日本ワイン目当てに飲みに行ったら、まさかのロゼワインにハマって帰ってきた!

みなさん、こんにちは。美味しいお酒とごはんがあれば、嫌なことぜーんぶ吹っ飛ぶWebLeafスタッフです。ビール、ハイボール、ワイン…どれも好きなんですが、今気になっているのは「日本ワイン」。

日本ワインとは、“日本産のブドウを100%使用し、日本国内で製造されたワイン”のこと。考えてみたらフルーツのブドウも日本産のものは美味しいですよね。ならば日本産のブドウで作るワインが美味しくないわけがない!これはもう、美味しさを確かめに飲みに行かなくちゃ。

日本ワインの美味しさを確かめに…

向かった先は烏丸御池駅から徒歩5分ほどの場所にある、日本ワインと和食の店[澄吉(すみよし)]
“ソムリエがいるからワイン初心者にもおすすめ!”と聞いてやって来ました。
嬉しいことに土・日曜、祝日は16:00〜のオープン。オフの日は“少し早めに一杯”が一興なわけで♪

"JAPANIESE WINE BEER SAKE”と表の看板にあるように、国産ワインのみでなくクラフトビール、日本酒も揃うようです。

sumiyoshi06

場所は、御池通を一本北へ。
押小路通室町西入ル

早速、店内へ。1Fはカウンター、テーブル、スタンド席があり、女性ひとりでも入りやすい雰囲気が好印象。

sumiyoshi11

1F内観。
ちょい飲みも歓迎ムード

WebLeafスタッフ:「日本ワインが豊富と聞いたのですが…。」

スタッフさん:「2Fにワインセラーがあって、そこにたくさん並べているので案内しますよ。」と、今回特別にそのワインセラーを見せていただくことに。扉を開けると約400本のワインがずらり。種類にして200ほどの銘柄を置いているそうな。

しかもこれらすべてが、日本ワインだというではありませんか!
日本ワインってそんなに種類があったんだ…。ワインに無関心だった自分を恥じる。

sumiyoshi09

まさにワインの宝石箱や〜

おすすめワインはプロに聞くのが一番早い!ということで、この中からソムリエのスタッフさんにイチオシの日本ワインを選んでもらいました!

スタッフさんが選んだのは、シャトーメルシャンの『甲州ワイン』(白)

sumiyoshi08_

左から山梨甲州、玉諸甲州きいろ香、笛吹甲州グリ・ド・グリ

WebLeafスタッフ:「なぜこちらを?」

スタッフさん:「山梨県で栽培されている日本固有のブドウ『甲州』を使ったワインは、上品かつ繊細な口当たりが特徴で、香りも味わいも表情豊かなんです。

辛口タイプでスタンダードな『山梨甲州』、柑橘系の香りが特徴の『玉諸甲州きいろ香』、そして果皮も一緒に抽出するオレンジワインの『笛吹甲州グリ・ド・グリ』の3種類があるようです。同じ甲州ワインでも作り方が違うため味や香りは様々。飲み比べてその違いを楽しむのがこちらでは人気なのだとか。

ちなみに赤のおすすめは、『椀子メルロー』。だけどこちら、そこそこ高価なようで、、もう少し大人の女性になってから頂いてみようと思います。

冷えたロゼワインにハマる人が急増中!?

WebLeafスタッフ:「そういえば入り口に置いてあった看板が気になったんですが…。」

これこれ ↓↓

sumiyoshi10

ロゼワインとおつまみで1000円?!

スタッフさん:「『ももいろ』っていうメルシャンのロゼワインブランドがあるんですけど、それにちなんで“MOMOKO”というロゼワインのキャラクターができたみたいで…。」・・・・・

話をまとめると、、

●『ももいろ』=シャトーメルシャンのロゼワインのブランド名
●ロゼワインキャラクター「MOMOKO(ももこ)」は、メルシャンが京都でロゼワインを盛り上げようと、京都芸術デザイン専門学校の学生さんとのコラボにより誕生
●その記念に何かできないかと始めたのが「ももいろハッピーアワー」

ということらしい。

土・日曜、祝日の16:00〜18:00の時間なら、『ももいろ』とアラカルトがついたセットを1000円(税別)で楽しめるお得なセットがあるんですって!

WebLeafスタッフ:「実は前々からロゼワインも気になっていたんですよね。ロゼワインは飲みやすいからハマる人が多いと聞いたことがあるような…」

スタッフさん:「そうですね。ワインといえば赤と白が代表的だけど、ロゼワインの人気度は確実に高まっています。海外だと夏になればロゼワインの需要はグーーーンと伸びるほどポピュラーな飲み物。しかもキンッキンに冷やして飲むのが一般的で、ビールのようにみんなグビグビ飲んでますよ。

WebLeafスタッフ:「京都の夏にもぴったりなドリンクだったりして?」

スタッフさん:「それはもう、間違いない!うちに置いてるロゼも冷やした状態でスタンバっているんで、汗ばんだ体にグビッと一杯いくと、そりゃぁもう爽快だと思います。

そこまで言われるとロゼワインが気になってしまったので、、

“オーダー!ロゼワイン(『ももいろ』)!”です。

sumiyoshi07

ピンク色かわいいな〜

WebLeafスタッフ:「ロゼワインの良いところって?」

スタッフさん:「とにかくさっぱりしていて、後味が爽やか。白ワインのさっぱりさと赤ワインのコクを掛け合わせた感じかなぁ。ワインよりも飲みやすいですよ。

では、ロゼワインの爽快感を体験させていただきます。

グビっ。

んん!あっさりとしたまろやかさ、酸味もそれほどきつく残らない。

sumiyoshi01

あっ!さっぱり。
スタッフさん、うめぇーです。こいつぁ、うめぇーです。。

冷えたロゼがのぼせた体に心地よいではありませんか。赤ワインは少しヘビーに感じるけど、こちらはさっぱりとした味わいで確かにワインよりも飲みやすいな〜。

WebLeafスタッフ:「せっかくなんで、このロゼワインに合うお料理が食べたいんですけど…」

スタッフさん:「『ももいろ』と合わせるなら、トマトとアボカドのモッツァレラチーズがいいかな〜。ロゼとトマトは間違いなく相性抜群だからね。トマトに火を通すことで酸味が和らぐので、ロゼのまろやかさにマッチしますよ。」

sumiyoshi04

トマトはもちろん、アボカドもチーズもバジルも女性が好きなものばかり。

いただきます!

sumiyoshi03

ごろっとしたトマトとアボカドは一口でパクッ!

温まったトマトを頬張り、冷えたロゼを含む。

ん〜!良い。至福。ありがとう。

お酒のラインナップにこだわりのあるお店だけど、料理も美味しくてびっくり。野菜や魚など、新鮮な食材を使った料理が豊富なので、いろんなお酒とのマリアージュが楽しめそう。

こうしてロゼワインの魅力を知ったWebLeafスタッフは、しばらくロゼ推しな食事を楽しむこととなりそうです。

話を遡ると本当は日本ワインを飲みに来たはずだったのに、そのことをすっかり忘れてしまってた(笑)。

でもでも、いいんです。ロゼとの出会いに乾杯できましたから。それに、最後は一緒に飲んでくれた素敵なスタッフさんとも盛り上がれたので言うことなしです。

sumiyoshi02

楽しくなっちゃって、ロゼが進む、進む。

WebLeafスタッフはすっかりロゼワインにハマってしまいましたが、もちろん日本ワインの存在も忘れてはいません。だけどこれからの暑い日には、キンキンに冷えたロゼワインがおすすめなようなので、しばらくはロゼを楽しみたいと思います。皆さんもぜひぜひ、ロゼワインに注目してみてくださいね!

澄吉(すみよし)

Tel. 075-212-3800
京都市中京区押小路通室町西入蛸薬師町291-3
昼/月〜金曜 12:00〜14:30
夜/平日 18:00〜23:30、土・日曜、祝日 16:00〜23:00
不定休
澄吉公式ホームページ>>


まだまだある!京都市内で「ロゼワイン」が飲めるお店

IN THE GREEN SUMIYA PINNダニエルズアルバKitchen Norita スモーク&グリル ロータス札幌かに家京都店 蟹遊亭Comida Latina COSTANOANOA京都アートグレイス ウエディングヒルズ(プールサイドビアガーデン実施期間中のみ)/ Spain Bar Sidra / 東山庭 〜Higashiyma Garden〜 GASTOROMESON CHULETA洋食かるみあぽんたこ佐倉セントロエルポジョスパイスガールフレンチマン KAKIMARU 七条店KAKIMARU 綾小路店ワイン蔵しおりブドウヤ tsk納屋町ワイン食堂カガネルNIKUBAR JIGORO KAKIMARU 山科駅前店KAKIMARU 草津駅前店グリルバード


夏こそロゼを楽しもう!

実は夏に愛される!? 夏のロゼワインの楽しみ方 in 京都

実は夏に愛される!? 夏のロゼワインの楽しみ方 in 京都

※こちらの記事は「メルシャン株式会社」のスポンサーのもと、公開しております。