より充実した毎日になるために!「京都保健室」で自分の体を見直してみた

みなさん、こんにちは。会社の健康診断シーズンになると、急に食生活を見直し始めるWebLeafスタッフです。

そんな健康に強く興味を持ち始めた頃、ワコールスタディホール京都にて、京都で働く女性の健康を支える『京都保健室』が開催されるとのことを聞きつけ、参加させていただきました!

kyotohokenshitsu_01
今回はワコールスタディホール京都2階が会場となりました

今回のイベントが開催されるきっかけとなったのが、2014年から東京・丸の内でスタートした『まるのうち保健室』。

一般社団法人Luvtelli(ラブテリ)が『まるのうち保健室』を通して行った約1,000名の調査によると、現代を生きる女性たちは、仕事やプライベートなどを目いっぱい頑張って日々を過ごしているため、睡眠不足や運動不足を引き起こし、何より食を犠牲にすることで、連鎖的に様々な不定愁訴を引き起こしているのだそう。

一番は、偏った情報による間違えた習慣を持っている、教えられたことがない、学んだことがないという女性が多いということが問題。知らないうちに不健康な道に進んでしまっていて、これをなんとか解決していきたいとの考えから、今回は京都でも実施されることとなりました。

Luvtelli代表理事の細川モモさんによると、それぞれが住んでいる場所や天気、地域独自の食習慣なども健康状態に影響してくるのだとか。例えば、「梅田保健室」での結果では、エビやイカなどの消費量が他県より多いそうで、粉もん文化の影響を感じます。また京都は、女性の健康寿命が全国で44位、婦人科健診受診率は26位だそうで、より健康に着目する必要がありそうです。。。

 

それでは実際に『京都保健室』にて隅々まで自分の体と向き合ってみることにします!

まずは事前にネットにて参加料500円にて『京都保健室』の参加を申し込みました。約350名の定員はすぐに満席となったそう!申し込みの際には、50問ほどの質問に答えることで、日頃の食生活などを事前登録しておきます。

今回の『京都保健室』では、ヘモグロビン測定、体組成計測定、肌測定、BDHQ(簡易型自記式食事歴法質問票)、ラブテリ保健室公認カウンセラーによるセミナー、当日提出の検便にて腸活環境調査(抽選で選ばれた方のみ調査可能)を受けることができ、その他にもワコールボディコンサルタントによる体のサイズ測定も行われます。

 

1.ヘモグロビン測定

kyotohokenshitsu_02

kyotohokenshitsu_03

このように中指の血流をスキャンし、ヘモグロビン数値を測定することで、貧血のリスク判定ができるそう。

結果は、受付の際に受け取る京都保健室 BEAUTY & HEALTH BOOKに書き込んでもらいます。

kyotohokenshitsu_04

こちらの一冊がまた優秀で、健康や美容に関するコラムや健康チェック項目を記入でき一日の振り返りができるリスト、京都市内で使えるクーポンやスタンプラリーなどにも参加できる充実したものとなっているんです。この一冊をもらえるだけでも参加の価値がありそうです!

 

2.体組成計測定

kyotohokenshitsu_05

機械に裸足で乗り、筋肉質や体脂肪率を測定します。

 

3.肌測定

kyotohokenshitsu_06

専用の診断機を使用し、水分・油分・ハリ・皮膚色など肌の基本コンデイションを測定。肌は住んでいる場所の日照時間や紫外線量でも平均値が変わってくるそう。ちなみに京都はくもりが多い場所なんだとか。

 

4.BDHQ(簡易型自記式食事歴法質問票)

kyotohokenshitsu_07

続いて、栄養摂取状況などを診断する食生活アンケートを回答。過去1ヶ月分の食生活を細かく診断するため、このシートを記入するだけでも最近魚が足りてないな、野菜も少ない、、など新たな気づきがありました。

 

 

5.ラブテリ公認カウンセラーによる集団フィードバック

kyotohokenshitsu_08

測定結果の解説やこれまでに実施した保健室の2000名の調査から明らかになった働く女性の実態などを詳しく教えてくれます。測定をした直後なこともあり、みなさん興味津々の様子。

kyotohokenshitsu_09

熱心にメモを取る方もたくさんいました!

 

6.からだのサイズ測定

kyotohokenshitsu_10

ワコールボディコンサルタントさんにからだのサイズを計測してもらました。また、年齢、身長、体重、トップバスト、アンダーバスト、ウエスト、ヒップのサイズを入力することで「バスト優勢なV型」「ヒップ優勢なA型」「ウエストがくびれたX型」「ストレートなI型」の中からどのタイプに当てはまるか診断してくれるアプリも紹介していただきました。ボディラインをより美しくみせるインナーウェアもアドバイスしてもらい、 ヒップもエイジングケアが必要だということを実感!

 

最後に協賛ブースでは、ワコールさんの「下着で叶える美しさ」というミニセミナーを受講。年齢によって体も変わってくるので、自分のサイズを知ることで、その年齢その年齢で美しい魅せ方があるということを知ることができました。

kyotohokenshitsu_11

 

後日届いた結果レポートによると、魚、牛乳・乳製品や果物の摂取量が圧倒的に少なかったです。また、お菓子の摂取量が多かったそうで、もう少し減らす必要があるとのこと。内容はとても細かく、今まで意識していなかった自分の体の性質や不足しがちな栄養素などを知ることで、少しずつではありますが、生活を見直すきっかけとなっています。

数年前に比べ、女性のキャリアアップ枠は少しずつ増えています。その一方、妊娠・出産・育児などのライフイベントも待ってはくれません。「働く女子1,000人白書」によると、朝食欠食や、運動不足など働き女子の日々の生活習慣は、未来の疾病リスクを高め、ライフイベントさえも脅かしてしまう可能性がある、と言われています。

毎日を充実に過ごすためには、自分の体ともしっかり向き合うことが必要なんだということを再認識したイベントでした。「京都保健室」は今年のみでなく、今後も実施を予定しているそうなので、今回気になった方はぜひ次回開催にも注目してみてください。また、同イベントに今年参加した方は、9月にイベントも開催しているそうなので併せてチェックしてみてくださいね!

 

「京都保健室」 公式サイト>>

 

■今後開催の関連イベント

働く女性のための、睡眠やメンタルをテーマにしたワンコイン(500円)のセミナーを開催。働く女性に特化した一夜限りのスペシャルセミナーを予定している。セミナーに参加すれば、記事でも登場の「オリジナル手帳」をプレゼント。

 

●眠りの質を高めるセミナー

日程:2018年9月4日(火)19:00~ ※先着順

講師:江村 成就 先生(医師)
精神科医。日本睡眠学会認定医。大学病院で精神科医師として長らく勤務し、うつ病やパニック障害などの治療にあたる一方で、睡眠障害の専門外来を担当。高齢者から若年層まであらゆる世代が睡眠に悩まされている実態を受け、現代社会において犠牲にされがちな睡眠の啓蒙に尽力している。現在はJR大阪鉄道病院精神神経科部長を務める。

 

●メンタルセミナー

日程:2018年9月18日(火)19:00~ ※先着順

講師:江村 和代 先生(医師)
精神科専門医。精神保健指定医。梅花女子大学大学院現代人間学研究科 兼任講師。精神科医の立場から、食事や睡眠などの生活習慣を見直すことで、病気を予防するだけでなく心身の健康度をより高めることの必要性を訴えている。

各種イベントの申込みはこちらの公式申込みページより申込みを。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録