三条駅前の「京都悠洛ホテル Mギャラリー」で憧れのランチ&アフタヌーンティーを満喫してきた!

みなさん、こんにちは。長いGWが明けてすっかり5月病にかかっていたWebLeafスタッフ。なんとか乗り切った自分自身へのご褒美に、たまには贅沢にアフタヌーンティーに行こう!と盛り上がり・・・

せっかくなのでまだ行ったことのない場所がないか探していると、三条駅前すぐの場所に4月にオープンした「京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー」で、アフタヌーンティーを発見!

アクセス抜群、しかもランチもあるじゃないか!ということで、今回のご褒美スポットはここに決定!

 

京都の街中で、非日常空間へ

yurahotel1京阪三条駅2番出口を出て信号を渡ったところに発見!
Mギャラリーという看板が目印です。

Mギャラリーは世界に100以上あり、各地の文化や歴史などのストーリーを大切にしているブティックホテル。そのため、世界に一つとして同じホテルはないのだそう。そして日本ではここ京都が初めての開業。歴史の街・京都で、西洋の波が押し寄せた時代を表現した隠れ家のようなホテルです。

一歩中に入ると明治〜大正時代のような和と洋が融合した空間が広がっており、様々な場所に工夫を凝らしたアートが楽しめます。時代をタイムスリップしたような、非日常な空間の居心地の良さは格別!

yurahotel15エントランスに広がる竹林。緑が美しい!

yurahotel2地下1階の様子。1階のエントランスにかけて吹き抜けになっています。
その奥にあるのがレストランです。

エントランス、壁、柱、エレベーター、、、どれをとっても思わず「素敵!」と言いたくなるものばかり。

そんな空間の中で満喫する、本日のプランはこちら。

1.レストラン[54TH STATION GRILL]で軽くランチして腹ごしらえ
2.バー[1867]に移動し、アフタヌーンティーを満喫

上記の2つで終了の予定でしたが、楽しくなってしまったゆえ他にも贅沢して帰ってます。たまには…ね…。その様子は後ほどご紹介するとして、早速ランチへ!!

 

お腹も心も満たされる贅沢ランチ

レストラン[54TH STATION GRILL]ではグリルスタイルのコース料理orアラカルトの両方が楽しめますが、今回は後にアフタヌーンティーが待っているので、アラカルトで分けながら食べることに。

さて、楽しい宴の始まりです〜!

yurahotel3カクテルで乾杯!しれっと背景になっていますが、壁のタイルも可愛い〜

今回のメニューはこんな感じ。後でアフタヌーンティーも食べるのに食べ過ぎじゃない?というツッコミは置いておいて(食べ出すと美味しくて止まらなかったのです…)、内容をご紹介。

yurahotel4左上から時計回りに、アメリカ産リブステーキ300g(4600円)、シュリンプカクテル(2100円)、
パテ・ド・カンパーニュ(1800円)、ガスパチョ(1200円)、スモークサーモンのマリネ(1900円)

夏限定のさっぱりしたガスパチョに、プリプリの海老、スモーク感が強すぎずちょうどいい旨味を引き出していたサーモン、そして低温調理で作られたお酒にぴったりのパテ・ド・カンパーニュ…。いい顔してます!

yurahotel5ご満悦♪の表情

そしてメインのステーキは切り分けてもらっていただきます。脂肪が少ないアメリカ産のリブロースのグリルなので、しつこくなくてどんどん食べてしまう!

yurahotel6はい、美味しい〜。野菜は京都産の新鮮なものなので、何もつけなくても素材の旨味が溢れ出します!

他にも和牛や地鶏、シーフードのメニューも充実。季節ごとにメニューは変わるので、ぜひ毎回楽しみたい!と思ったのでした。

 

これぞ至福のひと時、アフタヌーンティー

さて、美味しいランチの後は別腹のスイーツへ。1階のバー[1867]へ移動してお待ちかねのアフタヌーンティータイムです!ちなみにバーの名前[1867]とは、大政奉還が行われた年からとったものだそう。バーの雰囲気もクラシックで、こちらでもタイムスリップしたような気分を味わえます。

ワクワクして待っていると、可愛いアフタヌーンティーセットが登場!

yurahotel7アフタヌーンティーセット(2800円)※写真は2人前のセット内容

上からグラスに入ったココナッツマンゴー、ロリポップ甘夏のムース、2段目に移って、スイカのマカロン、チェリーのタルト、ベイクドチーズケーキにあんずのコンフィチュール。そして一番下には鶏ムースのソーセージ仕立てやキッシュなどのセイボリーが並びます。

食べるのがもったいない可愛さ。そ〜っと取って…

yurahotel8夏にぴったりなスイカのマカロンから

本当にスイカだ!と感激。「次どれにする〜?」「それも気になりますよね!」と幸せな会話が続きます。

yurahotel9私はこれ食べてみるわ!と甘夏のロリポップを手にしたY。
甘夏のムースの爽やかさとママレードジャムの大人な苦さが絶妙!

私はこれ!とポーズを決めてくれたO。

yurahotel10タルトの中にはピスタチオのアーモンドクリームが入っていて、そのお味はこの笑顔の通りでした。

スイーツと一緒にいただいたのは、ルイボスキルシュブリューテというルイボスと桜の香りのブレンドティー。本当に桜の香りがして、ほっと落ち着ける一杯でした。。

yurahotel11「はぁ〜幸せ…」と思わず言葉が漏れるWebLeafスタッフたち。

さて、ランチもアフタヌーンティーも満喫したし、そろそろ…と思ったところで、「さっきからずっと気になってたんです。だってここバーだし。」とM。Mの狙いはバーでお酒を嗜むことでした!

 

予定外で出合った最高級の一杯

今日は特別!と自分たちに言い聞かせ、ちゃっかりバーで一杯楽しむ3人。

yurahotel12大人の楽しみというのはこういうこと!

今回いただいたのはこちら。

yurahotel13左から順に、MAIKO-舞妓-(2100円)、Lady In Bloom(2300円)、Ohmi Beef Old Fashioned(2500円)

MAIKOは京都産豆腐やあんずのリキュールを使ったカクテル。杏仁豆腐のような風味と豆腐のようななめらかな口当たりが特徴で、くせになる味。Lady In Bloomはマヌカハニーやココナッツオイルなど、店名の1867年以降に身体にいいとされたものが入ったカクテル。Ohmi Beef Old Fashionedは近江ビーフをウイスキに漬け込んだお酒。

どのお酒も作る過程から面白く、普段飲んだことのない深い味わいでした。こんな場所でゆっくりお酒を飲むのもまたいいですね〜。

 

帰る前にちゃっかりオシャレを

大満喫したので、さすがに帰らなきゃと重い腰をあげてエントランスへ向かうと、ホテルスタッフの方から良かったら使ってくださいと胡粉ネイルを手渡されました。

京都悠洛ホテル Mギャラリーのレセプションにはこのようにネイルのお試しができたり、アロマやデトックスウォーターが置いてあったりと、女性に嬉しいサービスが充実しているんです。

yurahotel14どれにしようか迷う。。
胡粉ネイルは爪に優しく、京都の伝統色を塗ることができます。

細部に渡り居心地が良いサービスが充実していた京都悠洛ホテル。今回WebLeafスタッフが満喫したように、宿泊なしでもランチやアフタヌーンティー、バーの利用ももちろんOK!

極上の空間で美味しい体験ができた今回のご褒美会、みなさんも自分自身へのご褒美にいかがですか?

 

京都悠洛ホテル Mギャラリー
2019年4月26日(金)オープン
Tel. 075-366-5800
京都市東山区三条通大橋東入大橋町84
[54TH STATION GRILL]ランチ/11:30〜14:30、ディナー/18:00〜21:30
[1867]アフタヌーンティー/14:00〜17:00、バー/11:30〜24:00(アルコールの提供は17:00〜)

詳しくはこちらからもチェック!

京都悠洛ホテル Mギャラリー公式サイト

京都悠洛ホテル Mギャラリー公式サイト

※こちらのページは「京都悠洛ホテル Mギャラリー」のスポンサーのもと、公開しております。

迫力メニューが登場!

「京都悠洛ホテル Mギャラリー」のアメリカングリル

「京都悠洛ホテル Mギャラリー」のアメリカングリル

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ