女子会の新たな形発見!? 京都市内の天然温泉「天山の湯」で疲れを取りながら1日遊んでみた

みなさん、こんにちは。ついこの間年が明けたと思ったら、もう1ヶ月以上経っていて時の早さにただただびびっているWebLeafスタッフYです。

それは1月某日のこと、年末年始の寝不足を引きずって目の下にクマを作っていたら、後輩スタッフMに一言、

「疲れた顔してますね」

と言われてしまいました。。。

dammy
落ち込むスタッフY

「Yさん、今度疲れがとれる場所に遊びに行きましょう」と、仕事を早く切り上げて連れてこられたのが…

tenzannoyu16嵐電有栖川駅からすぐの「さがの温泉 天山の湯」

Y:「スーパー銭湯?そら温泉入ったら疲れとれるわ。普通やん〜」

M:「いやいやいや、私何回スーパー銭湯来てると思ってるんですか。しかもここは天然温泉です!疲れを取りながら全力で満喫する方法伝授しますよ!!そろそろ一人飽きたんで一緒に行きましょ〜。」

tenzannoyu15私の癒しスポットです!とドヤ顔のM

Mが力説するので、勝手にこんなタイトルをつけてみました。

その名も

「ストレス社会を生き抜く!疲れない大人の遊び」その1:スーパー銭湯編

行ったことあるけど、そんな満喫したことないかも…というスポットを今後も紹介していけたらいいなあという願いを込めての、シリーズ感です。(ちなみに2以降があるかは未決定。笑)

今回はMがナビゲートしてくれるらしいので、Yはカメラ係を。

M:「せっかくなのでインスタとかにアップできるよう映える写真撮ってくださいね!ここは撮影スポットたくさんありますから!」

と注文を受けつつ、早速中へ入ろうとすると…

tenzannoyu2

おっと、誰かいる!!

M:「前来た時はなかった!なにこれ!!?」

こちら、どうやら最近できた“とりっくあーと”のよう。
横にあった説明通りにアプリをダウンロードしてカメラをかざして見ると…

tenzannoyu14実際に見えてる景色と、スマホの画面の中の景色が違う!

画面の中でイラストが動き出した!!

M:「やばい!見てください〜!」
と、きゃっきゃ言いながら、何度も試す大人2人。

tenzannoyu13イラストが動いているスマホの画面をスクショすることもできるし、動画を撮ることもできました!
もちろん、実際に自分たちも写り込むことができます。

そして振り返ると宙に浮く桶が。

tenzannoyu3「#このままどこかへ飛んで行きたい」

この“とりっくあーと”の写真をSNS(Instagram、Twitter、Facebook)にアップすると、入館料が通常1050円のところ100円引きの950円になるそう。早速アップして受付で画面を見せると、いつもよりお安く入場することができました!※〜2019年2月末までのキャンペーン

館内に入って、早速お風呂に行こうとすると

M:「ちょっと待ってください!!お風呂に入ったあとはあまり動きたくないので、先にやるべきことがあります!」

Y:「・・・」

M:「とりあえずサイダーを飲みながら、懐かしのゲームを楽しみましょう。」

とのこと。よく見ると店内にはかわいい瓶に入ったご当地サイダーがずらり!

tenzannoyu5#ご当地サイダー」

そして大分かぼすサイダーと屋久島たんかんサイダーを購入。プハーッと飲みながら、「小学生の頃めっちゃやってた!」となるゲームを嗜みました。

tenzannoyu11#あの頃へタイムスリップ」

ゲームで白熱したあとは足湯コーナーへ。

コロコロとしたカラフルな玉がかわいい“セラミック足湯”。足を入れるとじんわりあったかい。。。

tenzannoyu12「#足のむくみよ、なくなれ!」

フィッシュセラピーもあったので、やろうよと言うとMは「魚さわれません」とのことで、Yが魚さんたちに食べられてきました。

tenzannoyu4「#終始くすぐったくて叫ぶ」

さて、この辺で肝心の温泉に入っておきましょう!

tenzannoyu17地下1200mから湧き出る自家天然温泉だそう。露天風呂も充実!

満喫するため、普段はあまり入らないサウナにも入ってきました。

tenzannoyu18大団扇で熱波を浴びるロウリュのサービスもあります。

お風呂上がりは、定番のコーヒー牛乳!

tenzannoyu6「#風呂上がりの定番」

早速購入して飲もうと思っていると、牛乳よりも飲みたいものがあるようでメニュー表をぱらぱらとめくりだしたM…

tenzannoyu9

結果、ビールでした(やっぱり!)

dammy
至福の時…。

ここで食事をしていくのがスーパー銭湯通らしいので、ビールと一緒に名物の“いけす料理”をいただきました。

tenzan-ikesuなんと豪華な…

新鮮でものすごーく美味しかった…。お魚さんたち…ありがとう。

tenzannoyu10「#いけすの魚たち」

ちなみに個室もあるので、貸切で宴会も可能だそう。

tenzannoyu8テレビやゲームもあって、超充実している個室!

お腹いっぱいになったところで、「次はこっちです!」と、休憩所で漫画読み放題を楽しみだしました。館内のFree  Wi-Fiに接続して、『ビューン』という専用のサイトを読み込むと、雑誌や漫画が読み放題になるそうなんです!

dammyニヤニヤしながら少女漫画読んでました。

ゆっくりしたところで、極め付けのリラクゼーションへ。

tenzannoyu楽しみ〜!とM。

風呂上がりのボディケアを受け、やばい…スーパー銭湯ハマりそう…!と思っていたら

M:「最後は冷たいデザートで締めましょう!」

ということで、カロリーなんて気にしない!ストレス発散のために食べます!

tenzannoyu7「#贅沢ざんまい」

高クオリティのデザートに、完全ノックアウトされた感じ…。

M:「季節ごとに料理やキャンペーンも変わるので、また一緒に行きましょうね!」

Y:「・・・喜んで。

ということで、「疲れを取りながら遊ぶ」という言葉にぴったりの1日を過ごしたのでした。

tenzannoyu大満足♪

忙しい日々を送っているみなさんもぜひ真似してみてください〜!

■さがの温泉 天山の湯
Tel. 075-882-4126 

京都市右京区嵯峨野宮ノ元町55−4−7
10:00~25:00(最終受付/24:00)※各施設によって営業時間は異なる
駐車場有
料金/大人1050円、小人(4歳〜小学生)500円、3歳以下無料
さがの温泉 天山の湯ホームページ>>

※こちらの記事は、「株式会社 京動開発」のスポンサーのもと、公開しております。