味噌ラーメン専門店[麺と人 京都本店]で、衝撃の”どろ系味噌ラーメン”を食べてきた!

みなさん、こんにちは。『WebLeaf』で「ラーメン企画」をスタートしてから早くも1年が経とうとしています。
ラーメン好き読者モデルさんたちと、まだまだたくさんラーメン屋さんに行きたいと思い、ラーメンがより恋しくなるこの寒い季節に、取材へ行ってきました!

今回は、読者モデルのひろちんさんとみなとさんといっしょに、”〆ラーメン”を探りに木屋町会館にある[麺と人]さんへお伺いします。

さて、やってきたのはこちらのお店。2017年にオープンした[麺と人]さんです!

mentohito01

三条通と四条通のちょうど真ん中、木屋町通りに到着!

ひろちんさん:一見飲み屋さん?って感じのこじんまりとしたお店だけど、実はラーメン屋さんっていう隠れ家的な感じがたまらないですね!

確かに、居酒屋っぽい雰囲気がありますね〜。

それではお店の中へお邪魔しましょう!

店内はカウンター7席ほどの小じんまりとした空間。

mentohito02

なんだかこのコンパクトな空間が妙に落ち着きます。

早速メニューを拝見!

mentohito03
ラーメンは、角煮味噌らーめんと角煮辛味噌らーめんの2種類。
京都では珍しい”味噌ラーメン”が中心のラーメン屋さんのようです。

「辛いの大好き!」と言うひろちんさんは角煮辛味噌らーめんを、みなとさんは角煮らーめんを注文。

mentohito04
今回、お伺いした[麺と人]さんは大阪に本店を構えおり、京都は暖簾分けのお店だそうです。スープや麺は本店と同じものですが、本店はレアチャーシューなのに対し、こちらは甘辛く煮込んだ角煮がどーーんと乗っているそうです!

わぁ〜〜〜たのしみだ〜!!

スープはドロッと系で、かなり濃厚。

mentohito05

写真からこの濃厚さが伝わるでしょうか・・

あとからダシのスープが足されるのか?と思いきや、このまま麺と具材を入れて完成!

mentohito06
すっごく濃厚そう・・

そして、お待ちかねのラーメンが登場!

まずは、角煮味噌らーめん880円。

mentohito08

写真は、煮玉子+100円をトッピング

分厚く、しっかりと味が染み込んでそうな角煮は食欲をそそります。

そしてこちらは、角煮辛味噌らーめん980円

mentohito07

写真は煮玉子+100円をトッピング

一味ドバー!!辛そうな見た目です・・。

店主曰く、「見た目よりも辛くないよ〜」とのこと。辛さが足りない場合は、”追い辛味噌”と”追い一味”で辛さ調整ができるみたいです。

mentohito09

特製の辛味噌には山椒がたっぷり!これだけつまんで食べてみると、、ヒ——————辛い!・・・・。

ニンニクはお好みで。

それではいただきます!

mentohito11
麺は中太ストレートで、味噌スープが麺全体に絡みついてきます。

mentohito12
中太麺+どろ系スープなので、”すする”というよりは大口を開けて“がぶり”といただきます。

mentohito13まろやか、濃厚!

WebLeafスタッフ:「みなとさん、味はどんな感じ?」

みなとさん:スープとは呼べないほど、ドロッとした味噌スープが太麺に合っています。絡めて食べるのが美味しい!

あ〜。味噌スープが麺に絡んで本当に美味しそう、、

WebLeafスタッフ:「ひろちんさん、辛さはどう?」

ひろちんさん:「少し辛いけど、追い辛しちゃいます!」
ということで辛味噌入りま〜す。

辛味噌はスープに溶かすよう混ぜます。

ひろちんさん:お店こだわりの辛味噌と七味はピリ辛だけど、やみつきになる旨さ!

mentohito14

見てください!この嬉しそうな顔。
感無量な気持ちになります(笑)

そしてこの角煮!

mentohito15

「トロトロ角煮も絶品〜!」

一度、圧力鍋で煮込んだあと味をつけて煮込むから、もう本当にとっろとろ。味噌スープとの相性も抜群です。もちろん煮玉子も相性バッチリ。

知らないうちにみなとさんが食べ終わりそうになっている(笑)!

mentohito16-

ものすごい勢いで食べてくれるみなとさん。

このタイミングで、〆ごはん(小)120円を混ぜて、リゾットして食べる人も多いそうです。

mentohito16

想像しただけで絶対おいしい、、、。

ラーメンにすっかり夢中になっていましたが、メニュー表をよく見ると、自家製牛すじカレーや、牛すじカレーつけ麺、たまごかけごはん、水餃子、さらには猪鍋コースまであるみたいです。

mentohito17

みなとさん:「お酒やおつまみが充実していますね〜。」

ほんと、そうですよね。

そのうえ、店主の日本酒愛も深く、全国各地で取り寄せた日本酒も豊富に取り揃えているそうです。

mentohito18日本酒ツウのお客さんも訪れるそうです。

牛すじカレーや猪鍋は、お客さんからの要望でメニュー化。応えていけるものは出来るだけ提供したいという思いが店主にはあるようです。

というのも、もともとは居酒屋をしていた店主。そうか、それで料理の幅も広いのか!と納得です。

芸妓さん、舞妓さんも訪れるそう。オープンしてまだ3年目にも関わらず、存在感は十分に大きいことがうかがえました。

mentohito19

店内には、芸妓さん、舞妓さんが常連なのが分かる京うちわも。

日本酒で乾杯して、アテをつまみ、そしてラーメンで〆る。一軒で飲みから〆まで網羅できる[麺と人]さんは今後もリピート決定です!

mentohito20

ひろちんさん:あまり見かけないこってりなドロ系味噌ラーメン!スープがめっちゃ麺に絡んで美味しかった!楽しい店長さんで、アットホームな雰囲気も良かったです。

みなとさん:「濃厚だけどしつこさはなくて、やみつきになりました!角煮も柔らかくマイルドな味付けになっていて食べ応えも抜群でしたね。それに、お客さんの声で作られたメニューも多く、常連さんをとても大切にされている印象が強く残りました!

あ〜お腹いっぱい!ごちそうさまでした!

■麺と人
Tel.非公開
京都市中京区河原町三条下ル3丁目東入南車屋287番 木屋町会館1F
19:00〜3:00(LO)、金、土曜19:00〜5:00(LO)
※スープがなくなり次第終了
水曜休
禁煙席無
Facebook>>

“〆ラーメン”シリーズ第2弾

鮮魚のアラ出汁を贅沢に![メン ト メシ ザコヤ 祇園店]で、"これぞ〆ラーメン”を見つけた!

鮮魚のアラ出汁を贅沢に![メン ト メシ ザコヤ 祇園店]で、

“〆ラーメン”シリーズ第3弾

鮮魚のアラ出汁を贅沢に![メン ト メシ ザコヤ 祇園店]で、"これぞ〆ラーメン”を見つけた!

鮮魚のアラ出汁を贅沢に![メン ト メシ ザコヤ 祇園店]で、