーサリー』イベントでは、JA糸島産のあまおうを使って作るクリスマスケーキづくりやあまおうを使った限定スイーツ販売のイベントも実施予定。クリスマスに向けて、あまおうスイーツを楽しんでみて。


●福岡県JA糸島の“あまおう”で飾る クリスマスケーキ作り

家族みんなで作って楽しめるクリスマスケーキ(ブッシュドノエル)に挑戦。あまおうの帽子がかわいいサンタさんも作ります。事前予約制。

日程/2019年12月7日(土)14:00〜15:30
参加費/200円
申し込み方法/
[事前予約の場合]2019年11月28日(木)8:30より、電話にて先着順(Tel. 075-321-8680)
[当日申込みの場合]2019年12月7日(土)13:00よりあじわい館にて受付

●福岡県JA糸島“あまおう”を使った限定オリジナルスイーツ販売

西賀茂にある[カフェ アルシェ]による、あまおうをつかったスイーツを200個限定で販売します。

日程/2019年12月8日(日)8:30〜※売り切れ次第終了
料金/各250円(税込み

 

場所/京の食文化ミュージアム・あじわい館(京都市下京区中堂寺南町130)MAP

https://www.kyo-ajiwaikan.com/

 


 

11月下旬から出荷が始まった福岡県糸島市産いちご「あまおう」のシーズン最盛期はこれから!みなさんもぜひチェックして、今から旬のフルーツ・あまおうの美味しさを実感してみてくださいね。

 

「福岡県糸島産あまおう」に関するお問い合わせ

京都青果合同株式会社 マーケティング部
Tel. 075-315-8223
※京都青果合同株式会社は市場法により、一般のお客様へ販売することはできません。

JA糸島 あまおう紹介ページ>>

※こちらの記事は、「京都青果合同株式会社」のスポンサーのもと、公開しております。

 

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ