初スキーは最高の雪質で!北海道・トマムでスキー旅をしてみた

みなさん、こんにちは。雪がなかなか積もらない場所で生まれたWebLeafスタッフは、生まれてこの方「スキー」をしたことがありません。そのため、初めてスキーを滑る機会が来たならば、最高の雪質で初スキーを体験したい!と以前から強く思っていました。

そして、今回2泊3日の北海道旅でそんな夢の「最高の初スキー」が実現することとなったのです。

え、そんなルートがあったの!?

京都から北海道へは中部国際空港を使うの良いらしい!を検証してみた

京都から北海道へは中部国際空港を使うの良いらしい!を検証してみた

「冬らしさを楽しむ」をテーマに、今回京都を飛び出して北海道にやってきたWebLeafスタッフ。そんな夢の"最高の初スキー"を体験すべく向かったのは、北海道のほぼ真ん中に位置し、ウィンタースポーツスポットとしても知られるトマム。そこに立つ滞在型リゾートホテル「星野リゾート トマム」にて、初めてのスキーを経験をさせていただくことになりました。

こちらの「星野リゾート トマム」は、冬の夜にだけ現れる氷の街「アイスヴィレッジ」や、空気中の水分や霧が樹木に付着する霧氷(むひょう)を鑑賞する「霧氷テラス」がオープンします。まさに"冬を満喫する"に最適なスポットです!

tomamu_icevillage
アイスヴィレッジ
2019年3月14日まで、17〜22時(最終入場21:30)営業
入場料500円(ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者は無料)

tomamu_cloudwalk
霧氷テラス
2019年4月1日まで、8〜15時(LO/15時、ゴンドラ最終乗車/15時、ゴンドラ最終下車/15時半)で開催。
ゴンドラ往復料金 大人2,200円、小学生1,300円(ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者は無料)

さて、雄大な自然に囲まれた「星野リゾート トマム」にあるゲレンデには、上級4コース・中級14コース・初級10コース・初心1コースの全29コースが完備されています。

tomamu_gerendemap
ゲレンデマップ
星野リゾート トマム 公式サイトより)

これなら、初心者だけでなく、上級者など、様々なレベルでも一緒に楽しむことができますね。

さぁ、それではスキー体験をスタート!
しかし、初心者にとっては、まず右も左も何もわからない...。そんな時に嬉しいのがこちらで実施している「スノーアカデミー」。個人レッスン、プライベートレッスン、そして大人向け、7〜12歳向け、3〜6歳向けと様々なレッスンを準備されているので、初心者のWebLeafスタッフでも安心です。

また、ウェアやスキーグッズもフルセットでレンタルすることができます。

hokkaido_ski_01
まずは受付でグッズ一式をレンタルします!

スノーブーツの履き方から、スキー板のサイズの合わせ方まで、スタッフのみなさんが何でも優しく教えてくれるので、そのホスピタリティにも感動です。

なんとかブーツを履き、ゲレンデに出てくることができました。

hokkaido_ski_02
初めてのゲレンデにテンションも上がります!

hokkaido_ski_03
嬉しすぎて、満面の笑み!SNSのアイコンにしたいくらい良い表情。
が、しかし、楽しみはこれからです!

hokkaido_ski_04
まずは、スキー板の履き方を学びます

それすらわからないWebLeafスタッフは、みなさんに手伝ってもらい、、、

hokkaido_ski_05
人生初の第一歩を踏み出しました!!

hokkaido_ski_06
た、、たのしいーー!!

そして、初めの難関だといわれるリフトへ。リフト担当のスタッフさんも初心者への対応は慣れたもの。タイミングなどを優しく教えてくれたので、無事にコケることなく乗ることができました。

hokkaido_ski_07
なんとも険しい表情ですが、なんとか乗ることができました

hokkaido_ski_11
ジェットコースターよりは怖くない〜。
初リフトながら、余裕の表情で登ります。

が、ご察しの通り、山頂に到着した際には、上手く降りれず、見事にコケてしまいました。

 

北海道の雪は「パウダースノー」と言われ、ここトマムもそんな極上のパウダースノーが降るスポットとして国内外から多くのスキーヤーが訪れます。パウダースノーは、シベリアからの冷たい空気や、極度に乾燥した空気、地形、雪雲など様々な条件が合わさって、北海道の内陸部や日本海側など限られた地域にしか発生しないのだとか。そのサラサラの雪のおかげで、その後、何度も何度もコケましたが痛いという思いはほとんどありませんでした。

 

そんなパウダースノーの上だと、体の軸を動かすだけで簡単にターンができ、まるで雪の上に乗って浮いているかのような感覚で滑ることができる、という話を聞いたことがあります。ここが初めてなので、他と比べたことがないのですが...確かに、ふわふわ浮かんでいるような感覚が!

さて、だんだんひとりでも滑られるようになったWebLeafスタッフ。まわりのスタッフのみなさんの支えもあり、なんと!最後には!なんとか"滑っている"といえる形に!

hokkaido_ski_08
手は真っ直ぐ、足はハの字...。
レッスンで習ったことを頭の中で反復しながら、なんとか形になったスキーデビューでした!

小さな子どもたちでもスイスイ滑る姿を見ると、子供の頃からチャレンジしておくべきだったな...と後悔。何事も挑戦することが大切ですね!

また、こちらのゲレンデの中腹には、食事や買い物を楽しめる9つの店舗がつながった、全長160mの街並み「ホタルストリート」があります。

tomamu_hotarustreet
ホタルストリート

2017年12月に誕生したというこちらは、スキーグッズやスノーボードの格好のまま入れる、日本初の「スキーインスキーアウトヴィレッジ」と言われています。

滑らない人ももちろん利用可能。宿泊施設「ザ・タワー」と「リゾナーレトマム」からも徒歩約5分で着くので、滑らない人とここで待ち合わせして楽しむのもアリですね♪

WebLeafスタッフも早速、その中にあるcafe&bar「つきの」に行ってみることに。

 

hokkaido_ski_09
「ホタルストリート」にあるcafe&bar[つきの]前にて

cafe&bar「つきの」では、星野リゾートオリジナルブレンドコーヒーをはじめ、この冬新登場の「スペシャルラテ」などのカフェメニューが楽しめます。そうそう、こちらの「星野リゾート トマム」では、本格的な牛の飼育をしているそう。そこで採れた"トマム牛乳"を使用した温かいメニューも豊富に揃っているそうです。

また、3月末までは、北海道らしく海鮮を贅沢に味わえるイベント「海鮮こぼれフェス」も初めて開催しはじめたのだとか。

hokkaido_ski_10
北海道に来たらやっぱり海鮮が食べたいですよね!

目の前には、こぼれんばかりのウニ、イクラ、カニ、マグロが登場!ウニのこぼれ寿司6000円、イクラのこぼれ寿司、カニちらしのこぼれ寿司、まぐろのこぼれ寿司各3500円、海鮮五目のこぼれ寿司3000円。また日本酒もこぼれんばかりに並々と!※税・サービス料込

こちらはディナーメニューでの提供なので、スキーを存分に楽しんだ後に、ぜひいただきたいです。

その他の店舗でも、「こぼれ」をテーマにした、こぼれ泡々豚骨らーめんやこぼれハラミのステーキ丼なども提供をしているそう。

 

初スキーをするなら、絶対に最高の場所で迎えたい!と思っていたWebLeafスタッフ。大満足以外の言葉が出てこない、最高の初滑りを経験させていただきました。

北海道といえば「大自然」「グルメ」「観光」というイメージが強いですが、WebLeafスタッフのように、「体験」を目的に行ってみるのもオススメです。みなさんもぜひ北海道しかできない「体験旅」を計画してみてはいかがですか?

 

■ 星野リゾート トマム スキー場

●住所
北海道勇払郡 占冠村中トマム

●問い合わせ先
リフトチケットなど Tel. 0167-38-2101(8:00〜16:00)
アクティビティなど Tel. 0167-57-2587(10:00~17:00)

●営業期間
日中営業 ~2019年4月1日(月)、ナイター営業 ~2019年3月31日(日)
※積雪状況により変更になる場合あり

●リフト運行時間
日中営業 9:00~16:00、ナイター営業 16:00~18:00

●リフト料金
[1日券]大人5,500円/小学生3,900円
[4時間券]大人4,700円/小学生3,200円
[ナイター券]大人2,200円/小学生1,500円 ほか

星野リゾート トマム スキー場 ゲレンデ情報>>

 

※こちらの記事は、「公益社団法人 北海道観光振興機構」のスポンサーのもと、公開しております。

自然が織りなすふたつとない世界!

北海道で雪と氷を楽しんでみた

北海道で雪と氷を楽しんでみた

体重1トンを超える馬たちの世界唯一のレースとは?

北海道で出合った「ばんえい競馬」を存分に楽しんでみた

北海道で出合った「ばんえい競馬」を存分に楽しんでみた

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ