育児がもっと楽しくなる親子教室「TOEベビーパーク」にいってみた!

みなさん、こんにちは。最近姪っ子が生まれ、そのかわいさに癒されまくっているLeafスタッフです。 最近では、就学前の幼児教育などにも注目が集まっていますが、「能育」ではなく「親子の絆」を大切にしている『親子教室』がある、との情報を聞きつけ、その様子を見学させていただくことにしました。

訪れたのは、阪急桂駅西口から徒歩5分ほどの場所にある「TOEベビーパーク 桂教室」。全国に150店舗があるTOEベビーパークは、京都には、桂教室北山教室四条烏丸教室伏見教室の4店舗、滋賀には、瀬田教室草津教室の2店舗があります。

では、早速訪れてみることに!

babypark01

学習塾なども多い阪急桂駅西口。
駅から歩くこと約5分。
「TOEベビーパーク 桂教室」の入口を発見しました

 

扉を開くと本日のレッスンを受け持つ谷口先生が笑顔で登場。

babypark02

「さぁさぁ、レッスンルームへどうぞ」と
招き入れてくれました

教室内はピンクを基調としたインテリア。お母さんの子宮の色はピンクと言われていることもあり、ピンクにすることで、お腹の中にいるイメージで落ち着いてレッスンを受けることができるのだとか。

 

まずは、「TOEベビーパーク」がどんな教室なのか、先生にお話をお伺いしてみました。

▼簡単に「TOEベビーパーク」の特徴を紹介すると...

============================

『親子の絆』を一番大切にした『親子教室』

・動物や人間の行動に関する大脳の機能を研究する「大脳生理学」と、年を重ねることに伴う発達の変化を研究する「発達心理学」からみた適切な遊びを親子で共に行なう

・親子で行なうことで、親子の愛情の絆も深まり、子どもの能力開発に深く影響するように

・2年通った子どもたちの平均IQは150を超えているそう

・「楽」で「楽しい」、そして子どもの将来が楽しみな「楽・楽・楽」育児を実感し、お母さんが育児が心から楽しめるようになる

============================

というもの。

 

子どもたちへの教育だけに重点するのではなく、親子で楽しめ、特にお母さんのお悩み相談もできるような時間があるため、初めての育児に悩むお母さんたちに支持を得ているそうです。

また、こちらの9割以上の講師やスタッフさんたち自身が教育熱心なお母さんたちなんだとか。実際に、本日レッスンをしてくれる谷口先生もそのひとり。自身の育児経験から、育児の悩みをお母さんたちに寄り添いながら解消してあげたいとの想いでこちらで働きはじめたそう。

IQの高い子は早くは1歳代から言葉が出るようになり、自分の要求をダイレクトに両親に伝えることができ、両親がそれを理解して話かければ、その子はまた両親の言葉を素早く理解できる。そんな風にお互いが理解し合えるから、"子どもを叱ることは百害あっても一利無し"というベビーパークの考えのように、叱らなくて済み、理想の叱らない育児が実現するそうです。

意気込んでやることではなく、こちらに通い続けると普通にできることなので、「楽」で「楽しい」、そして子どもの将来が楽しみな「楽・楽・楽」育児が目指せるのだとか。

 

それでは、実際のレッスンを見学させていただくことにしました!

今回見学させていただいたのは、1歳4ヶ月〜1歳10ヶ月の月齢の子どもたちが集まるCクラス。1レッスンで3〜6組の親子が参加できるそうで、今回は5組の親子のみなさんが参加していました。

この時期は、どんどん赤ちゃんっぽさが抜けて、子どもらしくなる我が子たちとの生活が楽しくなる反面、自我を主張するようになり、お母さんたちは育児の難しさを感じる場面が増えてくるそう。

 

 

1.マザーリング

1回50分のレッスンのはじまりは、そんなお母さんたちの悩みを相談し合える「マザーリング」と呼ばれる母親講座からはじまります。

マザーリングでは、1週目にレジュメを配布し月齢に合わせたノウハウを伝授。2週目となる今回は、それを意識して家庭で過ごした間の質疑応答の時間になります。

babypark03

先生を中心に円になり、
前回のレッスン後からできるようになったことや
悩みなどを相談

babypark04

同じクラスのお母さんたち同士でそれぞれの悩みを共有

食事は? トイレは? 叱り方は? など、成長に伴うどんな疑問でも先生が答えてくれ、今必要なことは何かを伝えてもらえます。ひとりで悩みがちな育児の悩みが相談できると、お母さんたちからは好評の時間となっています。

 

 

2.レッスンスタート

ここからの40分間、楽しい制作物やゲーム、音楽を身体全体で感じ表現する"リトミック"のような音楽に対する感性を育むアクティビティを行うレッスンがはじまります。

babypark05

先ほどまでは自由に遊んでいた子どもたちもきちんと着席

まずは、こんなにも小さな子どもたちが自分の意志で着席できていることに驚いたLeafスタッフ。そして、次から次へと目を見張る速さで進んでいく遊びの数々。この時間では、あらゆる物の概念を認識する遊びが出てきます。

babypark06

「熊さんどこかな?」

babypark07

「これ!」「熊さん、発見できたね!」

babypark08

フラッシュカードで音から聞き取る情報と
絵が「同じ」ことを伝えたり

babypark09

好きな色のそろばん玉を使って10まで数えたり

babypark10

歌を歌いながら音符を読んだり

babypark11

絵を押さえながら「どんぐりころころ」を歌います

babypark12

「上手に歌えたね」

音と視覚から入る情報が「同じ」ことを認識するアクティビティが続きます。「同じ」が理解できると、次に「同じじゃない = 違う」という概念が生まれるのだとか。

能を活性化させた後は、移動して身体を動かすレッスンに。

babypark13

両足でジャンプ♪

babypark14

歌に登場する色をタッチ!

babypark15

柿のイラストがある場所に
「柿」の漢字カードを置いていこう

子どもたちのできることの多さに、見学していたスタッフは驚きが隠せません!そして、もう一度着席した後は、指先を使った遊びがはじまります。

babypark16

大きい四角のカードを集めよう

babypark17

上手に熊さんに紐を通せるかな?

babypark18

スプーンを使って
丸いふわふわボールを移動させてみよう

babypark19

蛇口から出る水をクレヨンでお絵かき

最後は絵本の読み聞かせの時間がスタートします。

babypark20

「にんじん!」と絵本の中に出てくる絵を見て
声に出す様子も

その他に英語の絵本の読み聞かせもあり、本日のレッスンは終了となりました。

babypark21

今日もありがとうございました♪

これにて、レッスン終了。

...あまりのインプットの多さに、危うく置いてけぼりになりそうになってしまったLeafスタッフ。それもそのはず、大人の2秒は子どもたちにとっては30秒ほどの長さで感じられるそうで、大人と同じテンポで進めると飽きてしまうのだそう。そんな子どもたちにむけた、脳を刺激するフラッシュカードをはじめ、文字遊びや身体能力を高める運動など、大脳生理学と発達心理学に基づいたアクティビティはなんと200種類もあるのだとか!

普通だったら大人でも長いなーと感じる50分間ですが、子どもたちが飽きずに楽しく過しているのがとても印象的でした。これだけたくさんの種類があると興味を持って参加できますね!

レッスン後には、今回参加していたお母さんたちにお話をお伺いすることができました。

そのなかで印象的だったのが、口を揃えておっしゃっていた「マザーリングの時間があってよかった!」ということ。最近は3世代で暮らす家庭も少なく、おばあちゃんに相談できる環境にないお母さんが多いのが現実。「うちの子だけできてないんじゃないか?」「こんな育て方であっているのか?」など、相談できる相手がいないと悩みは積もるばかり。ここに通って育て方を教えてもらえ、相談できる時間があるのが何よりもの魅力なんだそう。

同じような月齢のお母さんたちの悩みを聞いていくうちに、我が家だけじゃないんだと思え、他と比べること無く「自分の子どもの変化のみ注目して、その発達に合わせた適切なレッスン」が受けられるようになるのだそう。

お子さんが3ヶ月の頃から通っているお母さんは「最近では急に言葉が出るようになって意志疎通ができるようになった。喋れないうちから話しかけていたことが効果あったんだと感じている」と話してくれました。

雨の日など家で過ごす時間が多い時に、どんな遊びをしたらいいのかネタが増えるなど、家での遊びも方にも変化が生まれたというお話も伺うことができました。

 

 

またこちらでは、3〜8歳までの子どもたちがお母さんとは離れて参加する「TOEキッズアカデミー」も開講。このレッスンでは、脳がまだ完成していない8歳までの時期に、脳の性能を良くする『知能教育』を行うというもの。

臓器によって発達のスピードには大きな差がありますが、人間の身体は20歳でほぼ発達が終了するといわれるそう。なかでも脳は、3歳で80%、6歳で90%、12歳で100%の発達を遂げ、脳の発達が終了してしまう前にしっかり脳を鍛えなければ、良い脳にはならないのだとか。

こちらのキッズアカデミーで行われる"記憶力"と"思考力"を高める「知能教育」は、楽しく憶え、考えさせる遊びの時間をふんだんに与える教育。「考える力」を育むことをテーマに、誠実で責任感や道徳的判断に優れた、活発で朗らかな子が育つよう、サポートしていくそうです。

kidsacademy

楽しみながら学ぶ様子が伺えます

実際に、ベビーパークを卒業し、キッズアカデミーに通っているお子さんのお母さんの話しを伺うと、幼稚園ではできない学びや友だちの幅も広がり、毎回レッスンに通うことを楽しみにしているとおっしゃっていました。

 

 

幼児からレッスンに通うとなると、フラッシュカードなどの英才教育が中心なのかと勝手なイメージを抱いていましたが、レッスンを見学させていただき、そのイメージは一変。

子どもたちだけでなく、お母さんへの語りかけが多いレッスンはまさに「親子の絆」を深めるためにあるものでした。育児経験のあるお母さん先生による、新米お母さんたちへの「親子教室」は、気軽に育児の相談ができる素敵な場所なんだなぁと強く感じました。

今回は写真での紹介だったため、きっともっと細かい点が気になったLeafユーザーさんもいたはず。今なら気軽に体験できる無料キャンペーンも実施中のようで、「0~3歳対象の親子教室ベビーパーク」では、育児勉強会+体験レッスン(2回セット)が通常8,640円のところ無料に、「3~8歳対象の知能向上教室キッズアカデミー」では、体験レッスン(1回)が無料で参加できるそう。

少しでも興味が湧いたら、まずは参加してみてレッスンの様子などを体感してみてくださいね。

 

 

■TOE ベビーパーク

フリーコール  0120-415-181(9:30〜17:00 ※日曜、祝日は除く)

TOEベビーパーク 公式ページ>>

体験レッスンの申込みはこちら>>

▼見学に伺った「TOEベビーパーク 桂教室」

※こちらの記事は、「株式会社TOEZ」のスポンサーのもと、公開しております。

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ